デジタル・シアター・システムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デジタル・シアター・システムズ(Digital Theater Systems)(略称DTS、一般にはディー・ティー・エスと読まれる)は、アメリカ合衆国の企業DTS, Inc.が提供する音声のデジタル圧縮記録・再生方式。

同社のロゴマークに倣ってdts小文字表記されることもある。

沿革[編集]

音楽、LDDVDビデオBDビデオプレイステーション23用ゲームソフトの音声トラック、PC、モバイル、カーオーディオホームシアター等として用いられている。一般的にドルビーデジタルに比べ音質が優れていると言われている。

DTSの初期開発は、MCAユニバーサル・スタジオ(現:ユニバーサル・ピクチャーズ)とハリウッドの技術陣が共同で行った。

初のDTS導入映画は『ジュラシック・パーク』(1993年(平成5年))である。日本の映画では、『四月物語』(1999年(平成11年)3月)で最初に導入された。

1995年(平成7年)、第68回アカデミー賞科学・技術部門賞を受賞(同年の同賞は、ドルビーラボラトリーズドルビーデジタルソニーSDDSも受賞している)。

DTS, Inc. の沿革[編集]

スティーヴン・スピルバーグとMCAユニバーサル・スタジオに当時在籍していたテリー・ベアードが共同で1990年にデジタル・シアター・システムズ社を設立。同年よりフィルム映画のデジタル音響システムの事業を開始。

1996年(平成8年)、LDCD等にDTS音声を入れるコンシューマ事業を開始。

2005年(平成17年)、社名をDTS社に変更。

2007年(平成19年)、コンシューマ事業と映画事業を分社化。

2008年(平成20年)、映画事業をDATASAT社に売却し、フィルム映画のデジタル音響システムの関連事業を終了。

2012年(平成24年)、バーチャルサラウンドを開発しているSRS Labs社を総額1億4,800万ドルで買収[1][2]

現在DTS社は、米国・ロサンゼルス(本社)、アイルランド、日本・東京、中国、韓国にオフィスを持つ。

技術概要[編集]

DVDビデオの一部製品には、オプション音声としてDTS音声が収録されている(標準はドルビーデジタルリニアPCM)。記録されているDTSトラックは、サンプリング周波数は48kHz、ビット深度は24bitの分解能をもつディスクリートチャンネルがデータ圧縮されており、通常は6トラック分収録されている。圧縮の方式は「Coherent Acoustics(コヒーレント・アコースティックス)」という名称で呼ばれる。圧縮率は、トラックの数やサンプリング周波数ビット深度などの様々な要因によって変わる。

例えば、リニアPCM5.1chサラウンド(48kHz/24bit)で収録する場合、ビットレートは6.912Mbpsとなるが、DTS5.1chサラウンド(48kHz/24bit)では圧縮率は1/4.5となり、1.5Mbps(1536kbps)に圧縮されているというわけである。DVDではその半分のハーフレートの768kbpsの製品も多い。この場合の圧縮率は1/9となる。

これらを総称して「DTSデジタルサラウンド」と呼び、BDビデオ規格等では「コア」や「DTSのコア音声」等と呼ばれ、基本的なDTSの圧縮フォーマットとしている。

BDビデオ規格ではDTSデジタルサラウンドデコード(コア音声)機能が必須機能として盛り込まれた。そのため、すべてのブルーレイディスクプレイヤーで、DTS記録されたBDビデオ、DVDビデオ、CDを楽しむことが出来る。

5.1チャンネル分の転送レートが音楽CDとほぼ同等のため、音楽CDのフォーマットにDTSのマルチチャンネル音声を収録したDTS-CDという物が存在する。

DVD-Videoの再生における注意点[編集]

DVD-Videoにおいてドルビーデジタルは標準採用されているため、プレイヤーに必ず再生機能が付いているが、DTSはオプション音声のため、初期DVDプレーヤーAVアンプあるいはポータブルDVDプレイヤー・PCソフトのメディアプレイヤーには未対応としたものもある。このためDTS音声を収録したDVD-Videoには、併せてドルビーデジタル音声またはリニアPCMが必ず収録されており、オプションメニューから音声をDTSに選択する必要がある[3]

主な技術・製品[編集]

基本規格[編集]

DTSデジタルサラウンド
家庭用AVシステムにおいてDTSと呼ぶときには、一般にこれを指すことが多い。標準的には5.1chサラウンド(48kHz/24bit)として使われる。BDビデオ規格ではドルビーと並んで必須機能となったため、すべてのブルーレイディスクプレイヤーにDTSデコーダーが搭載されている。BDビデオ規格では、コア音声と呼ばれる事がある。(#技術概要参照)。
以下で説明しているDTS-ES、DTS 96/24、DTS-HDハイレゾリューションオーディオおよびDTS-HDマスターオーディオ方式は、すべてDTSデジタルサラウンド形式のデータを内包させることが出来る。そのため、DTS-HDマスターオーディオ7.1chサラウンドで記録された映画も、DTSデジタルサラウンド5.1chサラウンド対応AVアンプで楽しむことが出来る。

拡張規格[編集]

DTS-ES(エクステンデッド・サラウンド)
5.1chサラウンドにサラウンドセンターを加えた6.1chサラウンド。元は映画用に開発されたが後に家庭用AVシステムも搭載した。すべてのチャンネルが独立して記録される「DTS-ES Discrete 6.1」と、後部の3chを2chに合成して記録し、再生時に3chに戻される「DTS-ES Matrix 6.1」がある。DTSと互換性があり、DTS-ES非対応システムではDTS 5.1chサラウンドで再生される。競合フォーマットではドルビーデジタルEXに相当。DTS-ES初の規格採用作品は映画『ホーンティング』(1999年(平成11年))である。
DTS 96/24
96kHz/24ビットに高音質化されたDTS。ごく一部のDVDビデオで採用されている。非対応システムでも48kHz/24ビットで再生可能。
DTS-HDマスターオーディオ(DTS-HD Master Audio)
次世代DVD規格(Blu-ray DiscHD DVD)でオプションとして採用された音声規格。可逆圧縮(ロスレス)音声を収録する。フォーマット自体は2048チャンネルまで対応しているが、次世代DVD規格では最大7.1chサラウンドとなる。チャンネル数にもよるが最高で192kHz/24ビットの音質を収録できる。従来のDTS形式の音声を一緒に収録しており、非対応システムではDTS部分が再生される。ドルビーTrueHDと競合する。ブルーレイディスクで最大転送レートは24.5Mbps(可変)。
DTS-HDハイレゾリューションオーディオ(DTS-HD High Resolution Audio)
マスターオーディオと同じくBDビデオとHD DVDでオプション採用されている。基本的な仕様はマスターオーディオと共通するが、こちらは非可逆圧縮(ロッシー)音声。96kHz/24ビットで最大7.1chサラウンドに対応。ドルビーデジタルプラスと競合する[4]。 最大転送レートは6Mbps(不変)[5]
DTS Express
ブルーレイディスクにおけるBD-JやBD-Liveにおいてセカンダリー・オーディオとして活用されるフォーマット。セカンダリー・オーディオは、BDソフトに収録される他に、インターネットからのダウンロードも可能。DTS Expressは、どのフォーマットで作成されたプライマリー・オーディオとも、ダイナミック・レンジを持たせながらミックスし再生する事が可能。

パソコン向けサラウンド技術[編集]

DTS Premium Suite
DTS-HD Master AudioやDTS Surround SensationといったDTSの主要技術をまとめ、PC向けの音声再生技術として提供されるソリューション。PCユーザーにAV機器のクオリティに近い高品位なエンタテイメント体験を提供することを目的に開発された。BDソフトに収録されている最大7.1chのマルチチャンネルソースからMP3ファイルやCDなどの2chソースまでPCで使用するあらゆるコンテンツの再生に対応。これらのソースをPC内蔵のステレオスピーカーやヘッドホンで自然な3次元サラウンドを楽しめるほか、外部のオーディオ機器に接続してマルチチャンネル再生することもできる。クラス最高のデコーダーで、DTSで収録されたコンテンツを全てデコード可能な「DTS HD Master Audio」、PCで出力したオーディオ信号をホームシアターシステムで再生可能にする「DTS Connect」、PCにおいて汎用の2chスピーカーやヘッドホンなどのステレオシステムで3次元サラウンドを再現する「DTS Surround Sensation UltraPC」、視聴コンテンツや入力ソースの違いによって生じる音量レベルのばらつきを自動的に補正・最適化する「DTS Symmetry」、PCの物理的制限に関係なく音声出力を最大限に高めることができる「DTS Boost」という5つの主要技術で構成されている。
DTS Connect
DTS Connectは、「DTS Interactive」と「Neo:PC」の2つの技術で構成されている。DTS InteractiveはPCの音声をDTSフォーマットにエンコードし、光デジタル(S/PDIF)で出力するもの。ストリーム出力のビットレートは1.5Mbps。なお、出力されるDTS音声はDVDなどで採用されている従来のDTSフォーマットと同様のため、DTSデコードに対応した既存のAVアンプなどでデコードできる。Neo:PCは、AVアンプなどで広く採用されている「Neo:6」をベースとしたもので、MP3/WMA、音楽CDなど、PCの2ch音声を7.1chサラウンドに変換する。出力はアナログ7.1chとなるため、Neo:PCを利用するためには、Neo:PCをサポートしたサウンドカードやマザーボードなどの機器がPCに搭載されている必要がある。
DTS Surround Sensation UltraPC
DTS Surround Sensation UltraPCは、AVアンプなどで広く採用されている「DTS Surround Sensation」をベースにPC向けに開発したもの。2ch(ステレオ)を使い、それをフル帯域幅の5.1chマトリックスに変換する「DTS Neo: PC」、2つのスピーカーだけからサラウンド・サウンドを実現する「DTS Surround Sensation Speaker」、ヘッドホンからサラウンド・サウンドを実現する「DTS Surround Sensation Headphone」から構成されている。
DTS Surround Sensation UltraPCソリューションには、以下の技術が含まれています。
•ボイス・クラリフィケーション・テクノロジー(Voice Clarification Technology):信号の明瞭度を高め、ブルーレイディスクや標準的DVDに含まれる台詞の声の音質を向上させる。
•バス・エンハンスメント・テクノロジー(Bass Enhancement Technology):調波を動的に増強することで基本周波数のトーンを復元して聞こえるようにし、サブ・ウーファーというハードウエアの追加でコストを掛けなくとも低音域の性能を向上させる。
•サウンドステージ・エクスパンジョン・テクノロジー(Soundstage Expansion Technology):音場を広げ、センター・チャンネルをファントム生成し、音の明瞭度と鮮明さを高める。

マトリックスデコード再生技術[編集]

DTS Neo:6
DTS Neo:6はDTS Connnectと同様にステレオソースを5.1ch、6.1ch~7.1chサラウンドに拡張する。主にAVアンプ等に搭載される。競合フォーマットではドルビープロロジックⅡに相当。
DTS Neo:X
DTS Neo:Xはステレオ (2.0ch) 、5.1ch〜7.1chサラウンドのソースを最大11.1chサラウンドまで拡張。競合フォーマットではドルビープロロジックⅡzに相当だが、DTS Neo:Xの11.1ch再生環境は、これにフロント側のフロントワイド2ch、フロントハイト2chを加えて構成される。
DTS Neural Surround
マトリックス方式のサラウンドエンコード・デコード技術。5.1chのオリジナル音源を2chにダウンミックスしたり、モノラル、ステレオ(2ch)音声を5.1ch,7.1ch。更には5.1ch音声を7.1chにアップミックスする事が可能。マトリックス方式でありながらオリジナル信号のクオリティを損なわずにリアルタイムエンコーディングできる点を特徴としており、プロオーディオ編集用、放送用、家庭用ゲーム、カーオーディオ、MP3プレーヤーなどの携帯オーディオ機器など幅広い分野での活用が期待されている。

バーチャル技術[編集]

DTS Surround Sensation
2つのスピーカー、ヘッドフォンで高品位な3次元サラウンドを実現する技術。音源は2chでも5.1chでも、DTS Surround Sensation搭載AV機器で再生すれば、3次元サラウンドで楽しむ事が可能。

記録用音声技術[編集]

DTS 5.1 Producer
5.1chサラウンドを比較的容易に記録できるフォーマット。サイバーリンクから発売している動画編集ソフトウェア「PowerDirector」に採用されている。

モバイル技術[編集]

DTS Ultra Mobile
DTS Envelo
携帯電話やデジタルオーディオプレーヤー、ポータブルDVDプレーヤーといったポータブル機器への搭載を目的に開発された3次元サラウンド技術。
汎用の2chスピーカーやヘッドホンで高品位な3次元サラウンドを再現ができる技術としては既に幾つかのコンシューマー製品に搭載されている「DTS Surround Sensation」があるが、本技術の場合、搭載される製品にも優れたDSP性能が求められることから製品自体もよりハイクラスなものに限られてくる。一方「DTS Envelo」では、「DTS Surround Sensation」の開発資産を応用しながらも、アルゴリズムから新規に開発したことでより軽い演算負荷での動作を実現。普及価格帯のオーディオ機器への搭載が可能となった。

SRS技術[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]

参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DTSがSRS Labsを買収。両社のオーディオ技術を融合 -AV Watch
  2. ^ DTS、SRS Labsの買収を完了 -AV Watch
  3. ^ ただし、『ターミネータ2 劇場公開版 dts T3劇場公開記念バージョン』など、デフォルト再生音声がDTSになっている物は存在する。 パイオニアLDC、DVD「ターミネーター2」の音声再生で告知 - AV Watch
  4. ^ DTS-HD Audioの概要 - dts Japan(PDF形式)
  5. ^ HDオーディオ対応AVセンター総括特集:HDオーディオとは?HiVi WEB