セイダー (護衛空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS SAIDOR (CVE-117).jpg
艦歴
発注:
起工: 1944年9月29日
進水: 1945年3月17日
就役: 1945年9月4日
退役: 1947年9月12日
その後: 1971年10月22日にスクラップとして売却
除籍: 1970年12月1日
性能諸元
排水量:
全長:
全幅:
吃水:
機関:
最大速: 19ノット
航続距離:
乗員: 士官、兵員
兵装:
搭載機:

セイダー (USS Saidor, CVE-117) は、アメリカ海軍護衛空母コメンスメント・ベイ級航空母艦の13番艦。

艦歴[編集]

当初はサルテリー・ベイSaltery Bay) の艦名であったが、1944年6月5日にセイダーに改名された。1944年9月29日にワシントン州タコマトッド造船所で起工し、1945年3月17日にウォルター・F・ブーン夫人によって進水、1945年9月4日にA・P・ストーズ艦長の指揮下就役した。

西海岸での整調後、セイダーは1945年12月12日から1946年3月20日まで真珠湾を拠点として活動した。4月16日から4月22日までバージニア州ノーフォークで活動し、その後パナマ運河経由で西海岸に帰港した。5月6日にカリフォルニア州サンディエゴを出港し、5月24日にビキニ環礁に到着、原爆実験のクロスロード作戦において写真現像を担当した。7月1日および7月25日の核実験で、セイダーは各目標に対する原爆の破壊力をレポート化し、フィルムの現像処理を行った。8月4日にビキニ環礁を出航、サンディエゴに帰還すると1947年まで同地に留まり、その後不活性化が行われた。

セイダーは1947年9月12日に退役し、サンディエゴの太平洋予備役艦隊で保管された。1955年6月12日に CVHE-117(護衛ヘリ空母)に艦種変更され、1959年5月7日に AKV-17(貨物航空機運搬艦)に再変更された。1970年12月1日に除籍され、1971年10月22日にオレゴン州ポートランドのアメリカン・シップ・ディスマントラーズ社にスクラップとして売却された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]