レンドヴァ (護衛空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Rendova CVE-114
艦歴
発注:
起工: 1944年6月15日
進水: 1944年12月29日
就役: 1945年10月22日
退役: 1955年6月30日
その後:
除籍: 1971年4月1日
性能諸元
排水量:
全長:
全幅:
吃水:
機関:
最大速: 19ノット
航続距離:
乗員: 士官、兵員
兵装:
搭載機:

レンドヴァ (USS Rendova, CVE-114) は、アメリカ海軍護衛空母コメンスメント・ベイ級航空母艦の10番艦。艦名はソロモン諸島レンドヴァ島に因んで命名された。

艦歴[編集]

当初はモサール・ベイ (Mosser Bay) の艦名であったが、1944年6月15日にワシントン州タコマトッド・パシフィック造船所で起工し、1944年12月29日にアンナ=マリー・H・カーツ夫人によって進水、1945年10月22日にR・W・ルーブル艦長の指揮下就役する。

その就役は第二次世界大戦には間に合わず、1946年の1月に整調を完了、2月に第1艦隊に配属される。3月の間は西海岸で演習に従事し、4月にメンテナンスが行われる。一年間をサンディエゴで停泊し、第15空母部隊に現役のまま保存される。1947年の春に現役活動に復帰し、翌年にかけて西海岸及びハワイ水域で訓練演習を継続した。

1948年4月1日にサンフランシスコを出航し、AT-6練習機をトルコに運搬する。パナマ運河を通過しイェシルキョイに4月28日到着、積み荷を降ろすと5月4日に出航する。スエズ南方に移動した後インド洋太平洋を横断した。途中多くの港に親善訪問を行い、7月1日にサンディエゴに帰還、28日に次の任務で青島に向けて出航する。青島には8月23日から27日まで留まり、母港のサンディエゴに9月末帰還、その後は西海岸で訓練を行った。1949年に入ると再び極東に展開し、4月半ばまで沖縄と青島の間で活動する。その後母港に帰還し第1艦隊との訓練を再開する。10月にブレマートンに到着し、オーバーホールの後1950年1月27日に退役し、太平洋予備役艦隊で保管される。

半年後の1950年6月25日、朝鮮半島北朝鮮軍38度線を超え、朝鮮戦争が勃発する。レンドヴァは活性化を命じられた。1951年1月3日に再就役し、4月に配備が完了、7月3日に西へ向けて出航する。8月2日に横須賀に到着し、その後沖縄水域で訓練を行う。9月20日に神戸に到着し、シシリー (USS Sicily, CVE-l18) と任務を交代する。

22日、レンドヴァは第212海兵隊航空団の兵員、航空機(コルセア)、装備の搭載を完了し、翌23日に部隊の認証を受ける。24日に佐世保で弾薬、燃料の補給を受け、25日に黄海の作戦水域「ナン」に入る。そこでイギリス海軍グローリー (HMS Glory, R62) と任務を交代し、翌26日に艦載機の最初の出撃を行う。翌月に渡ってレンドヴァは韓国の西海岸を巡航し、オーストラリア海軍シドニー (HMAS Sydney, R17) と交代する。 VMF-212 は韓国軍アメリカ海兵隊アメリカ陸軍第8軍の地上作戦に対する支援、国連軍の封鎖支援、航空偵察、写真撮影任務などで1,743回に上る出撃を行った。11月17日にレンドヴァは64回という護衛空母最高の出撃記録を達成した。

レンドヴァは最後の支援任務を12月6日に完了し、22日にサンディエゴに帰還、1952年に入ると第1艦隊との訓練演習を西海岸で再開する。9月に再び西太平洋へ出航、二ヶ月にわたってオペレーション・アイヴィーマーシャル諸島で行われた一連の核実験)に参加し、その後カリフォルニア州へ帰還する。1953年に予備役となり西海岸での訓練を継続し、1954年に復帰、西太平洋に展開し対潜水艦攻撃空母として活動した。6月半ばにカリフォルニアに帰還し、10月までロングビーチ沖で訓練を継続、その後不活性化オーバーホールのためメア・アイランドに向かう。レンドヴァは1955年2月2日に太平洋予備役艦隊サンフランシスコ・グループに加わり、6月30日に退役する。1959年に AKV-14(貨物航空機運搬艦)に艦種変更され、1971年4月1日に除籍されるまで予備役艦隊で保管された。

レンドヴァは朝鮮戦争の戦功で2つの従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]