ムササビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムササビ
Pteromys leucogenys fauna japonica.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
亜目 : リス亜目 Sciuromorpha
: リス科 Sciuridae
亜科 : リス亜科 Sciurinae
: Pteromyini
: ムササビ属 Petaurista
: ホオジロムササビ P. leucogenys
学名
Petaurista leucogenys
Temminck1827
和名
ムササビ
ホオジロムササビ
英名
Japanese giant flying squirrel

ムササビ(鼯鼠、鼺鼠)は、ネズミ目(齧歯目)リス科リス亜科ムササビ属に属する哺乳類の一種である。ムササビ類の総称でもある。日本では、特にホオジロムササビを指す。

ノブスマ(野臥間、野衾)、バンドリ、オカツギ、ソバオシキ、モマなど多くの異名(地方名)がある[2]

形態[編集]

長い前足と後足との間に飛膜と呼ばれる膜があり、飛膜を広げることでグライダーのように滑空し、樹から樹へと飛び移ることができる。手首には針状軟骨という軟骨があり、普段は折りたたまれているこの軟骨を、滑空時に外側に張り出すことで、飛膜の面積を増やすことができる[2]。長いふさふさとした尾は滑空時には舵の役割を果たす。頭胴長27-49cm、尾長28-41cm、体重700-1500gと、近縁のモモンガ類に比べて大柄である(ホンドモモンガは頭胴長14-20cm、尾長10-14cm、体重150-220g)のみならず、日本に生息するネズミ目としては、在来種内で最大級であり、移入種を含めても、本種を上回るものはヌートリア位しかいない。

分布[編集]

ホオジロムササビは日本固有種であり、本州四国九州に生息する。

生態[編集]

東京都八王子市で撮影された野生のムササビ

山地や平地の森林に生息する[3]。特に、巣になる樹洞があり、滑空に利用できる高木の多い鎮守の森を好む[2]。 夜行性。完全な樹上生活者で、冬眠はしない[2]。120メートル以上の滑空が可能で、その速度は秒速最大16メートルにもなる[2]ケヤキカエデなどの若葉、種子、ドングリ、カキの果実、芽、ツバキの花、樹皮など、季節に応じてさまざまな樹上の食物を食べる[2]。地上で採食はしない。大木の樹洞、人家の屋根裏などに巣を作る。メスは1ヘクタール程度の同性間のなわばりをもつ。オスは2ヘクタール程度の行動圏をもつが、特になわばりをもたず、同性同士の行動圏は互いに重なり合っている。

冬と初夏の年2回発情期を迎える。発情期にはメスとの交尾の順位をめぐり、オス同士が激しい喧嘩を繰り広げる。オスは射精後に、「交尾栓」と呼ばれるタンパク質でできた物質を陰茎から放出する。「交尾栓」はメスの内で固まり、白い石鹸状の栓になる。これによりメスの膣内から精液が漏れ出すことを防ぎ、受精の確率を高める役割をしていると考えられる。「交尾栓」があると交尾をすることができない。ムササビの陰茎は「コルク抜き」のような形状をしており、次に交尾しようとするオスは、陰茎を用いて交尾栓を取り除き、交尾を行っている。平均74日の妊娠期間を経て、春と秋に1-2匹の仔を生む。

分類[編集]

リス亜科ムササビ属に属する。安藤 (1986) などにより、ムササビ亜科[2]に、または、Thorington (2002)、霍野 (2007) などにより、モモンガ亜科 (Pteromyinae)[4][5]に位置付けられていたが、Steppan (2006) によると、モモンガ類とともにリス亜科に分類されている[6][7] 。ムササビ属には、8種が含まれ、東アジア南アジア東南アジアに分布する[8]インドネシアに生息するオオアカムササビ Petaurista petaurista は頭胴長約45cm、尾長約50cmの大型のムササビである。

モモンガとの相違点[編集]

漢字表記の「鼯鼠」がムササビと同時にモモンガにも用いられるなど両者は古くから混同されてきた。両者の相違点としては上述の個体の大きさが挙げられるが、それ以外の相違点としては飛膜の付き方が挙げられる。モモンガの飛膜は前肢と後肢の間だけにあるが、ムササビの飛膜は前肢と首、後肢と尾の間にもある[2]。また、ムササビの頭部側面には、耳の直前から下顎にかけて、非常に目立つ白い帯がある(画像参照)。

滑空する動物[編集]

ムササビなど滑空性のリスと同様に飛膜をもち、滑空する哺乳類として、同じネズミ目に属するが科の異なるウロコオリス類、フクロネズミ目(有袋類)のフクロモモンガヒヨケザル目(皮翼目)のヒヨケザルなどが知られている。

人との関係[編集]

ムササビは、日本では古くから狩猟の対象であった[3]。時代によっては保護の対象ともなり、日本後紀には、ムササビの利用を禁ずるとする記述がある[9]。特に、保温性に優れたムササビの毛皮は防寒具として珍重され、第二次世界大戦では物資が不足する中で、ムササビ1匹の毛皮は、当時の学校教員の月給に匹敵するほどの値段となった[10]。被毛はの材料としても利用され、他にはない粘りと毛先に独特の趣がある[11]。現在の日本では、ムササビは鳥獣保護法において「非狩猟鳥獣」であるため、狩猟は不可能となっている[12]

脚注[編集]

  1. ^ Ishii, N. & Kaneko, Y. (2008年), “Petaurista leucogenys”, IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3 (International Union for Conservation of Nature), http://www.iucnredlist.org/details/16720 2015年3月16日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h D.W.マクドナルド 編、今泉吉典 監修 『小型草食獣 動物大百科 5』 平凡社1986年、40-41頁。本書内で、「ムササビ 空を飛ぶ大型リス」を安藤元一が執筆。
  3. ^ a b 千葉県にムササビは生息しているか?(PDF)”. 千葉県立中央博物館. 2014年1月20日閲覧。
  4. ^ Thorington, R. W., D. Pitassy, and S. Jansa. 2002. Phylogenies of flying squirrels (Pteromyinae). J. Mamm. Evol. 9:99-135.
  5. ^ 霍野晋吉 『くわしいリスの医・食・住』 どうぶつ出版、2007年2015年4月27日閲覧。
  6. ^ Steppan, Scott J. & Hamm, Shawn M. (2006): Tree of Life Web ProjectSciuridae (Squirrels). Version of 13 May 2006. Retrieved 10 December 2007.
  7. ^ Steppan, S. J.; Storz, B. L.; Hoffmann, R. S. (2004). "Nuclear DNA phylogeny of the squirrels (Mammalia: Rodentia) and the evolution of arboreality from c-myc and RAG1". Molecular Phylogenetics and Evolution 30 (3): 703–719.
  8. ^ D.W.マクドナルド 編、今泉吉典 監修 『小型草食獣 動物大百科 5』 平凡社1986年、155頁。
  9. ^ ドッカンとジョバンニの上着”. 斎宮歴史博物館. 2014年1月20日閲覧。
  10. ^ “奨励される狩り 二極化する里”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/kikaku/055/3.htm 2014年1月20日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ 奈良筆ができるまで 筆の原料”. 株式会社あかしや. 2014年1月20日閲覧。
  12. ^ 鳥獣保護法について”. 株式会社防除研究所. 2014年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

  • 日本の哺乳類一覧
  • むささび・もま事件 - 特定の地方で「もま」と呼ばれていた禁猟のムササビを狩ったことが「事実の錯誤」と「法律の不知」に当たるかが争われた。
  • 野衾 - ムササビに似ているとされる、江戸に伝わる妖怪