ジェンゲッレール・ジュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にジュラ・ジェンゲッレールと表記することもあります。
ジェンゲッレール・ジュラ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Gyula Zsengeller
ハンガリー語 Zsengellér Gyula
基本情報
国籍 ハンガリーの旗 ハンガリー
生年月日 1915年12月27日
出身地 ツェグレード
没年月日 1999年3月2日(満83歳没)
身長 177cm
体重 73kg
選手情報
ポジション OHCF
代表歴
1936-1947 ハンガリーの旗 ハンガリー 39 (33)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジェンゲッレール・ジュラハンガリー語: Zsengellér Gyula1915年12月27日-1999年3月2日)は、ハンガリー出身のサッカー選手。ポジションはフォワード/ミッドフィルダー

経歴[編集]

1938年ワールドカップフランス大会で得点王になったレオニダス(7ゴール)に次ぐ6ゴールを挙げチーム初の決勝進出を支えたプレーヤー。

代表は1936年にデビュー相手は強豪イングランドだった(2-6で大敗)。通算成績は39試合32ゴール。これはハンガリー代表史上歴代8位の記録である。

クラブでも活躍はめざましく、ハンガリーのリーグ戦で1935年から1947年までに325試合に出場してに387ゴールを挙げた。これもハンガリー史上3位のゴール記録である。1935年、サルゴタルヤニでデビューするといきなり19ゴールをマーク。そして次のシーズンに11シーズン過ごすことになるウーイペシュトFCへ移籍。そこでも高い決定力を見せると、11年で368ゴールを挙げた。これは1シーズン平均33.5ゴールを挙げていることになる。

19381939194319441945年に5度も得点王になっており、特に1939,1945シーズンは56,36ゴールで欧州でのシーズン得点王(今でいうゴールデンブーツ)に輝いている。1947年シーズン途中イタリアのローマに移籍。1949シーズンにはアンコナに移籍するもイタリアの3シーズンは不本意な結果で終わった。1年間をおいてコロンビアのデポルティボ・サマリオに所属し、37歳のキャリアを終える。引退後は、多くのクラブの監督を務めた。

1999年ニコシアにて83歳でこの世を去った。

所属クラブ[編集]

外部リンク[編集]