シネマックス千葉ニュータウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シネマックス千葉ニュータウン
CINEMAX Chiba Newtown
シネマックス千葉ニュータウン
情報
正式名称 シネマックス千葉ニュータウン
旧名称 シネリーブル千葉ニュータウン
完成 2005年
開館 2005年8月6日
収容人員 (10スクリーン)1,842人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTS
ソニーデジタルシネマ4K
用途 映画上映
運営 千葉興行株式会社
所在地 270-1337
千葉県印西市牧の原2-2[1]
位置
アクセス 北総鉄道北総線印西牧の原駅から徒歩15分
公式サイト シネマックス千葉ニュータウン
テンプレートを表示

シネマックス千葉ニュータウン(シネマックスちばニュータウン)は千葉県印西市牧の原二丁目(千葉ニュータウン)にある千葉興行が運営するシネマコンプレックスである。

千葉ニュータウン地域初の大型シネマコンプレックスであり、ジョイフル本田千葉ニュータウン店に隣接する。

来歴[編集]

2005年8月5日に日活株式会社が経営、運営するシネマコンプレックス「シネリーブル千葉ニュータウン」として開館。シネリーブルを冠した劇場としては最もスクリーン数が多い映画館であった。2009年4月1日より日活が東京テアトルと業務提携したため、他のシネリーブルブランドの劇場と共に東京テアトルの運営となった。

2009年10月10日には、EXILE松本利夫(MATSU)が、主演した映画『LONG CARAVAN』(ロングキャラバン)の舞台挨拶でシネリーブル千葉ニュータウンを訪れている[2]

2011年3月11日の東日本大震災でシアター7の天井が崩落するなどの大幅な損傷を受けた。復旧には多大なコストを必要とするため、東京テアトルは運営再開を断念。運営を引き継いだ千葉興行が「シネマックス千葉ニュータウン」と改称した上で、同年7月9日よりシネマ1〜6の運営を再開し、同年11月26日に全シネマが再開した。

2012年3月18日、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス3D版の公開記念で、レイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーアナキン・スカイウォーカー役のジェイク・ロイドがシネマックス千葉ニュータウンを訪れ舞台挨拶を行った[3]

設備概要[編集]

映写室数は10スクリーン(1階に6スクリーン、3階に4スクリーン)あり、総座席数は1842席。全席フットレスト付で、全館バリアフリー対応となっている。

全館にデジタル音響システムを備えている他、2番目に大きい映写室シアター8(286席)には3Dデジタルシネマシステムを設置。またシネマックスに改称してからはソニーデジタルシネマ4Kを全スクリーンに導入している[4]

レストラン[編集]

所在地[編集]

アクセス[編集]

自動車[編集]

公共機関[編集]

近隣商業施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c アクセス”. シネマックス千葉ニュータウン. 千葉興行株式会社. 2013年9月16日閲覧。
  2. ^ EXILE (2009年10月). “MATSUロンキャラ舞台挨拶密着レポート”. LONG CARAVAN期間限定スペシャルサイト. rhythm zone. 2013年11月3日閲覧。
  3. ^ “STAR WARS” Thanks for coming”. シネマックス千葉ニュータウン. 千葉興行株式会社 (2012年3月18日). 2013年11月3日閲覧。
  4. ^ Sony Digital Cinema 4K 全スクリーンに導入”. シネマックス千葉ニュータウン. 千葉興行株式会社. 2013年11月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]