ライムストーン郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州ライムストーン郡
Limestone courthouse tx 2010.jpg
グロースベック市にあるライムストーン郡庁舎
ライムストーン郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1841年
郡庁所在地 グロースベック
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,416 km2 (933 mi2)
2,354 km2 (909 mi2)
62 km2 (24 mi2), 2.60%
人口
 - (2010年)
 - 密度

23,384人
9人/km2 (23人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.co.limestone.tx.us

ライムストーン郡: Limestone County)は、アメリカ合衆国テキサス州の中央部に位置するである。2010年国勢調査での人口は23,384人であり、2000年の22,051人から6.0%増加した[1]郡庁所在地グロースベック市(人口4,328人[2])であるが[3]、同郡で人口最大の町はメヘイア(人口7,459人[4])である。郡名は郡内に多かった石灰石に因んで名付けられた。

歴史[編集]

インディアン[編集]

テキサス州東部のインディアンは開拓者に友好的だったが[5]、その後カイオワ族、アパッチ族コマンチ族が地域内に侵入してきた[6]。これらの部族は狩猟を行い、土地を耕し、商売もうまかった。ウィチタ族のタワコニ支族は州北部の出だったが[7]、南の東テキサスに移住してきた。1843年からは、テキサス共和国やアメリカ合衆国と結んだ条約の相手がタワコニ支族だった。タワコニはテワカナとも呼ばれた。郡内にあるテワカナの町は元テワカナの集落があった場所にできた[8][9]。ウェーコ族もウィチタ族の支族だった[10]

パーカー砦虐殺[編集]

テキサス州でインディアンによる最も悪質な略奪行為が1836年5月19日に、後にライムストーン郡となった領域で起こった。コマンチ族、カイオワ族、カド族、ウィチタ族の同盟軍が休戦の旗を掲げて密かにパーカー砦に接近した。このインディアンは砦を攻撃し、砦住人の大半を殺すか誘拐するかした。18人の開拓者がなんとかヒューストン砦に逃れた[11][12]。パーカー砦で捕虜になったのは[13]、エリザベス・ケロッグ[14]、レイチェル・プラマー[15]とその息子のジェイムズ・プラット・プラマー[16]、ジョン・リチャード・パーカー[17]とその妹のシンシア・アン・パーカーだった。シンシア・アン・パーカーは後にコマンチ族の酋長クアナ・パーカーの母になった[18]

開拓者[編集]

ライムストーン郡となった領域は、1825年にコアウイラ・イ・テハス州の議会が造ったヘイデン・ハリソン・エドワーズとロバートソン・コロニーの特許土地の一部であり、それぞれ800家族分だった[19]。それぞれに入植できる家族の数を契約することでメキシコ政府は支配権を保とうとしていた。

バプテストの精神的指導者ダニエル・パーカーと他に8人の者達が、イリノイ州ラモットでピルグリム・プレデストリナリアン・レギュラー・バプテスト教会を組織した。その会員が1833年にテキサスのフロンティアに流れてきた。この集団の中に、サイラス・M・パーカー、モーゼス・ヘリン、エリシャ・アングリン、ルーサー・T・M・プラマー・デイビッド・フォーケンベリー、ジョシュア・ハドレー、サミュエル・フロストが居た。現在のライムストーン郡中央を流れるナバソタ川の近くにできたパーカー砦は、近隣では最初期の実際の開拓地になった。これに続いてその他の町が造られていった。

郡の成立と成長[編集]

ライムストーン郡は1846年4月11日に、ロバートソン郡から分離して設立された。同年8月18日には組織化された。スプリングフィールドが郡庁所在地になった。郡庁所在地は、郡領域が変更され、スプリングフィールドの郡庁舎が焼けた後の1873年にグロースベックに移動された[20]

農地を与えられた者達が自立できる農家や牧場主となり、野生生物を狩って食料を補っていた。農機具や家畜用道具の補修と維持のために周辺事業も育った。1860年の人口は4,537人だった。その中で3,464人は白人であり、1,072人は奴隷、1人だけが解放黒人女性だった[21]

南北戦争とレコンストラクション[編集]

南北戦争の開始前に、ライムストーン郡は住民投票を行い、525票対9票で合衆国からの脱退を承認し、アメリカ連合国のために戦う人員を送り出した。ロックリン・ジョンソン・ファラーが郡内最初の南軍中隊を立ち上げた[22]レコンストラクション時代は物騒になり、人種暴動や政府に対する恐喝があった。1871年10月9日には、エドマンド・J・デイビス州知事が郡内の戒厳令を宣言した[23][24]

南北戦後の発展[編集]

1869年、ヒューストン・アンド・テキサス・セントラル鉄道が郡内コス近くまでの路線を敷いた[25][26]。コスの町名は鉄道会社の主任技師セオドア・コスに因んでいた。1903年、トリニティ・アンド・ブラゾスバレー鉄道がクリバーンからメヘイアまでの路線を敷いた。その沿線に幾つかの町ができた。

1877年、エドワード・コーク・チェンバーズがソーントン・インスティチュートを設立し、1881年にはソーントン男女インスティチュートとして認可された。この学校は学生に一種の寮を提供し、州内田園部に多くの教師を送り出した。1889年にヘンリー・P・デイビスがこの学校を取得し[27]、1891年にソーントン独立教育学区に寄贈した[28]

1913年から1920年の間にメヘイア[29]で石油ガス[30]が発見された。これが職を生み、人口が3,482人から1922年の35,000人にまで急増した。メヘイアでも戒厳令を短期間布く必要性があった。世界恐慌の間に人口は減り始めた。第二次世界大戦の間にドイツ人戦争捕虜のキャンプとなったキャンプ・メヘイア[31][32]が建設された。

公共事業促進局市民保全部隊が世界恐慌の間の郡経済の落ち込みを緩和させた。市民保全部隊はフォートパーカー州立レクリエーション地域を建設した[33]。公共事業促進局も郡内に多くの建物を建設した。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は933平方マイル (2,416 km2)であり、このうち陸地909平方マイル (2,354 km2)、水域は24平方マイル (62 km2)で水域率は2.60%である[34]

主要高規格道路[編集]

  • US 84.svg アメリカ国道84号線
  • Texas 7.svg テキサス州道7号線
  • Texas 14.svg テキサス州道14号線
  • Texas 164.svg テキサス州道164号線
  • Texas 171.svg テキサス州道171号線

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1850 2,608
1860 4,537 74.0%
1870 8,591 89.4%
1880 16,246 89.1%
1890 21,678 33.4%
1900 32,573 50.3%
1910 34,621 6.3%
1920 33,283 −3.9%
1930 39,497 18.7%
1940 33,781 −14.5%
1950 25,251 −25.3%
1960 20,413 −19.2%
1970 18,100 −11.3%
1980 20,224 11.7%
1990 20,946 3.6%
2000 22,051 5.3%
2010 23,384 6.0%
U.S. Decennial Census[35]
Texas Almanac: 1850-2010[36]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 22,051人
  • 世帯数: 7,906 世帯
  • 家族数: 5,652 家族
  • 人口密度: 9人/km2(24人/mi2
  • 住居数: 9,725軒
  • 住居密度: 4軒/km2(11軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 25.4%
  • 18-24歳: 9.1%
  • 25-44歳: 26.4%
  • 45-64歳: 22.7%
  • 65歳以上: 16.4%
  • 年齢の中央値: 37歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 103.2
    • 18歳以上: 100.8

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 32.0%
  • 結婚・同居している夫婦: 54.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 13.5%
  • 非家族世帯: 28.5%
  • 単身世帯: 25.6%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 13.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.55人
    • 家族: 3.04人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 29,366米ドル
    • 家族: 36,924米ドル
    • 性別
      • 男性: 28,069米ドル
      • 女性: 18,893米ドル
  • 人口1人あたり収入: 14,352米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 17.8%
    • 対家族数: 14.4%
    • 18歳未満: 22.9%
    • 65歳以上: 15.0%

都市と町[編集]

  • ベンハー、未編入の町
  • クーリッジ
  • フォレストグレイド、未編入の町
  • プレーリーヒル、未編入の町
  • テワカナ
  • ソーントン

著名な住人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Limestone County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Groesbeck, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ Quickfacts.census.gov - Mexia, Texas - accessed 2011-12-06.
  5. ^ Moore, R Edward. “East Texas Indian Lands”. Texas Indians. 2010年5月1日閲覧。 R E. Moore and Texarch Associates
  6. ^ The Passing of the Indian Era”. Texas Beyond History. 2010年5月1日閲覧。 Texas Beyond History
  7. ^ Krieger, Margery H: Tawakoni Indians from the Handbook of Texas Online. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  8. ^ Tehuacana, Texas”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.. 2010年5月1日閲覧。 Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.
  9. ^ Smyrl, Vivian Elizabeth: Tehuacana, Texas from the Handbook of Texas Online. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  10. ^ Moore, R Edward. “The Waco Indians”. Texas Indians. 2010年5月1日閲覧。 R E. Moore and Texarch Associates
  11. ^ Fort Houston, Texas”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.. 2010年5月1日閲覧。 Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.
  12. ^ Watts, Mrs. Harmon: Fort Houston from the Handbook of Texas Online. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  13. ^ Fort Parker Massacre”. Texas Historical Markers. 2010年5月1日閲覧。
  14. ^ Heard, J Norman: Kellogg, Elizabeth from the Handbook of Texas Online. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  15. ^ Exley, Jo Ella Powell: Plummer, Rachel from the Handbook of Texas Online. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  16. ^ Plummer, James Pratt”. Ancestry.com. 2010年5月1日閲覧。
  17. ^ Friend, Llerena B: Parker, John Richard from the Handbook of Texas Online. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  18. ^ Hacker, Margaret Schmidt: Parker, Cynthia Ann from the Handbook of Texas Online. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  19. ^ Empresario Contracts in the Colonization of Texas 1825-1834”. Texas A & M UNiversity. 2010年5月1日閲覧。 Wallace L. McKeehan,
  20. ^ Limestone County Courthouse”. Texas Historical Markers. 2010年5月1日閲覧。
  21. ^ Maschino, Ellen: Limestone County from the Handbook of Texas Online. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  22. ^ Field Officers Serving in Texas Confederate Regiments”. Texas in the Civil War. 2010年5月1日閲覧。
  23. ^ Governors of Texas”. Texas State Library and Archives Commission. 2010年5月1日閲覧。 State of Texas
  24. ^ Limestone County”. Texas Association of Counties. 2010年5月1日閲覧。Texas Association of Counties
  25. ^ Werner, George C: Houston Texas and Central Railway from the Handbook of Texas Online. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  26. ^ Kosse, Texas”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.. 2010年5月1日閲覧。 Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.
  27. ^ Walter, Ray A: Thornton Institute from the Handbook of Texas Online. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  28. ^ Thornton, Texas”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.. 2010年5月1日閲覧。 Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.
  29. ^ Mexia, Texas”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.. 2010年5月1日閲覧。 Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.
  30. ^ Oil and Texas: A Cultural History”. Texas Almanac. 2010年5月1日閲覧。 Texas State Historical Association
  31. ^ Camp Mexia”. Guðmundur Helgason. 2010年5月1日閲覧。 Guðmundur Helgason
  32. ^ Mexia School Campus Houses Little-Known Remnants of WW II POW Camp”. Texas Health and Human Services. 2010年5月1日閲覧。 Texas Health and Human Services
  33. ^ Old Fort Parker”. Texas Parks and Wildlife Department. 2010年5月1日閲覧。 Texas Health and Human Services
  34. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  35. ^ U.S. Decennial Census
  36. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010
  37. ^ http://www.kirkwatson.com/watson-wire/you-looking-at-me/

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度32分 西経96度35分 / 北緯31.54度 西経96.58度 / 31.54; -96.58