シャッフル (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

音楽において、シャッフルまたはスウィングとはリズムの有り様の一種である。ふたつの連続した音符のうち、初めの音符の長さを長めにとり、ふたつめの音符を短くする。ジャズにおいて用いられるリズムであり、ブルースなどジャズの影響を受けた音楽においても用いうる。バウンスともいう。対義語はストレートノートイーブンなど。

シャッフルでは、連続するふたつの音符のうちの初めの音符の長さは、ふたつめの音符に対して正確に2倍の長さをもつ。スウィングではふたつの音符の長さの比に厳密な決まりはなく、曲のジャンルや演奏のテンポ、または演奏者の好みに左右される。スウィングのふたつの音符の取り方は、速いテンポの曲ほど等分に近くなり、遅いテンポになるとシャッフルのように2対1の比に近付く傾向がある。

ダンスにおいて、スウィングやシャッフルは上述の揺らぎを保った4分の4拍子の楽曲を指す。記譜は、単純拍子で書かれ冒頭にスウィングやシャッフルを指示する標語を記す書法もあれば、複合拍子で書かれリズムを正確に記す書法もある。スウィングでは前者が多く用いられ、8分音符で書かれたリズムは上述の揺らぎをもって演奏されるものという暗黙の了解のうちに演奏される(特に標語による指示はない)。

ジャズにおいて、「スウィングする」という語は強いグルーヴ感を持った演奏に対する賞賛の辞としても用いられる。

類型[編集]

根本的なシャッフルのリズムは真ん中の音符を取り除いた(休符にした)3連符からつくられる[1]。このリズムはブルースロックカントリーを含む多くのジャンルの音楽において用いられる[1]

多くのジャズ(特にスウィング・ジャズの時代以降)では、ふたつの連続した8分音符を等間隔に演奏せず、ふたつめよりひとつめをより長く演奏する。ひとつめの音符は、しばしばふたつめの2倍の長さ(つまり4分3連符+8分3連符)と考えてられているが、実際にそのように発音されることは少ない[2]

  • 近似値を取ると、おおむね次のようになる。
    • 1:1 = 8分音符+8分音符。シャッフルしない普通の2連符。
    • 3:2 = 付点8分5連符+8分5連符。軽いスウィング
    • 2:1 = 4分3連符+8分3連符。ミディアム・スウィングシャッフル
    • 3:1 = 付点8分音符+16分音符。強いスウィング

実際は1:1から3:1の間のさまざまな比で演奏されている。

スウィングのリズムはさまざまなジャンルのジャズで使われているが、ラテンジャズには通常用いられない。スウィング・ジャズブルースビバップ、コンテンポラリジャズにおいては、スコアに「シャッフル」と明記されていない限り、スウィングのリズムとしてとらえられる。

シャッフルが用いられる音楽ジャンル[編集]

近年では電子音楽、とりわけドラムンベースブレイクビーツなどでスウィングをもった楽曲もつくられている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Schroedl, Scott (2001). Play Drums Today!, p.36. Hal Leonard. ISBN 0-634-02185-0.
  2. ^ Jazz Drummers' Swing Ratio in Relation to Tempo”. Acoustical Society of America. 2008年7月22日閲覧。

参照情報[編集]

関連項目[編集]