バブルメモリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バブルメモリーズ
Bubble Memories –THE STORY OF BUBBLE BOBBLE III–
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケードゲーム
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1〜2人
メディア F3システム
発売日 1996年
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
テンプレートを表示

バブルメモリーズ』(Bubble Memories –THE STORY OF BUBBLE BOBBLE III–) は、1996年タイトーより発売された業務用固定画面アクションゲーム

概要[編集]

キャッチコピー『今度のアワはでっかいぞ!

バブルボブル』(1986年)『レインボーアイランド』(1987年)の更なる続編としてリリース。泡を吐いて敵を閉じ込めて、それを割ってやっつけるというバブルボブルのゲームシステムを継承しつつ、新要素を取り入れ、背景グラフィックは動物や風景などの実写を取り込み質感を向上させている。またキャラクターグラフィックやフォントは一部『パズルボブル2』(1995年)のものを流用している。ちなみに、サブタイトルに同じ「THE STORY OF BUBBLE BOBBLE III」が付けられた、PCエンジンオリジナルの『パラソルスター』(1991年)という『レインボーアイランド』『バブルメモリーズ』の外伝的続編ともいえる作品が先にリリースされている。また『バブルボブル』『レインボーアイランド』『パラソルスター』と今作は「バビー」と「ボビー」という2人の少年兄弟の活躍を描いたものであり、今作以前にリリースされた関連作『バブルシンフォニー』(1994年)は彼らの子孫たちが活躍するという位置づけになっているため、バブルシンフォニーに「THE STORY OF BUBBLE BOBBLE ○」というサブタイトルは付いていない。

真のエンディングを見るための謎解きに関しては、レインボーアイランドやバブルシンフォニーと比べてシンプルとなっているものの、ゲームの難易度はそれらよりも高めになっている。

プレイヤーはゲーム開始時に「物語モード」「練習モード」のどちらかを選択する。「物語モード」はノーマルモードおよびスーパーモード各80面の計160面構成。10面ごとに計7種類の中ボスが登場し、それらを倒さなければ先の面へと進めない。中ボスを全て倒してもキーアイテムの「レインボーポーション」を7種類全て集めなければ最終ボスへの道が開けないようになっており、その条件を満たしてから、80面の最終ボス(スーパーダークグレートドラゴン)を倒せばエンディングとなる(条件を満たせなかった場合は70面クリアで終了、バッドエンディングになる)。「練習モード」は初心者向けのイージーモードで、『バブルメモリーズ』のゲームシステムについてチュートリアルを交えながらプレイ出来る。こちらもノーマルモード、スーパーモード各10面の計20面構成&タイムアタック付。

バブルボブルやバブルシンフォニーのスーパーモードでは、ノーマルモードとマップデザインが同じで敵キャラクターが変更になっただけであったが、今作でのスーパーモードはマップデザイン、敵キャラクター配置は全て変更がなされている。

新たな要素として、泡吐きボタンを押したままにするとプレイヤーである「バブルン」(プレイヤー2はボブルン)にエネルギーが溜まり、ボタンを離すと通常の4倍の大きさである「巨大バブル」を吐くことが出来るようになった。これにより、複数の敵を一つの巨大バブルにまとめて閉じ込めることが出来る。今作では通常の4倍の大きさがある「巨大敵」が登場。巨大敵は巨大バブルでないと閉じ込めることが出来ないようになっている。その応用として、巨大バブルから変化するラウンドクリア・フード(バブルボブル#フード参照)は巨大なものになり(一律7000点)、ボス戦においては巨大特殊バブルを吐く事が出来、割って攻撃がボスにヒットすればより大きなダメージを与えられる。

今作では複数の泡に閉じ込めた敵をまとめてやっつける「まとめ割り」の得点に倍率が掛かるようになっており、複数の敵を巨大バブルに閉じ込めてまとめ割りすると、まとめ割りの得点が2倍になる。また複数の敵を一旦普通の泡に閉じ込めて、それらを更に巨大バブルに閉じ込めてからまとめ割りすると、その得点が3倍になる。まとめ割りした時の最大得点は、敵が10匹出て来た面においての153万6000点にもなる。

また水中の面が存在し、水中ではバブルン(ボブルン)および敵の移動速度が低下する。プレイヤーは操作をしていないとバブルン(ボブルン)は沈下し、ジャンプボタンを押すことで浮上する。

バブルボブルでは1人プレイで残機を全て失うと即ゲームオーバーで、2人プレイの時に1人がゲームオーバーになるとコンティニューが出来るのだが、バブルシンフォニーと同様に1人プレイでゲームオーバーになってもコンティニューが出来るようになっている。

2007年1月25日発売の『タイトーメモリーズII 上巻』(プレイステーション2)に収録された。これは家庭用ゲーム機初移植となる。

ストーリー[編集]

あるところに「レインボーアイランド」と呼ばれる島があり、かつてその島の住人がさらわれる事件が発生したが、虹の魔法を身に付けた2人の少年兄弟「バビー」と「ボビー」の活躍によって、事件の黒幕である暗黒大魔王は倒され、住人はすべて救出された。

その後のレインボーアイランド。その中心には「レインボータワー」という塔が建っていて、島の平和の象徴とされていた。バビーとボビーは村人とともに平和な日々を過ごしていた。

ところがある日、どこからか悪者が現れてバビーとボビーに雷を落とし、泡吐き竜の姿へと変えてしまい、更に村の宝で竜から人間の姿に戻す魔法の薬「レインボーポーション」を奪い、それを7つに分割してしまった。悪者はそのまま塔へと篭城した。

泡吐き竜に変えられたバビー(バブルン)とボビー(ボブルン)は、レインボーポーションを取り戻し、悪者を倒すべく塔へと向かった時、そこにはかつて2人が倒したはずの暗黒大魔王の姿が……。

歴史は、再び繰り返す……。

プレイヤーキャラクター[編集]

バビー(バブルン)
プレイヤー1が操作するキャラクター。明るく活発な少年。暗黒大魔王によって緑の泡吐き竜の姿に変えられる。
ボビー(ボブルン)
プレイヤー2が操作するキャラクター。バビーの弟。内向的で読書好きな少年。兄同様青い泡吐き竜の姿に変えられる。今作ではバブルシンフォニーに設定されたバブルンとの能力差(移動速度は速いが泡の射程が短い)は無く、同一の能力となっている。

敵キャラクター[編集]

ぜんちゃん
ぜんまいのキャラクター。攻撃は体当たりだけで、バブルンたちを追いかける。
まいた
ちゃっくんぽっぷのキャラクター。攻撃は体当たりの他に、岩攻撃。
もんすた
ちゃっくんぽっぷで卵から生まれたあいつ。45度方向に移動するが攻撃は体当たり。
ぷるぷる
左斜め、右斜めのプロペラの付いた敵。攻撃は体当たり。
ばねぼう
下から降りるキャラクター。攻撃は体当たりだけ。ブロックの上を飛び跳ねるように移動。
ひでごんす
火を吐くキャラクター。攻撃は体当たりの他に火を吐く。
どらんく
甘いジュースが好きなキャラクター。攻撃は体当たりの他にウィスキーのビンを投げてくる。
いんべーだー
スペースインベーダーのキャラクター。攻撃は体当たりの他に下方向にビームを撃つ。スペースインベーダーがそのモデル。
すかるもんすた
一定時間立つと登場する、所謂永久パターン防止キャラクター。敵を全滅すると消える。
らすかる
永久パターン防止キャラで、一定時間シークレットルームを出ないでいると出現する。

この他にも新たなる敵キャラが登場する。

ボスキャラクター[編集]

10面ごとに登場する中ボスと最終ボスを紹介する。ボスを倒すには特殊バブルを割ってボスにダメージを与えないと倒せない。特殊バブルの種類はボスにより異なる。( )内はスーパーモード時のもの。

すーぱーもんすた
練習モード10面に出て来るボスキャラクター。サンダー(メロディ)バブルで攻撃。体力は低い。
クーラント
10面のボスキャラクター。サンダー(メロディ)バブルで攻撃。倒すと10万点のボーナスが入る。
きりがん
20面のボスキャラクター。ウインド(サンダー)バブルで攻撃。倒すと20万点のボーナスが入る。
ガッチャン
30面のボスキャラクター。メロディ(ウォーター)バブルで攻撃。倒すと30万点のボーナスが入る。
ワッフルフル
40面のボスキャラクター。レインボー(ウインド)バブルで攻撃。倒すと40万点のボーナスが入る。
まいたP
50面のボスキャラクター。ファイア(レインボー)バブルで攻撃。倒すと50万点のボーナスが入る。
たるP
60面のボスキャラクター。ウォーター(ファイア)バブルで攻撃。倒すと60万点のボーナスが入る。攻撃が高いため、強敵。
スイマークイーンもんすた
70面のボスキャラクター。サンダー(メロディ)バブルで攻撃。倒すと70万点のボーナスが入る。体力はかなり高い。
スーパーダークグレートドラゴン&メカニカルもんすた
80面の最終ボス。条件を満たさないと戦えないようになっており、サンダー(メロディ)バブルで攻撃。倒すと100万点(スーパーモードは真の最終ボスを倒すことによって200万点)のボーナスが入る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]