バブルシンフォニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バブルシンフォニー
Bubble Symphony
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
セガサターン[SS]
開発元 [AC]:タイトー
[SS]:ビング
発売元 [AC]:タイトー
[SS]:ビング
人数 1〜2人協力プレイ
発売日 [AC]:1994年
[SS]:1997年11月27日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
その他 PS2版はタイトーメモリーズII 下巻に収録。
テンプレートを表示

バブルシンフォニー』(Bubble Symphony)はタイトーから1994年にリリースされたアーケードゲーム。北米版のタイトルは「BUBBLE BOBBLE II」、ジャンルは固定画面のサイドビューアクションゲームである。

ストーリー[編集]

なかよし4にんぐみの バビー、ボビー、クルン、コロン。彼らは今日も町外れの図書館に行きます。他にも遊ぶ所はたくさんあるのに、何故か4人の足は自然と図書館に向いてしまうのです。そして、4人は図書館の本棚に今までみたことのない絵本をみつけました。「こんな絵本あったかな……?」みんなが集まりその絵本を開くと……突然絵本が輝き出し、それと同時に魔王「どらんく」の声が響き渡ります! 「お前たちのおじいさんに受けた恨みを晴らす時が来た、お前たちをこの絵本の中に永遠に閉じ込めてやる!」4人は魔法の力でドラゴンの姿に変えられ絵本に吸い込まれてしまいました……。果たして、元の姿に戻り、元の世界に戻る事が出来るのでしょうか?

ゲームのルール[編集]

8方向レバー、2ボタン(泡吐き、ジャンプ)で操作。ゲーム開始時にバブルン、ボブルン、クルルン、コロロンの4人から性能が異なるキャラクターを1人選択する(後述)。2人同時プレイ可能。

固定画面のステージに配置された床を移動し、画面内に配置された敵をプレイヤーの吐く泡で包み体当たりで全て倒すとラウンドクリア。泡に包む以外にも様々な攻撃アイテムが存在する。床は、下から上にジャンプで抜ける事が出来るがその逆は出来ない。今作では、泡吐きボタンを一定時間押しっぱなしにする事によりキャラクター毎に異なる溜め攻撃が搭載され、更に前作には無かったレバーの上下入力による落下速度の制御もある程度可能になっている。

プレイヤーは、敵キャラクター及び敵の出す攻撃に接触するとミスで残り人数が一つ減りプレイヤーの残数が無くなるとゲームオーバー。前作では2人同時プレイ時に片方が健在時のみ途中参加的にコンティニュー出来たが、今作ではコンティニュー機能が標準装備されている。

各ワールドの最後にはボスが登場して、そのボスを倒せばワールドクリアとなる。その際画面上に扉が2つ出るので、次のワールドに入る扉を選択する。

ボスを全て倒しても、ワールド1〜5のボス面を除く道中に存在する同色の音符パネルを3つ集め、各色に対応したビッグキーを4つ集めなければラストワールドへの道が開けないようになっている。ワールド5のボスを倒した際にビッグキーが4つ揃っていない場合はバッドエンドとなる。なお、アーケードおよびPS2版ではキーが4つ揃って扉が開いても一定時間内に扉に入らないとキーが不足した時同様強制バッドエンドとなる。サターン版は時間経過で強制バッドエンドにならない。ラストワールドのボスである「はいぱーどらんく」を倒すとエンディングとなる。全56ラウンド+α。シークレットルームに入ると面数表示が1進むため、全てのシークレットルームを経由してクリアすると最終的にラウンド表記は62と表示される。

ボーナススコアのシステムも増えている。連鎖割りの最大獲得スコアは、前作が64,000点だったのに対し、今作では10匹連鎖割りの256,000点である。連鎖割り時のスコアを2倍にするアイテムも存在するので、512,000点を狙えるステージもある。

オールクリアボーナスは、はいぱーどらんくを倒した際に集計される。残り人数×10万点(ストック0でも生存分が加算)とALLクリアボーナスの2つである。ALLクリアボーナスは、ノーマルモード200万点、スーパーモード400万点で、人間に戻れなかった場合は100万点減算され各100万、300万点となる。

コマンド[編集]

タイトル画面でクレジットを入れる前に以下のコマンドを入力し、コマンド完成後にクレジットを入れてスタートすることにより入力コマンドの効果を得られる。コマンドは複数入力可能だが、デモ1ループ毎に1種しか入力出来ず、更にデモがループするまでが長いため全てのコマンドを入力するのは根気が必要である。なお、コマンドの入力成功時には音が鳴る。

以下のコマンド内「S」は、アーケード版とPS2版は1Pスタートボタン、サターン版はコントロールパッドのCボタン。

スーパーモード
タイトル画面で上・S・右・J・B・左・S・下と入力すると、入力成功した瞬間にタイトル画面の舞台、幕の色が変わる。スーパーモードはゲーム開始時に選択可能で、表面ではワールドテーマに沿った敵種類の配置だが裏面はそれに沿わず全て変更されている。こちらも56ステージ+αがある。このモードをクリアするとALLクリアのスペシャルボーナスが400万点入る。ノーマルモードは200万点。
人間モード
タイトル画面で左・下・上・J・右・S・B・右と入力すると、ゲームスタート時に人間の姿からスタート。なお通常は、特定面でハリーアップになると通風孔から出現する「R」「O」「D」のバブルを揃える事により人間になる。
パワーアップ
タイトル画面で下・B・J・S・左・右・左・Sと入力すると、ゲーム開始からゲームオーバーになるまで、くつ、バブル連射、バブル速度UPの3つのパワーアップ状態が続く。その効果はミスしても継続する。
オリジナルゲーム
タイトル画面でJ・B・J・B・J・B・左・Sと入力すると、特定面で出現するシークレットルームへ入る為の「扉」が無条件で出現。なお、通常ではゲーム中に一度でもミスをすると出なくなる。今作では、シークレットルーム内に存在するビッグパワーアイテム(キャンディ、くつ)の効果は永続せずミスすると効果が消える。
バブルボブルアレンジ
タイトル画面でS・J・B・左・右・J・S・右か、左・J・左・S・左・B・左・Sか、B・J・B・J・B・J・右・Sと入力すると、背景がバブルボブルと同様の黒色になり、音楽もバブルボブルのアレンジになる。これらは初代バブルボブルのスーパーモード、パワーアップ、オリジナルゲームの各コマンドである。一度入力するとデモを数回ループさせないと元に戻らない。

キャラクター[編集]

バブルン(バビー)
緑色の泡吐きドラゴン。溜め攻撃は前方に3連射。移動速度、泡吐き速度、泡吐き射程のどれも平均的な能力を持つ。
ボブルン(ボビー)
バブルンの弟、青色の泡吐きドラゴン。溜め攻撃は向いている方向の斜め上、前方、斜め下の3方向同時発射。バブルンと比べ、移動速度が速く泡の射程が短い。泡の飛ぶ速度は同じ。
クルルン(クルン)
本作で初登場したキャラクター、黄色の泡吐きドラゴン。溜め攻撃は正面、下、後方同時発射。バブルンと比べ、泡の射程が長く泡の飛ぶ速度が遅い。移動速度は同じ。
コロロン(コロン)
本作で初登場したキャラクター、ピンク色の泡吐きドラゴン。溜め攻撃は正面、上、後方同時発射。バブルンと比べ、泡の飛ぶ速度が速く移動が遅い。泡の射程は同じ。

なお、サターン版バブルシンフォニーのマニュアルはクルルンとコロロンの溜め攻撃が逆に記載されている誤記がある。

ステージ紹介[編集]

ワールドクリア時の分岐により、同名ワールドでもラウンドの内容および、ボスへの攻撃方法が異なる。

ワールドA 「エントランス」
ラウンド1クリア後に扉が3つ出るが、行き着くボスは全て「すーぱーどらんく」である。
ワールドB、F 「奇々怪界」
同社のアクションゲーム『奇々怪界』をモチーフにしたステージ。ボスは「魔奴化(まぬけ)」
ワールドC、G 「ラディッシュランド」
同社のアクションゲーム『プリルラ』をモチーフにしたステージ。ボスは「ジャックおこるそん」
ワールドD 「テレビマシン」
テレビ工場のステージ。ボスは「メカインベーダー」
ワールドE 「SUN "A" ZONE」
同社のシューティングゲーム『ダライアスII』をモチーフにしたステージ。ボスは「YAMATO
ワールドH 「コンピューターランド」
コンピューターに作られたステージ。ボスは「メカバブルン」
ワールドI 「セントラルパーク」
噴水のある公園が背景のステージ。ボスは「メカインベーダー」
ワールドJ 「ピラミッドランド」
ピラミッドをモチーフにしたステージ。背景に「はいぱーどらんく」の石像が……。ボスは「メカバブルン」
ワールドK 「スカイパレス」
空とお城が背景のステージ。ボスは「すーぱーまいた」
ワールドL 「ウォーターフォール」
流水のステージ。ボスは「すーぱーもんすた」
ワールドM 「トレジャーデザート」
砂漠の背景となり、お宝発掘現場風のステージ。ボスは「すーぱーまいた」
ワールドN 「ジャパネスク」
昔の日本風景をテーマにしたステージ。ボスは「すーぱーもんすた」
ワールドO 「フォレストランド」
森が背景のステージ。ボスは「すーぱーまいた」
ワールドP 「ラストワールド」
最終エリア。ラウンドの最後に最終ボスの前座として、操り糸に吊るされた「すーぱーどらんく」登場。これを倒すと最終ボスである「はいぱーどらんく」が登場する。

敵キャラクター[編集]

本作の敵キャラにて解説する。敵は54体登場する。

ぜんちゃん
ぜんまいがついたキャラクター。攻撃は体当たりだけ。
もんすた
ちゃっくんぽっぷに登場した卵から生まれるキャラクター。攻撃は体当たりだけ。
ぷるぷる
左右どちらかに動く。攻撃は体当たりだけ。
ばねぼう
飛び跳ねるキャラクター。攻撃は体当たりだけ。
まいた
ちゃっくんぽっぷに登場した出口を塞ぐキャラクター。攻撃は体当たりの他に岩を投げてくる。
ひでごんす
攻撃は体当たりの他に強力な火を吐く。
どらんく
甘いジュースが大好きなキャラクター。攻撃は体当たりの他にウィスキーのビンを投げてくる。
いんべーだー
左右に動くスペースインベーダーのキャラクター。攻撃は体当たりの他にビームを撃つ。
すかるもんすた
一定時間立つと登場する永久パターン防止キャラクター。
らすかる
シークレットルームで一定時間登場する永久パターン防止キャラクター。
ふるーぷ
フラフープを持っている敵。攻撃は体当たりの他に高速体当たり。
ゆきぼんぼ
ゆきだるまの形にした敵。攻撃は体当たりの他に大きい雪だまを投げてくる。
どらぼ
浮かんでいるドラゴンの敵だが、攻撃は体当たりの他に火を吐く。
みゃーた
猫形なキャラクター。攻撃は体当たりだけ。
ちゅーちゅマン
マジシャン
魔法のキャラクター。攻撃は体当たりだけ。
あんころりん
あんこうの敵にした敵。攻撃は体当たりの他に電気線を放つ。
どらんこ
どらんくの2番目の敵。体当たりの他に火の属性がついたウィスキーのビンを投げてくる。
こむそ
キャッチ丸
忍者なキャラクター。攻撃は体当たりの他に手裏剣を投げる。
マミー
ミイラのキャラクターで、攻撃は体当たりだけ。
ぷかぷか
奇々怪界に登場した敵。
あめ玉
キャンディーの敵。体当たりの他に爆弾を吐いてくる。
アッパー
プリルラの敵。攻撃は体当たりだけ。
ばけちょうちん
奇々怪界に登場した敵。
電球くん
電球なキャラクター。攻撃は体当たりの他に電気を出す。
キラヒジア
ダライアスIIに登場したボス。攻撃は体当たりの他にミサイルを撃つ。
はっとんとん
ハットを装備した敵。攻撃は体当たりの他にハットを投げてくる。
ちたま
顔だけ移動することもできるキャラクター。
へいたくん
兵士な敵。攻撃は体当たりだけ。
かぶき
あっぱれな敵。攻撃は体当たりの他に扇子を投げてくる。
ストロングシェル
ダライアスに登場したボス。攻撃は体当たりだけ。
かさべー
奇々怪界に登場した敵。
こんちゃん
ヒトデの姿をした敵キャラクター
ミミック
お宝がなんと敵。攻撃は体当たりだけ。
ナイトロン
甲冑のかっこを付けたキャラクター。攻撃は体当たりだけ。
にょろりん
UFOに乗っているにょろにょろなキャラクター。
王子さま
ロケッテル
ロケットを発射するキャラクター。攻撃は体当たりだけ。
ゆうぼう
UFOの敵。攻撃は体当たりの他にビームを撃つ。
うにぼう
刺の生える敵だが、攻撃は体当たりだけ。
ワルリン
悪いやつらの怪獣。攻撃は電気を吐く。
ラッパッパ
ラッパを装備している敵。攻撃は体当たりの他にラッパを吹く。
ロボL
ロボJ
うにころん
ユニコーンな敵。攻撃は体当たりだけ。
さーべろりん
うさぎのもんすたにして敵。攻撃は体当たりだけ。
かぶちゃん
鎧の頭を装備したぜんちゃん。攻撃は体当たりの他に鎧を投げる。
ボルトマン
ゴーレム
45度移動するキャラクター。攻撃は体当たりの他に岩を吐く
きりかぶくん
じじぽっぽ
ノーノ
かたつむりのキャラクター。攻撃は体当たりだけ。
YZK TAKAMI
ダライアスシリーズに登場する永久パターン防止キャラ。今作での攻撃は体当たりだけ。

ゲストキャラクター[編集]

ちゃっくん(ちゃっくんぽっぷ
黄色のマップを取ることで出現する。
トレミー(フェアリーランドストーリー
紫のマップを取ると出現する。
ボブ(ドンドコドン
青いマップを取ると出現する。
ヒポポ(ミズバク大冒険
緑のマップを取ると出現する。
ティキ(ニュージーランドストーリー
赤いマップを取ると出現する。
小夜ちゃん(奇々怪界
ワールド「奇々怪界」のシークレットルーム内にあるBIGお払い棒を取り、その後に出る攻撃アイテムのお払い棒を取ると出現する。
ペピル(ゆうゆのクイズでGO!GO!
Mr.MIKATA(プリルラ
ワールド「ラディッシュランド」のシークレットルーム内にあるBIG杖を取り、その後に出る攻撃アイテムの杖を取ると出現する。
ビーム砲(スペースインベーダー
白いマップを取れば出現する。
シルバーホークダライアスシリーズ)
ワールド「SUN "A" ZONE 」のシークレットルーム内にあるBIG赤紋章を取り、その後に出る攻撃アイテムの赤紋章を取ると出現する。

ゲストキャラクターは出現させた面をクリアするか、プレイヤー残数が0の時にミスをするといなくなる。ゲストキャラクターは無敵なので、上手く動かせればステージクリアが非常に楽になる。一部のゲストキャラクターの攻撃がプレイヤーに当たると、サンダーバブルが当たった時同様しびれてしまう。なお、シルバーホークは1P側が呼ぶと赤(プロコ機)、2P側が呼ぶと青(ティアット機)となる。

名前登録について[編集]

同じ文字を8文字入れると、以下のタイトーの歴代のゲームタイトルに変わる。

ARKANOID, BUBBLEBO, CAMELTRY, DYNOREX, EXTERMIN, FINALBRO, GALACTIC, HALLEYSC, INVADERS, KIKIKAIK, LIGHTBRI, METALBLA, NIGHTSTR, OP WOLF, THENEWZE, UNDERFIR, VOLFIED ETC.

8文字以上のタイトルは、EXTERMIN=『エクスターミネーション』、METALBLA=『メタルブラック』などのように最初の8文字である。FINALBROは『ファイナルブロウ』であり、本来「BLO」のはずの表記が「BRO」になっている。

移植作品[編集]

セガサターン
1997年11月27日発売。移植度はほぼ完璧。ただし、クレジットがスタート時に99有りクレジット数の変更が出来ないので、シングルプレイでも常時右下に2PSTARTの表示が出続ける。
プレイステーション2
2007年3月29日発売のタイトーメモリーズII 下巻に収録。オプション設定時にはゲームの難易度の項目が無いが、プレイヤーの残数変更、ボタンの割り当て変更などは可能。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]