ブラジキニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラジキニン (bradykinin, BK) はノナペプチドで、血圧降下作用を持つ生理活性物質の一種。キニノーゲンから血漿カリクレインやトリプシンによって作られる。構造はArg-Pro-Pro-Gly-Phe-Ser-Pro-Phe-Arg-OH。に存在するキニナーゼにより分解される。カリジンとともにプラスマキニン(血漿キニン、単にキニンとも)に分類される。ヘビの毒の一種はキニノーゲンからブラジキニンを作り出す酵素を持ち、それにより動物の血圧を下げる。降圧作用のほかに、神経細胞に作用して痛みを感じさせる物質でもある。また、炎症の発生にも関与しているなど多彩な作用を有する。発痛作用はPGE2により増強される。

関連項目[編集]