動脈炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

動脈炎(どうみゃくえん、: arteritis)は動脈壁の炎症であり、一般に感染症自己免疫疾患の結果として発生する。

[編集]

  • en:Polyarteritis nodosa affects the medium-sized arteries, especially those of renal, coronary, hepatic and skeletal muscle systems.

一部の動脈炎はカンジダ・アルビカンスによって引き起こされる可能性がある[1]

出典[編集]

  1. ^ Nagi-Miura N, Harada T, Shinohara H, et al. (Jun 2006). “Lethal and severe coronary arteritis in DBA/2 mice induced by fungal pathogen, CAWS, Candida albicans water-soluble fraction”. Atherosclerosis 186 (2): 310–20. doi:10.1016/j.atherosclerosis.2005.08.014. PMID 16157343.