アッパーカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファエロ・オルティス(右)にアッパーカットを放つリカルド・ドミンゲス(左)
新空手の試合でアッパーカットを使用。左の選手の下げた顔にアッパーカットを当てている。

アッパーカット英語: Uppercut)は、ボクシングなどの格闘技で使われる基本的なパンチの一種で、肘を曲げたまま下から突き上げるように放つパンチをこう呼ぶ[1]。単にアッパーとだけ呼ばれることもある。ボディにアッパーを打つこともあるが、アッパー、アッパーカットと表記すると、基本的に頭部に打つアッパーを指す。 ほとんどの場合、相手のを狙うことが多い。にこのパンチを受けると、が揺れるため意識とは別に体が動かなくなり立っていることができなくなる。

ボクシングのアッパーカット

長所[編集]

  • 人体の構造上、下から上への攻撃は大きなダメージを与えやすい
  • 体の中心部はガードしづらく、ガードが甘い相手には効果がある

短所[編集]

  • 射程距離が短い
  • アッパーを打つ際には拳が下がるため、相手のパンチを被弾しやすい

ボクシング以外での使用[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 豊嶋建広. “ENJOYボクシング”. SportsClick:ボクシング. ベースボール・マガジン社. 2012年11月21日閲覧。