ランゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランゲル市郡
City and Borough of Wrangell
位置
州内の位置の位置図
州内の位置
座標 : 北緯56度28分15秒 西経132度22分36秒 / 北緯56.47083度 西経132.37667度 / 56.47083; -132.37667
歴史
建設 1834年
アメリカ編入 1867年
自治郡 2008年6月1日
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  アラスカ州
 市郡 ランゲル市郡
市長 Donald McConachie, Sr.
地理
面積  
  市郡域 183.5km2(70.84mi2
    陸上   117.3km2(45.28mi2
    水面   66.2km2(25.57mi2
      水面面積比率     36.10%
標高 21m(69ft
人口
人口 2000年現在)
  市郡域 2,308人
    人口密度   19.7人/km2(51.0人/mi2
その他
等時帯 アラスカ標準時UTC-9
夏時間 アラスカ夏時間UTC-8
市外局番 907
公式ウェブサイト : http://www.wrangell.com/

ランゲル (Wrangel) は、アメリカ合衆国アラスカ州の都市である。スティーキン川河口にあり、水運の要所である。

2008年以降は、市かつでもある、市郡である。

市名はロシアの探検家フェルディナント・フォン・ウランゲルに由来し、ランゲルはウランゲルの英語読みである。彼にちなんだランゲルやウランゲルといった地名が各所にあるが、互いの関連は薄い。

歴史[編集]

初期[編集]

アラスカで最も古い入植地の1つである。

1811年、この地にロシア人がやってきて、毛皮取引を始めた。

1834年ロシア帝国から派遣されたフェルディナント・フォン・ウランゲルが、ストッケード(柵で囲まれた砦)を建設した。

1839年イギリスハドソン湾会社が砦を租借し、ストカイン 砦(Fort Stikine) と名づけた。

1867年ロシア領アメリカ(のちのアラスカ州)がアメリカ合衆国へ売却されたことにともない、アメリカ領となった。1868年にはランゲル砦 (Fort Wrangel) が建設された。

郡制[編集]

2008年に郡制が施行されるまでは郡としての自治権がない非自治郡 (Unorganized Borough) の一部であり、国勢調査局の統計上はランゲル・ピーターズバーグ国勢調査地域に含まれていた。

ランゲルの郡制施行により、ランゲル・ピーターズバーグ国勢調査地域の残りの部分はピーターズバーグ国勢調査地域となった。

産業[編集]

林業毛皮漁業などの産品の加工工業および輸出が盛んである。

かつてはスティーキン川上流にあるカナダユーコン準州の外港として栄えた。