北沢欣浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
男子 スピードスケート
1984 500m

北沢 欣浩(きたざわ よしひろ、1962年8月24日 - )は、北海道釧路市出身の元スピードスケート選手。愛称は「キンコウ」である。

  • 北海道釧路北陽高等学校から法政大学に進み、第10回全日本スプリントで総合3位、第2回学生スプリントで1位となる。
  • 1983年の浅間選抜の男子500mで37秒86の好タイムを記録し、その後急成長した。
  • 1984年サラエボオリンピックでは男子500mで、大雪で5時間遅れるという展開の中で優勝候補筆頭と言われた黒岩彰が失速した一方で、普段通りのルーティーンを心がけマイペースを貫いた北沢は2位(銀メダル)となり、日本スケート史上初のメダリストとなった。
  • 卒業後は実業団入りと思われたが「通勤ラッシュがきついから」とこれを拒み、釧路市役所に入った。
  • 1988年引退した。
  • 1998年長野オリンピックではスピードスケートの解説を担当。
  • 2014年ソチオリンピックではスピードスケートのスターターを務める。

外部リンク[編集]