パズルボブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パズルボブル
ジャンル アクションパズル
対応機種 アーケードゲーム[AC]
スーパーファミコン[SFC]
ネオジオCD[NGCD]
3DO
ゲームギア[GG]
ワンダースワン[WS]
iPhone/iPod touch
開発元 タイトー
発売元 タイトー
SNK
[3DO]マイクロキャビン
[WS]サンソフト
人数 1 - 2人
メディア [AC]:MVS
発売日 [AC]:1994年12月
[SFC]:1995年1月13日
[NGCD]:1995年4月27日
[3DO]:1995年11月22日
[GG]:1996年8月2日
[WS]:1999年7月1日
[iPhone]:2009年9月2日
テンプレートを表示

パズルボブル』(Puzzle Bobble)は、1994年タイトーからアーケードゲームとして稼動された固定画面アクションパズルゲームである。

概要[編集]

元々は1986年のヒット作『バブルボブル』のキャラクターを用いて少々パロディ[1]を交えた小作品的位置づけで市場に登場した作品だったが、シンプルなルールとそこから起因するゲーム性の相乗的な楽しさが広く受け入れられ、予測以上のヒット作品となった。以後同作品はシリーズ化、様々なゲーム市場へ複合展開していくこととなった。現在では、元ネタである『バブルボブル』よりも多数のシリーズ作品が発売されている。

小作品の関係からか、アーケード版はタイトーのマザーシステムを使用せず[2]MVSを採用し販売された。しかし当作品の販売実績により、次回作『2』 - 『4』まではタイトーF3システムに移行された。

第1作の『パズルボブル』は全30面の1人プレイ&3試合2回勝利の2人対戦プレイ式の作品。2人で対戦する2P対戦がある。

プレイヤーは4方向レバーとボタンで、画面最下部に固定されている発射台を操作する。レバー左右または上で発射角を調整しボタンで泡を発射する(レバーの下方向は不使用)。面にはあらかじめ泡が配置されており、泡同士が触れると接着、同じ色の泡を3つ以上つなげると消滅する。またその消滅により、天井からのつながりから外れた泡も一緒に消し飛ぶ。一定数発射すると天井が泡一段分下がり、泡が発射台の高さまで降りてくるよりも先に全て消せば面クリアとなる。

バブルは左右の壁に当たるとピンボールの玉のように跳ね返る特性があるため、バブルの隙間を反射技を使ってすり抜けて大量のバブルを消すという技などがある。

なお、日本国外でのタイトルは「Bust a move」であり、このためにエニックス(当時・現スクウェア・エニックス)は、『バスト ア ムーブ』の日本国外版でのタイトルを「Bust a Groove」に変更した。

1997年にサントラ「パズルボブル ばらえてぃ」が発売され、パロディウスだ!のサントラと同じく、効果音集が収録されている。その為こちらもテレビ番組で使われている事が多い。

パズルボブル ポケット[編集]

パズルボブル ポケット
ジャンル アクションパズル
対応機種 PlayStation Portable
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1人
発売日 2004年12月22日
テンプレートを表示

2004年に発売されたタイトー初のPlayStation Portable用のゲームタイトル。1人用。

  • シングルゲーム - PSPの画面比率から、横に並ぶ泡の数が増えている。
  • VSゲーム - 対CPUの勝ち抜き戦。
  • エンドレスゲーム
  • サバイバルゲーム - 勝利後のフィールドがリセットされないシビアな勝ち抜き戦。

パズルボブルDS[編集]

パズルボブルDS
ジャンル アクションパズル
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 ランカース
発売元 タイトー
人数 1 - 2人
発売日 2005年8月25日
テンプレートを表示

2005年に発売されたニンテンドーDS版。通常はプレイ画面が下、スコアが上画面に配されるが、対戦では1Pと2Pがそれぞれ上下画面に表示される。

  • クラシックスタイル - 従来のモード
  • DSスタイル - アレンジモード
    • パズル - 獲得したアイテムを泡に装填し、ボタンの選択で任意に発射できる。
    • エンドレス
    • エディット

Wiiウェア・Xbox Live版[編集]

PUZZLE BOBBLE Wii
PUZZLE BOBBLE Live!
ジャンル アクションパズル
対応機種 WiiWiiウェア
Xbox 360Xbox Live Arcade
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1 - 2人
発売日 [Wii]2009年4月7日
[360]2009年9月30日
テンプレートを表示

2009年に発売されたリメイク版。全135ステージで、追加ステージの購入が可能。Xbox Live Arcade版はオンライン対戦も追加された。

  • 1P PUZZLE - 従来のモード
  • BATTLE - 2人用もしくは対CPUの対戦モード

iPhone版[編集]

iPhone / iPod touch版はタイトルこそ第一作と同じであるが、バブルンがちゃっくんの家族を助けるために6つのドーム(各30面)を旅するというストーリーになっている。

操作はスリングショットひっぱって!!パズルボブル)と、指でバブルをはじくタップショットの2つ。Bluetoothを用いた対戦モードやエンドレスのとことんモードも搭載されている。

シリーズ作品[編集]

ライセンス作品[編集]

タイトーからのライセンスにより、他社で制作販売されたタイトルも存在する。

非ライセンス作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後半面には『ダライアス』の星座なども登場する。
  2. ^ 当初は単体基板でのリリースを想定して開発されていた為、開発基板としてのバージョンも現存しており、後にmameにも対応している。

外部リンク[編集]