光岡・ヌエラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヌエラ光岡自動車が販売するクラシック風セダン、およびクラシック風ステーションワゴン(初代未設定)である。名前の由来は、「ニューエラ(new era)」つまり「新時代」という英語から来ている。

概要[編集]

光岡がホンダへ正式にベース車両の直接提供を申し入れ、車両販売契約を締結したことで誕生した。

初代のベースは7代目アコードヘッドランプは丸形4灯、リアコンビランプは左右をつなげたU字形に変更され、各所にメッキ仕上げの装飾部品を配している。リアコンビランプは専用設計で、そのノウハウはオロチにも生かされている。車体色や内装、各装備の名称などもアコードに準じたものとなっているが、ヌエラのみの専用外板色として、ディープグリーンパールが設定されていた。

発売以来、その存在感や希少性で一定の人気を集めたが、ベース車の生産中止に伴い販売も休止された。

2代目はベースモデルを3ナンバーサイズのアコードから5ナンバーサイズのトヨタ・カローラアクシオ(初代)/カローラフィールダー(2代目)に変更。ボディサイズも先代のヌエラより235mm短く、65mm狭くなった。

歴史[編集]

光岡・ヌエラ(初代)
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン K24A型 2.4L 直列4気筒 DOHC i-VTEC 200ps/23.7kgm
K20A型 2.0L 直列4気筒 DOHC i-VTEC 152ps/19kgm
変速機 5速AT
駆動方式 FF/AWD
全長 4,860mm
全幅 1,760mm
全高 1,450mm
1,470mm (AWD)
ホイールベース 2,670mm
2,665mm (AWD)
ベース車両 ホンダ・アコード(7代目)
-自動車のスペック表-

初代 (2004年~2008年)[編集]


2代目 (2008年~2012年)[編集]

光岡・ヌエラ(2代目)
ヌエラ6-02ワゴン
The frontview of Mitsuoka NOUERA 6-02 Wagon.JPG
The rearview of Mitsuoka NOUERA 6-02 Wagon.JPG
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン、ステーションワゴン
エンジン 1NZ-FE型 1.5L 直列4気筒 DOHC VVT-i 110ps/14.3kgm(AWD:105PS/13.8kgm)
2ZR-FE型 1.8L 直列4気筒 DOHC VVT-i 136ps/17.8kgm(AWD:125PS/16.6kgm)
2ZR-FAE型 1.8L 直列4気筒 DOHC バルブマチック 144ps/17.9kgm(AWD:133PS/16.7kgm)
変速機 SuperCVT-i,5MT(FWDモデルのみ)
駆動方式 FF/AWD
サスペンション F:ストラット、R:トーションビーム(FWD)、ダブルウィッシュボーン(AWD)
全長 4,645mm(ワゴンは4,580mm)
全幅 1,695mm
全高 セダン
1,460mm
1,470mm(AWD)
ワゴン
1,480mm
1,490mm (AWD)
ホイールベース 2,600mm
ベース車両 トヨタ・カローラアクシオ
(初代)
トヨタ・カローラフィールダー
(2代目)
-自動車のスペック表-
  • 2008年7月10日発表。先代の販売終了から約5ヶ月の期間を経て登場。車名を“NOUERA 6-02”(読みはヌエラ ロクゼロニイ)に改称した。ベースを先代のアコードからガリュー2-04同様、カローラルミオン(E150N型)を除く10代目カローラシリーズに変更された。ボディー形態は初代アクシオ(E140型)ベースのセダンと2代目フィールダー(E140G型)ベースのステーションワゴンの2種。なお、光岡のラインナップにステーションワゴンが加わるのは2代目プリメーラベースの初代リョーガ以来である。
  • 先代の高級感あるデザインを引き継ぎながらも、兄弟車種であるガリュー2-04のコンパクトさや、環境に配慮した性能をも取り込み両立した。
  • 先代同様、それぞれの部位にハンドメイドならではの複雑かつ大胆な曲面を採り入れた独特のデザインを有している。
  • 完全受注生産のため納期は約3ヶ月を要する。
  • セダンのリアビューはガリュー2-04とほぼ共通のデザインを用いている。その一方、ワゴンのリアビューはオーナメントの違いを除き、ベースの2代目フィールダーからほとんど変わっておらず、かなり違和感があるとの意見も見られる。
  • 2008年11月20日マイナーチェンジ。 ベース車のマイナーチェンジに伴い、外装カラーの一部と装備品の見直しをした。
  • 2010年5月一部改良。ベース車同様、1.5L・2WD・CVT車においてエンジンやトランスミッションの最適化を行い、また、1.8L車は新世代エンジン動弁機構「バルブマチック」を搭載した2ZR-FAE型に置換したことで燃費を向上(1.5L・2WD・CVT車と1.8L・2WD車は1.4km/L、1.8L・4WD車は1.2km/Lそれぞれ向上)。これにより、1.5L・2WD・CVT車は「平成22年度燃費基準+25%」、1.8L・2WD車は「平成22年度燃費基準+15%」、1.8L・4WD車は「平成22年度燃費基準+20%」をそれぞれ達成した為、1.5L・2WD・CVT車は既に適合されている環境対応車普及促進税制における自動車重量税・自動車取得税の減税額が50%から75%に引き上げると共に、1.8L車が新たに環境対応車普及促進税制に適合した。また、セダンの1.5L・2WD車全てのタイヤおよびホイール、フロントディスクブレーキローターの各サイズが15インチに統一(ワゴンは発売当初から全て15インチ)され、1.8L車にはステアリングオーディオスイッチを追加し、操作性を向上させた。
  • 2012年5月ベース車の生産終了にともなって、新車の生産は終了しているが、現在も認定中古車の生産が行われている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]