チボル・ゾルターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、ヨーロッパ風にゾルターン・チボルと表記することもあります。
チボル・ゾルターン Football pictogram.svg
名前
本名 チボル・スハイ・ゾルターン
ラテン文字 Zoltan Czibor
ハンガリー語 Czibor Zoltán
基本情報
国籍 ハンガリーの旗 ハンガリー
生年月日 1929年8月23日
出身地 カポシュヴァール
没年月日 1997年7月8日(満67歳没)
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1945-1948
1948-1950
1951-1952
1953-1958
1958
1958-1961
1961-1962
1962
1962
1963
ハンガリーの旗コマーロミMAV
ハンガリーの旗フェレンツヴァーロシュ[1]
ハンガリーの旗チェペルSC
ハンガリーの旗ブダペスト・ホンヴェード
イタリアの旗ASローマ
スペインの旗FCバルセロナ
スペインの旗RCDエスパニョール
スイスの旗FCバーゼル
オーストリアの旗アウストリア・ウィーン
カナダの旗トロント・シティ
代表歴
1949-1956 ハンガリーの旗 ハンガリー 43 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

チボル・ゾルターンハンガリー語:Czibor Zoltán、1929年8月23日 - 1997年7月8日)は、ハンガリー出身の元サッカー選手。ポジションはFW(左ウイング)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

若い頃は、電車機関士として働きながら地元のアマチュアクラブでプレーをしていたが、1948年にフェレンツヴァーロシュTCへ入団すると、1948-49シーズンに17得点を挙げリーグ制覇に貢献した。チェペルSCを経て、1951年にブダペスト・ホンヴェードへ移籍し、中心選手として活躍した。ハンガリー時代にはリーグ戦175試合出場100得点を記録した。

ホンヴェードでは1954年、1955年とリーグ連覇を達成し、1955年には20得点を挙げ得点王となったが、翌1956年にUEFAチャンピオンズカップ1回戦のアスレティック・ビルバオ戦の為に遠征中にハンガリー動乱が発生。1958年にラディスラオ・クバラの勧誘によりシャーンドル・コチシュと共にスペインのFCバルセロナへ移籍した。

バルセロナでは1958年9月14日のバレンシアCF戦でリーグデビューを飾ると、中心選手として1959年、1960年のリーグ連覇、1960年のインターシティーズ・フェアーズカップUEFAカップの前身)決勝のバーミンガム・シティ戦では2得点を決め優勝に貢献。1960-61シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは準優勝に貢献した。

ハンガリー代表[編集]

ハンガリー代表としては、1949年5月8日のオーストリア戦で代表デビューを飾る。彼はプスカシュ・フェレンツコチシュ・シャーンドルヒデクチ・ナーンドルらと共にマジック・マジャールと賞賛された伝説的なハンガリー代表の中心選手として、1952年のヘルシンキオリンピック金メダル、1953年にウェンブリー・スタジアムで行われたイングランドとの親善試合における勝利、1954年のFIFAワールドカップ・スイス大会準優勝などに貢献。1956年10月14日のオーストリア戦で退くまで国際Aマッチ43試合出場17得点を記録した。

その後[編集]

FCバルセロナでは成功を収めたが1961年を最後に退団。その後は短期間に複数のクラブを渡り歩いたが、1962年限りで現役を引退した。その後はハンガリーへ帰国し、1997年9月7日に死去した。68歳没。

脚注[編集]

  1. ^ フェレンツヴァーロシュは1949年から1950年の間は、エードスSEという名称で活動していた。

外部リンク[編集]