ナバロ郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州ナバロ郡
Revised, Navarro County Courthouse in Corsicana, TX IMG 0609.JPG
コーシカナ市にあるナバロ郡庁舎
ナバロ郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1846年4月25日
郡庁所在地 コーシカナ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,813 km2 (1,086 mi2)
2,611 km2 (1,008 mi2)
205 km2 (79 mi2), 7.23%
人口
 - (2010年)
 - 密度

47,735人
7人/km2 (18人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.co.navarro.tx.us

ナバロ郡: Navarro County)は、アメリカ合衆国テキサス州の中央部北に位置するである。2010年国勢調査での人口は47,735人であり、2000年の45,124人から5.8%増加した[1]郡庁所在地コーシカナ市(人口23,770人[2])であり[3]、同郡で人口最大の都市でもある。郡名はテキサス革命テハーノの指導者となり、テキサス独立宣言に署名したホセ・アントニオ・ナバロに因んで名付けられた。

ナバロ郡はその全体でコーシカナ小都市圏を構成している。

歴史[編集]

ナバロ・ミルズ湖とダム
コーシカナ市のナバロ郡庁舎前の退役軍人記念碑

1860年、エイブラハム・リンカーンが大統領に当選した後、ナバロ郡は抗議のために郡庁舎からアメリカ国旗を降ろし、テキサス州旗を掲揚した。1861年初期、ナバロ郡から450名ほどの者達が新設南軍に入隊した。その中から2人、すなわちロジャー・O・ミルズとクリントン・M・ウィンクラーが傑出した士官になった。ウィンクラーは南軍の大佐となり、テキサス州南西部のウィンクラー郡にその名前を残した。ナバロ郡群生し引火は武器弾薬の資金手当を行い、兵士の家族の支援も決めた[4]

戦中の1861年7月にはコーシカナ周辺の志願兵からなる87名の南軍歩兵で、ナバロ・ライフル隊が結成された。ナバロ郡の設立者クリントン・M・ウィンクラーが当初の隊長になった。この部隊はドレスデン、スプリングヒル、さらに後にはウェーコハリスバーグで訓練を行った。ナバロ・ライフル隊はテキサス第4志願歩兵連隊の第1中隊になった。1861年9月、この部隊はバージニア州リッチモンドに到着し、ジョン・ベル・フッド将軍の指揮下に置かれた[5]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,086平方マイル (2,813 km2)であり、このうち陸地1,008平方マイル (2,611 km2)、水域は79平方マイル (205 km2)で水域率は7.23%である[6]

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1850 2,190
1860 5,996 173.8%
1870 8,879 48.1%
1880 21,702 144.4%
1890 26,373 21.5%
1900 43,374 64.5%
1910 47,070 8.5%
1920 50,624 7.6%
1930 60,507 19.5%
1940 51,308 −15.2%
1950 39,916 −22.2%
1960 34,423 −13.8%
1970 31,150 −9.5%
1980 35,323 13.4%
1990 39,926 13.0%
2000 45,124 13.0%
2010 47,735 5.8%
U.S. Decennial Census[7]
Texas Almanac: 1850-2010[8]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 45,124人
  • 世帯数: 16,491 世帯
  • 家族数: 11,906 家族
  • 人口密度: 17人/km2(45人/mi2
  • 住居数: 18,449軒
  • 住居密度: 7軒/km2(18軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 27.2%
  • 18-24歳: 9.9%
  • 25-44歳: 26.9%
  • 45-64歳: 21.5%
  • 65歳以上: 14.4%
  • 年齢の中央値: 35歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 97.0
    • 18歳以上: 92.7

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 34.0%
  • 結婚・同居している夫婦: 55.7%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 12.2%
  • 非家族世帯: 27.8%
  • 単身世帯: 24.1%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 12.0%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.65人
    • 家族: 3.14人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 31,268米ドル
    • 家族: 38,130米ドル
    • 性別
      • 男性: 30,112米ドル
      • 女性: 20,972米ドル
  • 人口1人あたり収入: 15,266米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 18.2%
    • 対家族数: 13.9%
    • 18歳未満: 23.1%
    • 65歳以上: 14.9%

メディア[編集]

ナバロ郡はダラス・フォートワースメディア市場に属している。地元ではテレビ局10局から放送が流されている。地理的にウェーコ都市圏に近いので、ウェーコ、テンプルキリーンの放送局からも受信できる。また東テキサスのタイラーロングビュー、ジャクソンビルのメディア市場からも視聴できるものがある。郡内で発行される新聞としては「コーシカナ・デイリーサン」がある。

都市と町[編集]

  • アンガス
  • バリー
  • ブルーミンググローブ
  • コーシカナ - 郡庁所在地
  • チャットフィールド
  • ドーソン
  • エムハウス
  • ユーレカ
  • フロスト
  • グッドロー
  • ケレンズ
  • ミルドレッド
  • マスタング
  • ナバロ
  • オークバレー
  • パウェル
  • パードン
  • パースレー
  • リトリート
  • ライス
  • リッチランド

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Navarro County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Corsicana, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ Texas Historical Commission, historical marker, Navarro County Courthouse, Corsicana, Texas
  5. ^ Texas Historical Commission, Navarro Rifles historical marker, Navarro College, Corsicana, Texas
  6. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  7. ^ U.S. Decennial Census
  8. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度03分 西経96度28分 / 北緯32.05度 西経96.47度 / 32.05; -96.47