キナイ (アラスカ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キナイ市
City of Kenai
標語 : "Village with a past - City with a future"
位置
州におけるキナイの位置の位置図
州におけるキナイの位置
座標 : 北緯60度33分31秒 西経151度13分47秒 / 北緯60.55861度 西経151.22972度 / 60.55861; -151.22972
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  アラスカ州
 市 キナイ市
市長 パット・ポーター
地理
面積  
  市域 92.0 km2 (35.5 mi2)
    陸上   77.4 km2 (29.9 mi2)
    水面   14.6 km2 (5.6 mi2)
      水面面積比率     15.85%
標高 22 m (72 ft)
人口
人口 2007年現在)
  市域 6,971人
    人口密度   89.6人/km2(232.2人/mi2
その他
等時帯 アラスカ標準時 (UTC-9)
夏時間 アラスカ夏時間 (UTC-8)
ZIP CODE 99611, 99635
市外局番 907
※市庁舎の高さ
公式ウェブサイト : キナイ市公式ウェブサイト

キナイ英語:Kenai、ロシア語:Кенай)はアメリカ合衆国アラスカ州キナイペニンシュラ郡にある都市。2007年時点での人口は6,971人。近くにキナイ・フィヨルド国立公園がある。

本来の英語の発音は「キナイ」より「キーナイ」に近く本都市をキーナイと表記している文献・ホームページも多数あるが、ここではアラスカ州政府日本支局の表記である「キナイ」に従っている。

位置[編集]

キナイ市はアラスカ州南部の北緯60度33分31秒 西経151度13分47秒 / 北緯60.55861度 西経151.22972度 / 60.55861; -151.22972、アラスカ州最大の都市アンカレッジから陸路で約255km、東京からは直線距離で約5500kmの地点にある。

キナイ半島の西側、キナイ川の河口近くにあり、クック湾に面している。

アメリカ合衆国国勢調査局によるとキナイの総面積は92 km²(神奈川県厚木市とほぼ同等)で、そのうち77.4 km²が陸地、14.6 km²が水域となっている。

人口動静[編集]

2000年の国勢調査によると、キナイには6,942人、2,622世帯、1,788家族の人々が暮らしている。人口密度は1 km²あたり89.6人で、 住宅密度は1 km²あたり38.8軒となっている。人種構成は総人口6,942人のうち白人が82.76%、黒人またはアフリカ系が0.49%、ネイティブ・アメリカンが8.74%、アジア系が1.66%、太平洋系が0.23%、その他が1.12%となっている。また、5.00%が混血で、3.82%がヒスパニックまたはラティーノである。

全世帯2,622世帯のうち40.7%に18歳以下の子供がおり、50.5%で結婚した男女が共に暮らしており、12.2%が女性が世帯主になっている世帯である。また26.3%の世帯が一人暮らしをしており、6.1%は一人で暮らす65歳以上の老人である。一世帯あたりの平均構成人数は2.64人、一家族あたりの平均構成人数は3.20人である。

18歳以下の子供が32.8%、18歳から24歳までが7.7%、25歳から44歳までが31.3%、45歳から64歳までが21.8%、65歳以上の老人が6.4%となっており、年齢の正中値は32歳である。女性100人に対する男性の人数は97.7人で、18歳以上の女性100人に対する男性の人数は96.6人である。

一世帯あたりの平均年収は45,962ドルで、一家族あたりの平均年収は56,856ドルである。男性の平均年収48,371ドルに対して女性の平均年収は27,112ドルと約20000ドルの差がある。一人当たりの所得は20,789ドル。人口の9.8%が貧困線を下回る生活をしており、このうち12.5%が18歳以下の子供、4.2%が65歳以上の老人である。

キナイの人口推移
調査年 人口
1940 300
1960 900
1970 3,500
1980 4,300
1990 6,300
2000 6,942
2007 6,971

歴史[編集]

キナイという名前の由来はロシア語でキナイ半島地域を指していた不毛で平らな土地を表す「Kenayskaya」とも、イヌイットの言葉でアメリカグマを表す「kenai」とも言われる。考古学的にはカチェマック人が紀元前1000年頃からデナイナ・アサバスカン・インディアン(デナイナ人)に追い出される西暦1000年頃まで居住していたことが確認されている。

ロシア人が到達する以前はデナイナ人の集落が形成されており、「すべり降りるところ」という意味のShk'ituk'tと呼ばれていた。1741年にロシア人が交易のために到達したころには人口は1000人あまりで、ロシアの交易商はこの集落の人々を「Kenaitze」または「Kenai people」と呼んでいた。1971年に集落の中心部に毛皮を取り扱うロシアのセントニコラス交易所が建てられ、アラスカでコディアックに続く二番目のロシア人居住地となった。しかしその後先住民であるデナイナ人とロシア人との間で対立が深まり、1797年にはデナイナ人がセントニコラス交易所を襲撃し100名以上の死者を出すキナイの戦いが発生した。また1838年には天然痘が流行しデナイナ人の半数が死亡した。

1869年にアメリカ合衆国がアラスカを購入したことによりキナイにはキナイ(Kenay)要塞が建設されたがそれはすぐに放棄されてしまった。また1888年にはアレキサンダー・キングによって金が発見されたが、これは後にフェアバンクスノームコディアックなどで発見された金と比べると少量であった。

1894年主の昇天聖堂正教会)が村に建設され、現在でもキナイ市内に残存している。

1900年代初頭に海運会社が設立されたことでキナイは港町として発展し始め、さらに缶詰会社が出来たことによりキナイでは商業漁業の波が押し寄せ村内の重要な産業となった。1937年からはキナイ空港の建設がはじまった。1940年にはアンカレッジとの間に道路が開通したが、舗装された道の開通までには1956年のKenai Spur highwayを待つことになる。

1953年にはワイルドウッド基地(後のワイルドウッド空軍基地)が通信所として建設されたが、現在はアラスカ州に買収されて刑務施設となっている。

1957年にキナイの北西32kmのスワンソン川で石油が発見されて主要なものとしてはアラスカ初となり、1965年にはクック湾沖合でも石油が発見されてキナイは石油産業都市として急成長を遂げた。

関連項目[編集]

  • ブラザー・ベア…クマにされてしまったイヌイットの主人公の名前がキナイという。

外部リンク[編集]