ゲーム (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲーム
The Game
監督 デヴィッド・フィンチャー
脚本 ジョン・ブランカトー
マイケル・フェリス
製作 スティーヴ・ゴリン
セアン・チャフィン
製作総指揮 ジョナサン・モストウ
出演者 マイケル・ダグラス
ショーン・ペン
音楽 ハワード・ショア
撮影 ハリス・サヴィデス
編集 ジェームズ・ヘイグッド
配給 アメリカ合衆国の旗 ポリグラム・フィルムド・エンターテイメント
日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズ / ヒューマックス・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年12月12日
日本の旗 1998年2月7日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000
興行収入 $109,423,648[1]
テンプレートを表示

ゲーム』(原題: The Game)は1997年公開のアメリカ映画。とある富豪が誕生日プレゼントにもらった紹介状によりおかしな出来事に巻き込まれるというスリラー映画

ストーリー[編集]

大富豪だった父の財産を引き継いだ実業家・ニコラスは、父親が自殺した年齢である48歳の誕生日を迎える。久しぶりに会った弟は誕生日プレゼントとして、「凄い体験ができる」とCRS(Consumer Recreation Services)という会社の紹介状を渡す。その後、たまたまCRS社のオフィスを見つけたニコラスは軽い気持ちでCRSの提供するゲームに参加することとなる。

その後、次々とニコラスの身の回りで不思議な出来事が起き始める。CRSの提供するゲームの正体、そしてその目的も判らないままニコラスは翻弄される。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD テレビ
ニコラス・ヴァン・オートン マイケル・ダグラス 小川真司
コンラッド ショーン・ペン 森田順平 堀内賢雄
クリスティーン デボラ・カーラ・アンガー 風間舞子 日野由利加
ジム・ファインゴールド ジェームズ・レブホーン 堀之紀 山野史人
サム・サザーランド ピーター・ドゥナット 有本欽隆 佐々木敏
イルサ キャロル・ベイカー 竹口安芸子 谷育子
アンソン・ベア アーミン・ミューラー=スタール 峰恵研 石森達幸
エリザベス アンナ・カタリーナ 弘中くみ子
マリア エリザベス・デネヒー
ニコラスの父 チャールズ・マーティネー
ニコラスの母 フロランティーヌ・モカヌ
ニコラス(少年期) スコット・ハンター・マクガイア
ホテルのマネージャー ユウジ・オクモト

作品解説[編集]

プロデューサーのジョナサン・モストウが監督、ブランカートとフェリスが脚本を書いた映画『ターミネーター3』にもCRSという略称の組織を登場させている。

評価[編集]

本作は一部で熱狂的に支持され、映画雑誌「ぴあムービーランキング{20→21世紀}アクション伝説」ジャンル別ベスト100 サスペンス・ミステリー編で第6位となっている。

評論家宮崎哲弥は、この作品は自己啓発セミナーでの人格改造の過程を映像化したものだと解釈している[2]

参考文献[編集]

  1. ^ The Game” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月22日閲覧。
  2. ^ 宮崎哲弥 『映画365本 DVDで世界を読む』 朝日新聞出版、2009年、140-142頁。ISBN 978-4022732767

外部リンク[編集]