チャーリー、転送を頼む

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャーリー、転送を頼む(チャーリー、てんそうをたのむ、Beam me up, Scotty転送してくれ、スコッティ)は、SFテレビシリーズ『スタートレック』の最初の作品である『宇宙大作戦』から生まれた言葉である。作品中で、宇宙船エンタープライズ号の船長である主人公のカークがどこか他の場所からエンタープライズ号へ転送帰還するとき、機関主任のチャーリー[1]に発する命令に由来している。

この言葉が作品中で実際に使用されたのは『宇宙大作戦』第76話「惑星アーダナのジーナイト作戦」(原題:The Cloud Minders)のラストシーンだけである[要出典]。その他実際に使用された科白の中で近いものは映画『スタートレックIV』での「チャーリー、転送だ」[2]や、同じく映画『ジェネレーションズ』での「とにかく転送しろ」[3]、さらにはアニメーション『まんが宇宙大作戦』のエピソード「惑星ファイロスの巨人」での「戻るぞ、転送してくれ」[4]などがある。

また、「スコッティ、転送を頼む。ここにはどんな知的生命体もいない」[5]というフレーズが使われたバンパーステッカーが存在する。

多数の人が目にしており、シャーロック・ホームズの「初歩的なことだよ、ワトソン君」や真田志郎の「こんなこともあろうかと開発しておいた」などと同様によく知られた引用である。

チャーリーを演じた俳優ジェームズ・ドゥーハンは、後に自叙伝の題名としてこのフレーズを使用している[6]

アメリカ合衆国の下院議員であるジェームズ・トラフィカントは、「転送を頼む」をキャッチフレーズとした。

カーク船長を演じたウィリアム・シャトナーが執筆したスタートレックのオリジナル小説作品 "The Ashes of Eden" のカセットブックではこの通りの科白をシャトナー自身が喋っている。


  1. ^ 『宇宙大作戦』の日本語吹替え版では、機関主任のキャラクター名がスコットからチャーリーに変更されている。
  2. ^ Scotty, beam me up
  3. ^ Beam them out of there, Scotty
  4. ^ Beam us up, Mr Scott
  5. ^ Beam me up Scotty. There's no intelligent life down here.
  6. ^ James Doohan, Peter David, Beam Me Up, Scotty, Pocket Books, 1996, ISBN 978-0-671-52056-4

他作品での使用[編集]

  • アニメ『サウス・パーク』第2シーズンのエピソード「プらりったリウム狂騒曲」では、プラネタリウム入口のアーチに パロディが書かれているのを読み取ることができる。
  • アストラルソフトウェアが1986年に発売した迷路パズルゲーム『XOR』ではワープ場所に「BMUS」と書かれているが、これは "Beam me up, Scotty. の頭文字をとったものである。
  • ドイツのプランBというロックバンドが 1989 年に発売した LP レコード「温室効果」には "Beam me up, Scotty (this planet sucks)" という曲が収録されている。
  • R・ケリーのシングルレコード「ロック・スター」には "call me Scotty, because I'm about to beam up" というフレーズが含まれている。
  • スターゲイト SG-1』の第4シーズンのエピソード「改造デスグライダー」では、ジャック・オニールとティルクをどうやって収容するかというジェイコブ・カーターの質問にダニエル・ジャクソンが「「ビーム転送」はできないか」と答えたのに対し、カーターが原語版では「Beam them out? What am I, Scotty?」と返している(日本語吹き替えでは「ビーム転送?トールじゃないんだぞ?」とスタートレックの様な転送装置を持つ種族の仲間の事にだけ言及している。なお、作中では地球人も一応転送装置を持っているが、送受信機に当たる「転送リング」とそれを展開できる空間が必要)。
  • NBC系のテレビドラマ『HEROES』では、「空間をねじ曲げて、地球上のどこにでもテレポートが出来るのさ」と話すスタートレック好きの登場人物ヒロ・ナカムラに対して、友人アンドウが「この話を続けるには酒が必要だ。スコッティ、転送してくれ!」と冗談を言うシーンがある(英字幕では「"Beam us up, Scotty".」)。

関連項目[編集]