イタリアントマト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社イタリアントマト
ITALIAN TOMATO
Italiantomatocafe.jpg
イタリアントマトカフェ川崎駅西口店
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 140-0002
東京都品川区東品川四丁目12番4号
品川シーサイドフォレストオーバルガーデン2階
設立 1987年4月
(1978年創業)
業種 小売業
事業内容 飲食店の経営・フランチャイズ事業・和洋菓子の製造・販売
代表者 遠藤勝利
資本金 1億円
売上高 52億4,000万円(2009年2月期)
従業員数 135名
決算期 2月
主要株主 キーコーヒー株式会社 51%
株式会社バンダイナムコホールディングス 30.5%
外部リンク http://www.italiantomato.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社イタリアントマトは、イタリア料理を主に全国にレストランカフェフランチャイズ事業を行っている会社

概説[編集]

かつては株式会社ナムコ(法人としては現在のバンダイナムコゲームス)の子会社だったが、バンダイとの経営統合により持株の一部(10万7000株、発行済み株式総数26.6%)をキーコーヒー株式会社に売却したため、同社の連結子会社となっている(バンダイナムコホールディングスの持分法適用会社)。

「イタリアン・トマト」の他に、「和茶房 夢見屋」という茶屋なども経営している。

展開店舗[編集]

  • イタリアン・トマトCafe Jr. - 主力のカフェ事業
  • イタリアン・トマト - カジュアルレストラン、ケーキショップ
  • イタリアン・トマトCafe Jr.Bakery - ベーカリーカフェ
  • カフェ・スペリオーレ
  • 和茶房 鎌倉 さくらい 夢見屋 - 和カフェ・和スイーツ
  • THE BURGERS TOKYO - ハンバーガーショップ
  • ピッツェリアバール IL VIGORE(イル・ヴィゴーレ)
  • ベーカリーレストラン イタリアン・トマト

沿革[編集]

不祥事[編集]

2007年6月19日、株式会社イタリアントマトが経営するイタリア料理店「IL VIGORE新宿西口店」の看板が落下。偶然下を通りかかっていた女性の上に落下し、女性が骨盤骨折の重傷。脳挫傷との報道もあったが頭は軽傷だった。女性を助けようとした男性が、看板で指を切り負傷した。

この事件の際に、同社の専務が入院先に急ぐ途中、取材中の記者10数人に取り囲まれて「逃げるな、卑怯者、責任をとれ」と一斉に罵倒され、「うるさい、ばか言ってるんじゃない」と記者らに返した。「脳挫傷ではないか?」との記者からの質問に対し、「ここ切っただけ」とジェスチャーで軽傷であることを述べた、これらのやり取りを短く編集された報道を見た人から非難を浴びることとなった。その後被害者の女性は全快した。 なお、落下事故のあった当日よりグループ全店舗について看板の取り付け状態の確認および交換作業を行った。

トリビア[編集]

上記のように、かつて旧ナムコの子会社であったことから、ゲーム作品にイタリアントマトのロゴ(いわゆるゲーム内広告)などが登場することがあった。

  • プロ野球ワールドスタジアム(アーケード版) - 試合終了後に出てくる日刊ナムコスポーツにイタリアントマトの広告が掲載。
  • リッジレーサー - ゲーム内のコースのそばにイタリアントマトが存在。
  • ファミスタ64 - 球場の広告
  • カイの冒険 - 「イシター」という助言をくれるキャラクターが、特定の面以降(スペシャルステージ)はゲーム内容とも世界観とも一切関係ない独り言しか話さなくなり、その独り言の中に「デートだったら イタリアントマトが さいこうよ。わたしのいちおしは 400えんの レアチーズケーキ。リゾットも なかなかブリリアントね」というものがある。
  • マッピーランド - セブンスアベニューに登場する。敵を倒す能力は無いが、ご先祖様を除く敵が気絶状態となるため実質的に一定時間無敵状態となる。ワールドを問わず位置は常に固定で1回のみ使用可能。

ファミスタ64などでナムコスターズの選手として登場している(登録名はイタトマ)。

また、ナムコ時代、バンダイナムコゲームスの中間期決算の株主優待としてイタリアントマトの商品券が送られている。(2009年9月現在)

脚注[編集]

外部リンク[編集]