チャック・ケアリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャック・ケアリー
Chuck Cary
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州
生年月日 1960年3月3日(54歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 MLBドラフト7巡目
初出場 MLB / 1985年8月22日
NPB / 1992年4月11日
最終出場 MLB / 1993年10月2日
NPB / 1992年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

チャック・ケアリーChuck Cary/Charles Douglas Cary, 1960年3月3日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

1987年1月27日テリー・ハーパーおよびフレディー・ティブルシオとの2対2のトレードで、ランディー・オニール英語版とともにアトランタ・ブレーブスへ移籍[1]1989年ニューヨーク・ヤンキースへ移籍すると、1990年には27試合に先発して[1]ローテーションの一角を担った。しかし1991年は左ヒジ故障のため1勝に終わり、9月に手術を受けている[2]12月24日に年俸6,500万円で巨人への入団が決まった[2]

1992年は左ヒジの手術の後遺症もなく[3]オープン戦では速球を低めに集め、先発とリリーフのどちらでも対応できると見られた[3]。開幕後はクローザーとして起用され、4月12日には初セーブを挙げたが、3試合目の登板となった4月14日の対広島戦で救援に失敗し、クイックモーションが使えないという欠点も明らかになった[4]。5月以降は先発としても起用され、6月7日の対中日戦では8回1失点で初勝利を挙げている。シーズン終了後に退団し、翌1993年シカゴ・ホワイトソックスでプレーした。なお、自身の背番号55は翌年以降は松井秀喜が付けている。

プレースタイルなど[編集]

長身から投げ下ろす140km/h台の速球と、シンカーが持ち味だった[5]。一方で、クイックモーションが使えない事もあり、走者が出ると集中力を削がれやすかった[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 DET 16 0 0 0 0 0 1 2 -- .000 95 23.2 16 2 8 1 2 22 0 0 9 9 3.42 1.01
1986 22 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 140 31.2 33 3 15 4 0 21 1 1 18 12 3.41 1.52
1987 ATL 13 0 0 0 0 1 1 1 -- .500 70 16.2 17 3 4 3 1 15 1 0 7 7 3.78 1.26
1988 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 39 8.1 8 1 4 0 1 7 1 0 6 6 6.48 1.44
1989 NYY 22 11 2 0 1 4 4 0 -- .500 404 99.1 78 13 29 6 0 79 6 1 42 36 3.26 1.08
1990 28 27 2 0 1 6 12 0 -- .333 661 156.2 155 21 55 1 1 134 11 2 77 73 4.19 1.34
1991 10 9 0 0 0 1 6 0 -- .143 247 53.1 61 6 32 2 0 34 2 1 35 35 5.91 1.74
1992 巨人 19 5 0 0 0 3 5 1 -- .375 235 52.1 54 6 29 3 0 35 2 3 29 21 3.61 1.59
1993 CWS 16 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 96 20.2 22 1 11 0 3 10 4 0 12 12 5.23 1.60
MLB:8年 134 47 4 0 2 14 26 3 -- .350 1752 410.1 390 50 158 17 8 322 26 5 206 190 4.17 1.34
NPB:1年 19 5 0 0 0 3 5 1 -- .375 235 52.1 54 6 29 3 0 35 2 3 29 21 3.61 1.59

記録[編集]

MLB
NPB
  • 初登板:1992年4月11日、対横浜大洋ホエールズ1回戦(横浜スタジアム)、7回裏1死に2番手で救援登板・完了、2回2/3を3失点
  • 初奪三振:同上、7回裏に山崎賢一から
  • 初セーブ:1992年4月12日、対横浜大洋ホエールズ2回戦(横浜スタジアム)、9回裏に3番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初先発:1992年5月10日、対横浜大洋ホエールズ8回戦(横浜スタジアム)、2回5失点(自責点3)で敗戦投手
  • 初勝利・初先発勝利:1992年6月7日、対中日ドラゴンズ9回戦(東京ドーム)、8回1失点

背番号[編集]

  • 43 (1985年 - 1986年)
  • 36 (1987年 - 1988年)
  • 51 (1989年 - 1991年)
  • 55 (1992年)
  • 46 (1993年)

脚注[編集]

  1. ^ a b baseball-reference.com Chuck Cary
  2. ^ a b 読売新聞、1991年12月25日付朝刊、P.19
  3. ^ a b 読売新聞、1992年3月24日付朝刊、P.13
  4. ^ a b 読売新聞、1992年7月14日付朝刊、P.21
  5. ^ 読売新聞、1992年1月29日付朝刊、P.21

関連項目[編集]

外部リンク[編集]