ハ・リス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハ・リス
プロフィール
生年月日 1975年2月17日
現年齢 39歳
出身地 韓国の旗 韓国京畿道城南市
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 168 cm / 48 kg
BMI 17
スリーサイズ 86 - 61 - 89 cm
活動
デビュー 1991年:テレビドラマ
モデル: テンプレート - カテゴリ
ハ・リス
各種表記
ハングル 하리수
発音: ハ・リス
日本語読み: は・りす
ローマ字 Harisu
各種表記(本名)
ハングル 이경은
漢字 李慶恩[1]
発音: イ・ギョンウン
ローマ字 Lee Gyeong-eun
テンプレートを表示

ハ・リス(Harisu、1975年2月17日 - )は、韓国女優歌手モデルである。生物学上、男性として生まれ、1990年代性別適合手術を受けた。韓国初のトランスジェンダー芸能人[要出典]2002年に韓国で初めて、戸籍上の性別変更が認められた。芸名は、英語の「hot issue」の発音からきている。日本ではハリスの表記も用いられる。

2001年に、ドド化粧品CMに出演。CMは大成功を収め、彼女が本格的に芸能活動を始めるきっかけになった。彼女はこれまで、テクノR&Bジャンルの音楽アルバムを5枚発表している。俳優としては映画『イエローヘア2』を皮切りに、『嗨、親愛的』『桃色』などに出演。

2007年5月19日に、2年間交際したミッキー・チョン結婚した[1]

生い立ち[編集]

ハリスは韓国京畿道城南市に、イ・ギョンヨプ(漢字: 李慶曄)[1]として生まれた。5人兄弟の次男である[2]。生物学上、男性として生まれたが、早い段階で自分は女性であると思った[2]。彼女は後に、「私は常に人形で遊ぶのが好きな女の子だった」と振り返っている[3]。家族や級友は、それに気づいており、その中のある人物は彼女が女性の様なふりをしていたと述べている[2][4]

学生時代に男性との関係が失敗に終わった時に、彼女は性別を変える必要性を感じた[4][5]。そして、男子高校を卒業する時までには、ホルモン療法をしていた[6]兵役は、彼女の性同一性障害が「精神病」と判定された為、免除されている[7][7][8]1990年代末までには、性別適合手術と胸•尻•鼻の整形手術を行った。手術は韓国と日本で受けた[9][2]

ハリスは兵役を免除された後、数年間、日本に住んでいた。美容師になる為の勉強をする傍ら[2][8]芸能事務所スカウトされて、ナイトクラブ歌手としても働いていた[8][10]2000年に韓国に戻り[2]、芸能事務所TTMエンターテインメントと契約した。芸名は、英語の「ホット・イシュー(hot issue)」の発音からとり、「ハリス」とした[11][12]

経歴[編集]

1991年テレビドラマに出演し、デビュー。90年代は映画やテレビドラマでの端役をこなした[3][8]。彼女の大きなブレークは、2001年前半に訪れた。それは、ドド化粧品テレビCMへの出演がきっかけだった。CMは彼女がのどぼとけを強調して、性転換者であることを仄めかす内容だった。なお、ハリスには突出した喉仏がない事から、CMではデジタル加工が施されている。ドド化粧品はCMを放送する事に慎重で、もし否定的な反応が多かった場合は、すぐに放送を中止する準備が出来ていた。しかし、CMは大成功を収め、瞬く間にハリスは有名人になった。韓国初のトランスジェンダー芸能人として多くのメディアが、関心を寄せた。彼女は、「女性より美しい」と評された[8][13]。彼女は、メディアに出演する理由を「私はごまかして人々と向き合いたくない。私は結局それを隠す事ができない。それを最初から明かす事はより良いと思った」と述べている[13]

2001年6月に、KBSで彼女のドキュメンタリー番組が放送された。番組は彼女の幼少期から芸能界デビューに至るまでの経歴や家族との関係を取り上げた[5]。同年、映画『イエローヘア2』の主要人物にキャスティングされた。彼女は性転換者役を演じたのに加えて、映画のサウンドトラックの為に歌を歌った。

2001年に自伝『イブになったアダム』を発表。また、ダンスユニットTURBOミュージックビデオにも出演した。同年9月に、テクノのポップスを混合したスタイルの曲とスローバラードを収録したデビューアルバム『Temptation』を発表した。韓国の音楽チャートMIAKのK-POPアルバムチャートで最高32位を記録[14]

2002年12月12日仁川裁判所で性別の変更が認められ、本名を男性名の「イ・ギョンヨプ」から女性名の「イ・ギョンウン」に改名 [15]

以後、テレビドラマなどで引っ張りだこになり、2004年に放送されたテレビドラマ『震える胸』では、ニューハーフ役を演じた。同年の映画桃色』(2004年)で日本の女優・松坂慶子との共演を果たす一方、台湾で女性用生理用品のCMに出演。

2005年には台湾で下着ブランド「swear」のモデルを務め、2006年にはアメリカの化粧品ブランド「キス&ネイチャー」のCMに出演するなど、継続して活発な活動を見せている。

2006年、日本のレコード会社Formula Recordingsとマネージメント契約し、日本での活動を本格的にスタート。

2007年2月24日ハリスの誕生日パーティーで結婚を発表。相手は6歳下のラッパーミッキー・チョン。同年5月19日ソウル市内のセントラルシティー性別適合手術担当医を媒酌人に迎え挙式を行った[1]

2009年5月、ソウルの狎鴎亭(アックジョン)にクラブミックストランスをオープンした。

人物[編集]

  • 身長168cm、体重48kg。
  • 日本での留学経験があり、日本語が話せる。
  • 完璧な女性になる為に日本に渡った為、日本への思い入れも強く日本を「第2の故郷」と語っている。また、日本で本格的な活動を始めた際は「日本で活動を始めるというのは私にとってただの外国ではない、気持ちが違う」と語っていた[9]

出演[編集]

テレビ番組(日本)[編集]

など

書籍[編集]

  • ハリスビューティー(山岸伸・撮影、2008年、竹書房) - フォトエッセイ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 性転換の美人女優、ハリスが結婚 - 韓国 AFPBBニュース 2007.5.21付記事
  2. ^ a b c d e f Li Ee Kee, "Eve from Adam", The Star Online, September 19, 2005. A copy of this article can be read at TNUKdigest. Retrieved on April 27, 2007.
  3. ^ a b Kang Kyong-hee, "Makeup Ad Features First Transsexual on TV", The Digital Chosun, March 29, 2001. Retrieved on April 27, 2007.
  4. ^ a b Gina Choon, "Adam to Eve", Asiaweek.com, September 14, 2001. Retrieved on April 27, 2007.
  5. ^ a b Lee Seung-Heon, "Ha Ri-Soo, Who Became a Woman: Story Behind", dongA.com, June 3, 2001. Retrieved on April 27, 2007.
  6. ^ Cindy Friedman et al., transcript for "NewsWrap" on This Way Out program #706, October 10, 2001. Retrieved on May 5, 2007.
  7. ^ a b Christopher Torchia, "Transsexual entertainer testing the boundaries of South Koreans' Confucian ideals", The Korea Times, September 20, 2001. Retrieved on April 27, 2007.
  8. ^ a b c d e Markus Augustus, "Harisu Superstar", Giant Robot, issue #28 p.56-59.
  9. ^ a b 2008年7月号「Body+」インタビューより
  10. ^ "Court makes it official – he's now a woman", The Straits Times, December 22, 2002. A copy of this article can be read at TNUKdigest. Retrieved on April 27, 2007.
  11. ^ Peter Yap, "She's a lady", Sun2Surf, September 6, 2005. Retrieved on May 5, 2007.
  12. ^ "Who is the Real 'Hot Issue'?", Korea Now, November 29, 2003. Retrieved on May 5, 2007.
  13. ^ a b Park Soo-in, "Harisu Redefines Gender Identity", The Korea Times, June 28, 2001. Retrieved on May 6, 2007.
  14. ^ K-pop album chart, September 2001, Music Industry Association of Korea. Retrieved on June 3, 2007. Note: although the information was verified on the retrieval date, the website has since been taken down and no archive copy is available.
  15. ^ MILK. “【韓国】 性同一性障害のハリスさん、戸籍変更認められる”. 2008年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]