ダブルドラゴンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダブルドラゴン (DOUBLE DRAGON) シリーズは、テクノスジャパンから発売されたビデオゲームシリーズ名。漢字表記は『双截龍』。

シリーズ作品[編集]

  • 『ダブルドラゴン』(DOUBLE DRAGON)
  • 『ダブルドラゴンII ザ・リベンジ』(DOUBLE DRAGON II The Revenge)
  • 『ダブルドラゴン3 ザ・ロゼッタストーン』(DOUBLE DRAGON 3 The Rosetta Stone)
  • 『リターン・オブ・ダブルドラゴン』(RETURN OF DOUBLE DRAGON)
  • 『ダブルドラゴン』(ネオジオ版)(DOUBLE DRAGON)
  • ダブルドラゴン アドバンス』(DOUBLE DRAGON ADVANCE)
  • 『ダブルドラゴン』(Zeebo)(DOUBLE DRAGON)
  • 『ダブルドラゴン』(iPhoneiPod TouchAndroid)(DOUBLE DRAGON)
  • 『ダブルドラゴン ネオン』(DOUBLE DRAGON NEON)

ダブルドラゴン[編集]

アーケード版の一作目は1987年発売。前年の同社ヒット作『熱血硬派くにおくん』の正統後継作として誕生し、ビデオゲームにおいてベルトスクロールアクションゲームというジャンルを確立させた本作はブルース・リーを愛する開発者たちによって作られた。

シリーズ名の『ダブルドラゴン』は、2人の主人公であるビリー・リージミー・リーの兄弟のことを指す。リー兄弟が使う「双截拳(そうせつけん)」の代表技は、空中で360度以上の軸回転をしながら周囲の敵を蹴る「龍尾嵐風脚」。ただし、初代版ではこの技は使用できない。

テクノスジャパンを代表する作品の一つであり、敵を殴ったときの爽快感、そしてタイトル画面とラストステージで流れる「ダブルドラゴンのテーマ」は非常に人気が高い。同社のファミコン作品である『ダウンタウン熱血物語』でリー兄弟をモチーフにした敵キャラクターの服部竜一&竜二が登場する際はアレンジ版の「ダブルドラゴンのテーマ」を流している。

一作目のバックストーリーは、功夫の道場を営むリー兄弟が暴力組織「ブラック・ウォリアーズ」 に誘拐されたマリアンを救出するという王道的なものになっている。その他の詳細は業務用初代を参照。

ファミコン(1988年4月8日発売)とゲームボーイ1990年7月20日発売)にも移植されたが、2人同時プレイとコンティニュー機能が削除されて、オリジナルの敵キャラクターに拳法家のチン・タイメイが登場する。しかもファミコン版では戦い方によって使用できる技の数が増えていくレベル制が導入された上に、ジミー・リーが最終ボスとして登場したり、2P対戦モードでリー兄弟以外のキャラクターが選べる(ただし同キャラクター戦のみ)など、業務用とは完全に別物になってしまった。

セガ・マークIII版(1988年8月1日発売)では2人同時プレイが可能になり、ファミコン版より業務用に近い内容になっている。

Xbox 360版(2007年5月9日発売)はXbox Live Arcadeにてダウンロード配信され、シリーズ初のオンライン協力プレイに加え、ユーザーのやり込み度がわかる実績システム、世界ランキングシステムに対応している。もちろんオフラインでの2人同時プレイも可能で、HD画質にも対応している。本作の移植は国内外で様々なゲーム機やPC等に行われたが、アーケード版の完全移植はその20年後に登場したXbox 360版が初である。その後、このXbox 360版は提供元の倒産により配信終了となった(2012年2月現在、Xbox Live Arcadeの配信タイトル一覧から消えており、ダウンロードできない)。

実は外国でアニメ版や実写映画が製作されている。アニメ版では若干設定が異なり、マリアンは婦人警官である。

ダブルドラゴンII ザ・リベンジ[編集]

アーケード版は1989年発売。使用基板は前作の流用なので、続投キャラクターのデザインはほとんど顔グラフィックと色の変更程度になっている。冒頭では前作で救出したマリアンがウィリーに射殺され、ゲームの雰囲気はさながらマリアンの弔い合戦とも言える物であった。攻撃操作は前作と異なり、左右攻撃ボタンとその中央にジャンプボタンを配しているシステムで、アーケード版『熱血硬派くにおくん』に近い物になっている。前作で圧倒的な威力を誇った肘打ちは、よほど接近して出さない限り敵がしゃがんで避けてしまうようになった上に、肘打ちを使う雑魚キャラクターまで存在する。また主人公が武器による攻撃で受けるダメージが前作と比べて軽減されており、特に前作の最終ボスであるウィリーのマシンガンで即死しなくなっている。

ファミコン版は1989年12月22日発売。前作では不可能だった2人同時プレイが出来るようになった。攻撃操作はアーケード版とほとんど同じだが、比較的簡単な操作で出せる必殺技が追加されている(これらの必殺技は後述の『ダブルドラゴン アドバンス』にも登場する)。必殺技は「竜尾嵐風脚」(回し蹴り)・「天殺龍神拳」(アッパーカット)・「爆魔龍神脚」(膝蹴り)の3種類で、敵キャラクターにヒットすると遠くへ吹き飛び、効果音は爽快感がある。アーケード版の前作とデザインが同じだったジェフとウィリーの代わりに、中ボスにクンフー使いの「右腕」とシリーズ初登場の「忍者」が追加された。ファミコン版の最終ボスには「幻殺拳 (げんさつけん)」使いの「謎の格闘家」が登場し、最終ステージでの戦いで流れるBGM「双龍の雄叫び」は、第1作をリメイクした作品である『ダブルドラゴン アドバンス』でも収録されている(『ダブルドラゴン アドバンス』での曲名は「FIGHT OF FATE」)。

日本ではアーケード版ベースのメガドライブ版(1991年12月20日発売)とファミコン版ベースのPCエンジン版(1993年3月12日発売)が発売された。PCエンジン版では音声付きのビジュアルデモが付加され、ビリー(声:堀川りょう)、ジミー(声:神奈延年)、マリアン(声:江森浩子)の喋るシーンがある。

本作ではジミーが白づくめの格好(ファミコン版とPCエンジン版ではベストとズボンは赤色に戻っている)をしていたり、リンダがモヒカン頭になっているなど、キャラクターのデザインが色物じみている。

海外では、ゲームボーイで『Double Dragon II』が発売されたが、これは『熱血硬派くにおくん 番外乱闘編』のキャラクターを『ダブルドラゴン』の人物に置き換えた変則的な移植版であり、本来の『ダブルドラゴンII』とは全く異なる内容になっている。

ダブルドラゴン3 ザ・ロゼッタストーン[編集]

アーケード版は1990年発売。修行の旅に出ていたリー兄弟(=標準型キャラクター)は、ある時ヒルコ(蛭子)と名乗る老婆から「ロゼッタストーン」の話を聞き、その謎を追って世界各地を転戦する。成真カラテの師範代の大山兄弟(=スピード型キャラクター)とマーシャルアーツの世界チャンプのユキーデ兄弟(=パワー型キャラクター)と太極拳の名手の陳兄弟(=特殊型キャラクター)の3組のキャラクターが新たに加わった本作は、最大で3人同時プレイが可能で、3人目のプレイヤーがリー兄弟を選択すると「ソニー・リー」という幻の三番目のリー兄弟が使用可能になる。先にテクノスジャパンがリリースした『コンバットライブス』と同じく残機無しのライフ制であり、クレジットの追加投入でライフを増やす事が出来る。攻撃操作は初代と同様のパンチ・キック・ジャンプ形式に戻っている。また、ダッシュという要素も加えられた。1面のアメリカではブラック・ウォリアーズの残党と対決する。最終面のエジプトに控えるボスは、甦ったクレオパトラが登場する。先に出た海外版は日本国内版とシステムが異なり、武器や仲間をステージ開始時やステージ中に隠されているショップでクレジットを実際に投入して購入しなければならない(国内でのロケテスト版でも同じ仕様だった)。

ファミコン(1991年2月22日発売)にも移植されたが、初代と同様に使用キャラクターの顔ぶれやゲームシステムがアーケード版と異なり、コンティニューは条件付で一度しか使えない。ユキーデ兄弟(4面のイタリアに外見が似たボスキャラクターが登場する)と大山兄弟が登場せず、チン兄弟がセイメイ(アーケード版の1Pキャラクター)のみになった代わりに、アーケード版の3面ボスキャラクターだった伊賀忍者の柳生乱蔵が使用可能になっている。ただし、チン・セイメイと柳生乱蔵は最初は2面の中国と3面の日本のステージボスとして登場して、彼らを倒した後で初めて使用可能になる。

リターン・オブ・ダブルドラゴン[編集]

1992年10月16日に発売されたスーパーファミコン作品。ストーリーは一応は初代ベースだが、オリジナルの敵キャラクターは雑魚のウィリアムスとローパーと中ボスのジェフしか登場しない。本作のリー兄弟の技はアーケード版やファミコン版に比べると大幅に増えていて、中には気力ゲージを使って出す必殺技もある。このゲームで初登場したスーツ男のスティーブと最終ボスのデュークは、それぞれ後に発売される『ダブルドラゴン アドバンス』とネオジオ版『ダブルドラゴン』に再登場した。

海外では『Super Double Dragon』の名で発売されているが、ゲームバランスが違っているほか、日本版には無いエンディング(ただし文章のみ)があるなどの細かい相違点がある。開発中の予定では、ボス戦前などに会話を入れる方針だったが、何らかの事情によりカットされている。カセットにはその名残として、使われなかった文字や顔グラフィック、未使用BGMなどが収録されている。原案のストーリーの一部は、海外のアニメ版の設定が使用されている。しかし、それはマリアンに関するものだったため、全く登場しなかった(海外のアニメ版では彼女は婦人警官という設定)。

ダブルドラゴン(ネオジオ版)[編集]

1995年3月3日に発売された対戦格闘ゲームで、SNKが販売を担当した。本作は1996年4月26日アーバンプラントによってプレイステーションに移植された。

登場キャラクターは、通常使用キャラクター10名とボス2名(家庭用では裏技で使用可能)の合計12名である。使用キャラクターにはリー兄弟の他に、元祖で囚われ役だったマリアンや、敵キャラクターだったアボボやブルノフなどがいる。中ボスは『リターン・オブ・ダブルドラゴン』に登場したデュークで、最終ボスは海外の実写映画版に登場したコガ・シューコーである。

ダブルドラゴン アドバンス[編集]

2004年3月5日アトラスから発売されたゲームボーイアドバンス作品。版権はミリオン。この日、テクノスジャパンのゲーム『ダウンタウン熱血物語』と『ダブルドラゴン』は共にリメイクされて発売された。どちらも移植ではなく、新たなアイデアを伴って手を加えられている。

『ダブルドラゴン アドバンス』では「変えるところは変えるが、それでいて旧作を知っている方も楽しめるようにオリジナルの良さを残す」という手の加え方が行われている。

Double Dragon V The Shadow Falls[編集]

1994年5月にアメリカのTradewestより発売された作品。日本では未発売。ネオジオ版と同じく、対戦格闘ゲーム。テクノスジャパンは一切関わっていないが、れっきとした正規品である(他のダブルドラゴンシリーズも、この会社より発売されている)。

アメリカで1993年から1994年まで放送されていたテレビアニメ版をモチーフにしている。ビリーとジミー以外の登場キャラクターはテレビアニメ版からの登場で、ミュータントやサイボーグのようなキャラクターが多い。また、リー兄弟はアニメの中では剣を使うため素手の格闘技は殆ど使わないなど、他の作品とは全く違った雰囲気となっている。

SNESとGENESIS、そしてAtari Jaguarで発売されたが、登場キャラクターや演出に若干の違いがある。

ダブルドラゴン ネオン[編集]

2013年12月12日アークシステムワークスからPlayStation 3のダウンロード専用ソフトとして発売された。

ストーリーやキャラクターは前作シリーズのオマージュやパロディで、本作の黒幕は怪人「スカルマゲドン」。グラフィックは3Dモデルで作られている。

業務用初代[編集]

操作方法[編集]

パンチ、ジャンプ、キックの3ボタンと8方向レバーでプレイヤーキャラクターを操作する。

パンチとキックは攻撃に使用して、ジャンプは穴を飛び越えるときや飛び蹴りを出す際などに使う。

パンチボタンとジャンプボタンの同時押しで肘打ち、キックボタンとジャンプボタンの同時押しでソバットを出せる。

飛び蹴りは他のベルトスクロールアクションと違い、ジャンプ中に押した攻撃ボタンによって出す方向が決まってしまう(要するにキックボタンだと右方向、パンチボタンだと左方向に飛び蹴りが出る)。

武器アイテムを拾うにはパンチボタンを使用するが、ドラム缶や岩石などの障害物はキックボタンで蹴り飛ばすことも可能。また、金属バットは手に持って振り回す。

登場キャラクター[編集]

登場人物名と設定はアーケード版『オリジナル・サウンド・オブ・ダブルドラゴン』ミュージックテープの解説文と家庭用移植版の説明書を参照している。

主人公側[編集]

ビリー・リー(Billy Lee)
1Pプレイヤーキャラクター。青い服で金髪の男性。家庭用版シリーズでは茶髪になっている[1]。恋人であるマリアンがさらわれた為、立ち上がる。名前の由来は『死亡遊戯』でブルース・リー扮する主人公ビリー・ロー。
ジミー・リー(Jimmy Lee)
2Pプレイヤーキャラクター。赤い服で黒髪の男性。家庭用版シリーズでは金髪になっている[1]。ビリーの助太刀を買って出るが、実はマリアンに惚れている。
マリアン(Marian)
誘拐されてしまったビリーの恋人。実は双截拳道場の女子部の師範代という、腕に覚えのある女性。

ブラック・ウォリアーズ[編集]

ウィリアムス(Williams)
タンクトップを着た雑魚キャラクター。金属バット、ダイナマイトナイフを持っていることもある。名前の由来は『燃えよドラゴン』でジム・ケリー扮するキャラクター。
ローパー(Rowper)
素肌にチョッキを着た雑魚キャラクター。性能はウィリアムスとほぼ同じだが、ドラム缶などの障害物を拾って投げつけることがある。 名前の由来は『燃えよドラゴン』でジョン・サクソン扮するキャラクター。
リンダ(Linda)
レオタードを着た女性の雑魚キャラクター。鞭を持って登場することが多い。鞭は威力が強く、ナイフと同じく1ライフ減る。
アボボ(Abobo)
中ボス級のマッチョな雑魚キャラクター。見た目どおりパワーがあるので、攻撃を受けると危機的状況に立たされる事が多い。髪型はスキンヘッドだが、ゲームボーイアドバンス版ではアフロもいる。
モヒカンアボボ(仮名)[2]
モヒカン頭でヒゲ面の大男。体格や使う技はアボボと同じ。1面と3面のボス。4面後半で雑魚キャラクターとして再登場する。3面の肌が緑色のものはゲームボーイアドバンス版でミボボと名付けられている。
ジェフ(Jeff)
リー兄弟と体格も使う技も瓜二つの2面ボス。後半になると雑魚キャラクターとして再登場する。日本の家庭用移植版ではマークIII版のみ登場で、名前がマークIII版から付けられた[2]。ファミコン版及びゲームボーイ版、ゲームボーイアドバンス版では登場しない。
ウィリー(Willy)
フルネームはウィリー・マッキー[3]。ブラック・ウォリアーズ(ゲームボーイアドバンス版ではシャドー・ウォリアーズに改名)の親玉で最終ボス。マシンガンを持っていて、これの乱射攻撃は当たるとほぼ一発ミスになる(アーケード版とマークIII版のみ)。また、マシンガンで殴りつけたり、後ろ蹴りをする事もある。
チン・タイメイ(Chin Taimei)
ファミコン版及びゲームボーイ版に登場した中国拳法の使い手。ジェフを差し替えた敵キャラクタ。

ステージ構成[編集]

登場ステージはゲームスタート地点から最終ステージの直前(敵のアジトの門前)まで途切れることがなく続いている。

  • MISSION 1(自宅前のストリート) - 特にトラップがないので、ザコの使う武器とアボボに気をつければ問題ない。ボスは茶色のモヒカンアボボ。
  • MISSION 2(町外れの寂れた工場) - このステージから落下すると死亡する場所が追加される。ボスは緑服のジェフ。
  • MISSION 3(森林地帯&アジトの門前) - このステージのみ2つの区切りがあり、中ボスに2体のアボボ、ボスに緑色のモヒカンアボボが登場する。
  • MISSION 4(ブラック・ウォリアーズの本拠地) - 最終ステージ。前半は張り出し岩などのトラップがある。ボスはウィリー。

脚註[編集]

  1. ^ a b 『オリジナル・サウンド・オブ・ダブルドラゴン』の解説文でビリーの茶髪とジミーの金髪が描かれている。ゲームボーイ版のパッケージイラストで赤い服のビリーも描かれている(ジミーは登場せず)。
  2. ^ a b 『オリジナル・サウンド・オブ・ダブルドラゴン』の解説文で頭替えの敵キャラクターは登場しないために、正式名称は無い。
  3. ^ ファミコン版『ダブルドラゴン』 のチラシより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]