クレイトン・ハミルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレイトン・ハミルトン
Clayton Hamilton
Clayton Hamilton, pitcher of the Yokohama BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
2011年4月3日 チャリティーマッチ:阪神戦
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ビーバーフォールズ
生年月日 1982年6月15日(32歳)
身長
体重
196 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 MLBドラフト17巡目
初出場 NPB / 2011年4月13日
最終出場 NPB / 2012年4月22日
年俸 700万円(2012年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クレイトン・ダニエル・ハミルトンClayton Daniel Hamilton , 1982年6月15日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

2004年MLBドラフト17巡目でサンディエゴ・パドレスに入団。以後、パドレス、ピッツバーグ・パイレーツテキサス・レンジャーズマイナーリーグでプレー。

2010年10月に横浜ベイスターズの秋季キャンプにブランドン・マンらとともにテスト生として参加。12月3日、横浜と契約が成立した[1]

2011年4月13日に3回登板するも3回3安打2失点で敗戦投手となり続く初先発の広島戦も2回5失点とKOされた。その後、来日初勝利を記録するが、トータルの成績は18試合で、1勝4敗防御率7.18に終わっている。

2012年はオープン戦から好調をキープし開幕一軍入りを果たす。開幕後もまずまずの投球を見せていたが、4月18日の広島戦と4月22日の阪神戦で計10失点と打ち込まれ、4月25日に登録を抹消された。

6月22日に球団から契約解除・ウエーバー公示の手続きを申請した事が発表された。2年間で通算27試合に登板し、1勝4敗、防御率7.25の成績。[2]

人物[編集]

同期入団のブランドン・マン同様、俗にいう親日家で、Twitterではたびたび日本語の文章をローマ字表記で綴ったり、自宅では盆栽を育てるなど、日本語や日本の文化に対する関心は高い。

また、Twitterではファンのために質問コーナーを開いたこともあり、ファンとの交流をとても大切にしている。

ベイスターズから契約解除を通告された際には、Twitterにて横浜の街と横浜で出会った全ての人々、日本で過ごした日々に感謝の気持ちを表した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 横浜
DeNA
18 6 0 0 0 1 4 0 0 .200 163 36.1 48 4 11 1 4 17 1 1 29 29 7.18 1.62
2012 9 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 59 13.1 16 2 5 1 0 8 0 0 11 11 7.43 1.58
通算:2年 27 6 0 0 0 1 4 0 1 .200 222 49.2 64 6 16 2 4 25 1 1 40 40 7.25 1.61
  • 2012年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2011年4月13日、対中日ドラゴンズ2回戦(横浜スタジアム)、4回裏に中田賢一から三振

背番号[編集]

  • 38 (2011年 - 2012年途中)

脚注[編集]

  1. ^ 横浜ベイスターズ 選手獲得のお知らせ(2)
  2. ^ 横浜DeNAベイスターズ ハミルトン選手の契約解除に関するお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]