サラエボオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラエボオリンピック
第14回オリンピック冬季競技大会
XIV Olympic Winter Games
Skenderija, Sarajevo.jpg
開催都市 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア サラエヴォ
参加国・地域数 49
参加人数 1,274人(男子1,000人、女子274人)
競技種目数 6競技39種目
開会式 1984年2月8日
閉会式 1984年2月19日
開会宣言 Mika Spiljak
選手宣誓 Bojan Krizaj
審判宣誓 Dragan Perovic
最終聖火ランナー サンダ・ドゥブラヴチッチ
主競技場 アシム・フェルハトヴィッチ・ハセ競技場
テンプレートを表示

サラエボオリンピックは、1984年2月8日から2月19日までユーゴスラビア(現・ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエヴォで行われた冬季オリンピック。規定の変更により、入賞枠が6位から8位までに拡大された初の冬季オリンピック大会となった。

マスコット[編集]

ブチコ(ユーゴスラビアに生息したとされる伝説のオオカミがモチーフ)

大会開催までの経緯[編集]

サラエヴォオリンピックの開催は1978年5月18日ギリシアアテネで開かれた第80回国際オリンピック委員会総会で決定された。 サラエヴォ、イェーテボリスウェーデン)、12年ぶり2度目の開催を目指す札幌日本)の3都市が立候補し、終盤まで激しい誘致合戦が繰り広げられた。既存の施設がほとんど利用できるとされた札幌が一時は最有力とも伝えられ、実際IOC委員による第1回目の投票では最も多い票数を獲得していたが、結局、大会会場をコンパクトに集約したサラエヴォが決戦投票で逆転し開催権を獲得した。

1984年冬季オリンピック 開催地投票
都市 1回目 2回目
サラエヴォ ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 31 39
札幌 日本の旗 日本 33 36
ヨーテボリ スウェーデンの旗 スウェーデン 10 -

ハイライト[編集]

  • 閉会式はフィギュアスケートの会場で催された。

実施競技と競技日程[編集]

競技名 / 日付 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
開会式/閉会式
スキー アルペンスキー
クロスカントリースキー
スキージャンプ
ノルディック複合
スケート スピードスケート
フィギュアスケート
バイアスロン バイアスロン
ボブスレー ボブスレー
リュージュ リュージュ
アイスホッケー アイスホッケー

各国・地域のメダル獲得数[編集]

国・地域
1 東ドイツ 東ドイツ 9 9 6 24
2 ソビエト連邦 ソビエト連邦 6 10 9 25
3 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 4 4 0 8
4 フィンランド フィンランド 4 3 6 13
5 スウェーデン スウェーデン 4 2 2 8
6 ノルウェー ノルウェー 3 2 4 9
7 スイス スイス 2 2 1 5
8 カナダ カナダ 2 1 1 4
西ドイツ 西ドイツ 2 1 1 4
10 イタリア イタリア 2 0 0 2
14 ユーゴスラビア ユーゴスラビア(開催国) 0 1 0 1

主なメダリスト[編集]

日本人選手の成績[編集]

  • スピードスケート男子500mでは、伏兵的存在だった北沢欣浩が2位と入り銀メダルを獲得。日本人選手としてスピードスケートで初出場となった1932年レークプラシッドオリンピック以来52年目の初のメダルを獲得した。又日本人としてはサラエボ五輪で唯一の入賞者でもある。
  • 一方スピードスケートで本命視されていた黒岩彰は男子500mで10位、男子1000mも9位と、共に8位入賞にも届かず完敗に終わった。
  • 4~8位の日本人入賞者は、1976年インスブルックオリンピック(当時メダル以外の入賞は4・5・6位迄)以来ゼロという結果だった。

その他[編集]

  • 大会後に勃発したボスニア・ヘルツェゴビナ紛争でメインスタジアムなど多くの競技施設が破壊され、墓場になった場所まであった。破壊された施設は戦後に再建されたものもあるが、大半の競技場が放置され現在も廃墟と化している[1]
  • 第一次世界大戦前のオーストリア=ハンガリー帝国による占領政策を逆恨みした一部の地元住民がオーストリア代表チームに妨害行為を働いた。民間警備員がジャンプ代表選手を殴打する、閉会後に民衆が代表宿舎を襲撃し投石するなどが行われ、競技どころでなくなったオーストリア代表は冬季スポーツの強豪ながらわずか銅メダル1つと惨敗を喫した。
  • サラエボは2010年に2回目の冬季オリンピックを開催しようと立候補したが、一次選考で落選した。また2018年大会にも立候補する意欲を示したが、最終的に立候補を断念している。

関連項目[編集]

引用[編集]

  1. ^ Sarajevo's decaying Olympic venues Reuters.com

外部リンク[編集]