バッティスタ・デ・アンドラーデ級コルベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バッティスタ・デ・アンドラーデ級コルベット
NRP Baptista de Andrade DN-SD-01-04938.JPEG
艦級概観
艦種 コルベット
就役期間 1974年〜
前級 ジョアン・コーチニョ級
次級 ヴィアナ・ド・カステロ級
性能諸元
排水量 満載排水量: 1.380トン
全長 84.6m
全幅 10.3m
吃水 3.58m
機関 OEW ピルスティク 12PC2 V400
ディーゼルエンジン (10,560bhp)
2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 22ノット (41 km/h)
航続距離 5,900海里 (10,900 km) / 18ノット
乗員 士官11名+曹士111名
兵装 Mle.68 100mm単装砲 1門
40mm単装機関砲 2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管
※後日撤去
2基
C4I ヴェガ・ポルックス戦術情報処理装置
レーダー AWS-2 対空捜索用
※後日撤去
1基
タレス・ポルックス 射撃指揮用 1基
デッカTM626 航法用 1基
ソナー TSM-2630 ディオドン
※後日撤去
1基

バッティスタ・デ・アンドラーデ級コルベット (スペイン語: corbetas de las clases Baptista de Andrade) は、ポルトガル海軍コルベット1972年から1973年にかけて4隻が建造され、1974年より順次に就役を開始した。2010年5月現在、2隻が配備されている。

概要[編集]

本級は、先行するジョアン・コーチニョ級コルベットの発展型として開発された。設計は引き続きポルトガル海軍のホジェリオ・ドオリヴェイラ設計官が、建造はスペインバサン造船所およびドイツブローム・ウント・フォス社が担当した。

当初、本級は、アフリカにポルトガルが有していた植民地を防衛するとともに、対潜戦を遂行できる小型の護衛駆逐艦として開発された。ディオドン・ソナーおよびMk 32 短魚雷発射管によって最低限の対潜火力を備え、また船体後部にヘリコプター甲板を備えることによって哨戒ヘリコプターの運用支援も行なうことができたことから、より大型のフリゲートとともに洋上での護衛任務を行なう計画であった。また対地火力も強化され、ジョアン・コーチニョ級コルベットではMk.33 3インチ連装砲が搭載されていたのに対し、本級ではMle.68 100mm単装砲とされた。

しかしながら、就役した直後より、本級は能力の限界を指摘されていた。対潜火力は短射程のものに過ぎず、より大射程のアスロックなどは搭載できなかったし、ソナーの探知距離も限定的であった。また一切のミサイルを搭載せず、対空・対水上火力はいずれも砲熕兵器に頼っていた。ポルトガルの植民地戦争が終結して植民地ポルトガル海上帝国)が相次いで独立を達成し、ポルトガル海軍の行動範囲が狭まった直後の1977年コロンビア海軍への売却が検討されたものの、これは実現しなかった。

冷戦が終結し、また船体の老朽化も進んだことから、本級の任務は現在、ほぼ哨戒任務に限定されている。これに伴い、運用コスト低減のため、1999年から2000年にかけて、AWS-2低空警戒・対水上レーダー、ディオドン・ソナーおよびMk 32 短魚雷発射管を撤去されており、現在の本級はほぼ哨戒艦艇に近いものとなっている。

1988年における艦影(3番艦)
2009年における艦影(2番艦)
1988年には煙突前方のマスト上にAWS-2レーダー、また艦尾甲板上にMk.32 魚雷発射管が搭載されていたが、2009年にはいずれも撤去されている。


同型艦
# 艦名 起工 就役 退役
F486 バッティスタ・デ・アンドラーデ
NRP Baptista de Andrade
1972年 1974年 2007年
F487 ジョアン・ロビー
NRP João Roby
1972年 1975年 就役中
F488 アフォンソ・セルケイラ
NRP Afonso Cerqueira
1973年 1975年 就役中
F489 オリヴェイラ・エ・カルモ
NRP Oliveira e Carmo
1972年 1976年 1999年

参考文献[編集]

外部リンク[編集]