マミジロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マミジロ
マミジロ
マミジロ(オス) Turdus sibiricus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: ツグミ科 Turdidae
: ツグミ属 Turdus
: マミジロ T. sibiricus
学名
Turdus sibiricus (Pallas, 1776)
和名
マミジロ
英名
Siberian ground thrush
Siberian thrush

マミジロ(眉白、Turdus sibiricus)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ツグミ科ツグミ属トラツグミ属に分類する説もあり、その場合は種小名がsibiricaになる)に分類される鳥。

分布[編集]

インドネシアスマトラ島)、シンガポールタイ韓国中国台湾北朝鮮日本ネパールベトナムマレーシアマレー半島)、ミャンマーモンゴルラオスロシア東部

夏季に中国北東部やロシア東部などで繁殖し、冬季は東南アジアへ南下し越冬する。日本では亜種マミジロが春季~夏季に北海道本州中部以北のある程度標高の高い樹林で繁殖する。したがってこれらの地域では夏鳥である。一方、本州西部以南では渡りの途中に飛来(旅鳥)する。

形態[編集]

全長23.5cm。体重60-85g。眼上部には白い眉状の斑紋(眉斑)が入る。

嘴の色彩は黒い。後肢の色彩はオレンジがかった黄色。

オスは全身が黒い羽毛で覆われる。オスは全身が黒く、白い眉斑がより明瞭なことが和名の由来。メスは上面が緑褐色、下面が淡褐色の羽毛で覆われる。喉は白い羽毛で覆われる。

分類[編集]

  • Turdus sibiricus davisoni  マミジロ
  • Turdus sibiricus sibiricus (Pallas, 1776)

生態[編集]

平地から山地の落葉広葉樹林や混合林に生息する。冬季は小規模な群れを形成して生活する。

食性は雑食で、昆虫、陸棲の貝類ミミズ果実などを食べる。

繁殖形態は卵生。繁殖期にはペアで縄張りを形成する。オスは樹上に枯葉や枝などでお椀状の巣を作り、日本では5-7月に1回に3-4個の卵を産む。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は約11日。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「マミジロ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類