パズルボブル3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パズルボブル3
ジャンル パズルゲーム
対応機種 アーケードゲーム[AC]
セガサターン[SS]
プレイステーション[PS]
NINTENDO64[64]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1~2人対戦プレイ(64版は1~4人)
発売日 [AC]1996年
[SS]1997年3月28日
[PS]1997年11月6日
[64]1999年3月5日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
その他 PS版のタイトルはパズルボブル3DX
64版のタイトルはパズルボブル64
テンプレートを表示

パズルボブル3』(Puzzle Bobble3)はタイトーから1996年にリリースされたアーケードゲームである。パズルボブルシリーズの第3弾。

ゲームのルール[編集]

8方向レバー、1ボタン(ボール発射)でバブルを消していればクリアとなる。全30ステージ ボールがデッドラインを超えるとゲームオーバー。

天井反射[編集]

3から壁だけでなく天井にバブルを当てても跳ね返るようになった。 そのためバブルは支点ブロックにくっついて現れるようになった。 支点ブロックは周囲のバブルを全部消すと消滅する。

レインボーバブル[編集]

3から登場。 隣でバブルが消えるとその色のバブルに変化する。

キャラクター[編集]

今回はタイトーが出したアーケードゲームからのキャラが参戦しており一人で対戦ではパズル、クイズ、クレーン、マージャン、アクション、タロット、カード、パンチング(ソニックブラストマン)の順で戦っていく。 今回から、対戦では選んだキャラクターによって相手へのバブルの送り方が変わるようになった。

プレイヤーキャラクター
  • バブルン(1Player)
泡はきドラゴン(正体は人間だがドラゴンの姿が好き)である1プレイヤーのキャラクター。
八色のバブルをランダムに降らせる。バランスがとれているキャラ。
  • ボブルン(2Player)
色が違うバブルンの弟、2プレイヤーのキャラクター。
送り方はバブルンと同じ。
3登場キャラクター
  • ムサシ
アクションゲーム担当。日々トレーニングを欠かさない白い胴着を着た格闘家。「波弾拳」などの技を使う。
バブルンと同じく八色だが、下からだけではなく天井からも玉を補充する。
  • チンクル
クイズゲーム担当。妖精のような衣装を着た女の子。実はただのバイトで、正体は普通の学生(EDで確認できる)。
レインボーバブルだけを下から送り込む。急戦で力を発揮するが、レインボーバブルの性質上、受けに回ると脆い。
  • スーパーソニックブラストマン(SSB)
パンチングマシン担当。ソニックブラストマンから参戦。悪を討つ正義の味方。他のキャラと違い、バブルを消した際のセリフが「私のパンチを受けてみろ!」というセリフしかない。
レッド・イエロー・ブルーの三色の他、おじゃまブロックを送り込むことができる。
  • ルナ・ルナ
タロット担当。宙に浮く光り輝く水晶を持つ、神秘的な雰囲気の女性。囁くように喋る。EDではどらんくを自分の家に連れて帰り、使用人にしている。
八色のバブルを天上からひたすら補充する。持久戦に強い。
  • ジャック
カード担当。カードを切りながら「美しい」を連呼するナルシストプリルラとは全く違う。EDでは上半身裸で登場するが、直後にデブルンに潰される。
レインボーバブル、おじゃまブロックを送り込めるが、たまにスターバブルまで送りこんでしまう。
  • マリナ
麻雀担当。まったりした顔が特徴の、赤いビキニを着た豊満(?)な肉体を持つ女性。EDでは何かの大会で1位(2位はルナ・ルナ、3位はチンクル)になっている。
レッド・イエロー・ブルーの三色のみを降らせる変わったキャラ。
  • プリチオ
クレーン担当。命を持った人形の男の子。
四色のバブルを降らせる。
ボスキャラクター
  • デブルン
ステージ9に登場する、太ったバブルン。実は着ぐるみで、中にはどらんくが入っている。
ある方法で操作可能なPS版では、1キャラクターとして独立。
  • どらんく
前作『パズルボブル2』に続いて登場するいたずら好きな魔法使い。ステージ10に登場。

外部リンク[編集]