タイムギャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイムギャル』は、1985年タイトーが制作・販売したアーケードゲームである。独自筐体によるアクションゲームで、レーザーディスクによる動画再生を特徴としていたため、レーザーディスクゲームと呼ばれていた。

概要[編集]

1984年の『忍者ハヤテ』、同年の『宇宙戦艦ヤマト』に続くタイトーのレーザーディスクアニメーションゲーム第3弾。ゲームのシステムは基本が『忍者ハヤテ』、「A.D.4000」のシューティングシーンのみ『ヤマト』の流用である。本作のシステムの元となったゲームは、『スペースエース』、『ヤマト』の要塞ウルクのステージで、そのスタッフはこの2つゲームを参考にしながらこのゲームを作ったとしている。

専用のアップライト筐体は『ハヤテ』からの改造である。作曲は『ヤマト』の小倉久佳が坦当している。

ストーリーは未来の大悪党・ルーダがタイムマシンを強奪して過去の世界へ逃亡したため、歴史保安警察の「タイムギャル」レイカが過去の時代にさかのぼり、追跡するというものである。

ゲームシステム[編集]

降って来る隕石、無差別に攻撃してくる恐竜など、各時代で巻き起こる様々なアクシデントへの対処として、画面上に表示される指示(特定場所が一瞬黄色く光る例が一番多い)に従って、タイミングよくレバー・またはボタンを操作する。また、途中で『タイムストップ』というイベントがたまに発生し、この時には制限時内に適切な選択肢をレバーとボタンで画面上から選ばなくてはならない。他のLDゲームの多くと同様に、シーン毎に必要な操作は固定されている。

プレイヤーは、4方向レバーとボタン(ブラスター/タイムストップ/選択)を使って、レイカを操作する。

キャラクター[編集]

レイカ
- 山本百合子
歴史保安警察所属のタイムギャル。タイムマシンを強奪して過去の時代に逃げたルーダを追う。赤いベストの胸のボタンが時間制御装置になっており、時空間を自由に行き来して様々な時代に移動できる他、自分以外の全ての物体や空間の時間の流れを止めるタイムストップ能力を使いこなす。
ミスの際のレイカのリアクションは多彩かつコミカルなものが多く、むしろ正解を当てることよりも「わざとミスしてリアクションを楽しむ」という珍現象を生んだ。これについてはB.C.65,000,000ステージ最初の選択でのミスリアクション(後ろからスーツの下半身を恐竜にかじり取られてしまう)をタイトー社員が「一番の見せ場」と言っている。他には、レイカが天使になったり、お尻をかじられたり、溶岩に落ちたり、恐竜に踏まれたりなどといったもので、頭身が低いちびキャラに変化して見せるオーバーなリアクションと、担当声優である山本の台本なしのアドリブ演技(ミスシーン以外もほぼ全て)によるコミカルなギャグシーン的演出などが好評であった。
ルーダ
未来の時代の大悪党。タイムマシンを奪い去って過去に逃げた。プレイヤーが操作ミスしてレイカが災難に見舞われる度に高笑いして嘲り笑う。

シーン[編集]

シーンは全部で16あり、その内9シーンは左右反転したシーンの可能性がある。また、最終シーンであるA.D.4001は他のステージを全てクリアしないと進めない。シーンは以下の通り。

  • B.C.70,000,000(左右反転有り)
  • B.C.65,000,000(左右反転有り)
  • B.C.30,000(左右反転有り)
  • B.C.16,000
  • B.C.44
  • A.D.500(左右反転有り)
  • A.D.600
  • A.D.1588
  • A.D.1941(左右反転有り)
  • A.D.1990(左右反転有り)
  • A.D.2001
  • A.D.2010(左右反転有り)
  • A.D.3001(左右反転有り)
  • A.D.3999
  • A.D.4000(左右反転有り)
  • A.D.4001(最終ステージ)

隠しフィーチャー[編集]

  • 画面上の指示と違う操作でも正解として受け付けられる、いわゆる「隠し入力」がある。レバー操作指示でもボタン操作が隠しとして入力できる場所もあり、(ボタン操作の方が得点が高いため)これによってスコアをより高くすることができる。
  • 2人交互プレイの時に1プレイヤーがクリアした後、2プレイヤーがクリアすると、ネームエントリーの背景の画像が通常の物と変わる。
  • ネームエントリーの時に残りタイムが0になるまで待つと、スタッフロールが流れる。
  • 0点でゲームオーバーになると、レイカの顔のアップシーンが表示される。

スタッフ[編集]

※アーケード版

Game Design

Fujiwara Hidehiro

Soft Program

Kuriyama Takashi

Gal Created

Satoh Hiroaki
Nishimura Toshiyuki

Sound Director

Imamura Yoshio

Picture Staff

Director
Imazawa Tetsuo
Character Designer
Wagatsuma Hiroshi
Sound Effect
Fukushima Yukio

Film Produced

Toei video CO.,LTD.

Presented

Taito corporation

移植[編集]

  • タイムギャル(VHDpc INTER ACTION版)
  • タイムギャル(メガCD版、ウルフチームより1992年11月13日発売。7800円)
  • タイムギャル(メガLD版、タイトーより1995年3月発売。9800円)
  • タイムギャル&忍者ハヤテ(プレイステーション版、タイトーより1996年7月5日発売。6800円)
  • タイムギャル&忍者ハヤテ(セガサターン版、エグゼコ・デベロップメントより1997年1月17日発売。5800円)

その他[編集]

  • レイカ人気により当時のタイトーとしては珍しく、物販でポスターが売られることもあった。また、しばらくの間はレイカがマスコットキャラの1人として扱われており、例を挙げるとトップランディング用のオペレーター向け販促媒体としてスチュワーデス姿のレイカの等身大POPが用意されていた事もあった。
  • タイトーは1990年頃の業界展示会や直営店舗の開店イベントにおいて、コンパニオンにレイカの衣装を着せてキャンペーンを行ったり、等身大ポップを飾ったりしていた。メガCD版発売の際には飯島愛がレイカの衣装を着てプロモーションを行っていた。
  • 日本国内においては稼動する筐体が1台も現存しないと言われている。ウルフチームがメガCDに移植する際、全国のゲームセンターやディストリビューターと連絡を取り合って探し回ったものの、遂には1台も見つからなかったと当時のメガドライブFAN及び、BEEPメガドライブの両誌で語られている。ちなみに移植の際に使われたLD媒体はタイトーに残されていたサンプル用の物である。
  • 上記で語られた「一番の見せ場」のシーンで使用されたセル画は現在、アリカの社長である西谷亮が所有しており、2008年に五反田で開催された五反田ソニック16SHOTSのイベントで公開している。
  • 1990年発売のPCエンジンパズニックでは、全ステージクリア後に現れるエクストラステージを全てクリアすると、タイムギャルの主人公であるレイカの1枚絵のグラフィックが表示される。
  • LDメディアへのプレスはパイオニアが行い、業務用紙ジャケット入りで再生専用機にスクリューで固定可能な片面アルミ打ちだった。(上記の『ハヤテ』『ヤマト』も同じ。)
  • LDメディアの部品価格は当時3万円
  • ゲーム『式神の城III』に「タイムギャル」と呼ばれる警察官・レイカこと霧島零香というキャラクターが登場している。(販売元がタイトーであることからのゲスト出演&パロディ的なキャラクター)

外部リンク[編集]