コディアック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コディアック市
City of Kodiak
愛称 : Alaska's Emerald Isle
位置
アラスカ州コディアックを含む位置の位置図
アラスカ州コディアックを含む位置
座標 : 北緯57度47分35秒 西経152度23分39秒 / 北緯57.79306度 西経152.39417度 / 57.79306; -152.39417
行政
アメリカ合衆国
  アラスカ州
  コディアック・アイランド郡
 市 コディアック市
市長 キャロライン・L・フロイド
Carolyn L Floyd
地理
面積  
  市域 12.10 km2 (6.8 mi2)
    陸上   9.5 km2 (5.4 mi2)
    水面   4.5 km2 (3.5 mi2)
標高 15 m (49 ft)
人口
人口 (2007年現在)
  市域 6,182人
    人口密度   707.6人/km2(1,832.7人/mi2
その他
等時帯 AKST (UTC-9)
夏時間 AKDT (UTC-8)
公式ウェブサイト : http://www.city.kodiak.ak.us

コディアック英語Kodiakロシア語Кадьяк)はアメリカ合衆国アラスカ州コディアックアイランド郡にあるロシア帝国時代にはロシア領アメリカの中心地であった。現在はアメリカ合衆国沿岸警備隊最大の基地やロケット打上げ基地が存在する。

コディアック市の位置図

地理[編集]

コディアック市はコディアック島北東部に位置し、座標は北緯57度47分35秒、西経152度23分39秒である。アメリカ合衆国国勢調査局によると、市の総面積は12.6平方キロメートルであり、その内9.0平方キロメートルを陸地が占めている。

コディアック市遠景

気候[編集]

コディアックの気候は海洋性で、1年を通して降雨が多い。その為周辺では樹木が繁茂し、市の愛称であるAlaska's Emerald Isle(アラスカの翠玉の島)の由来となっている。

コディアックの港

歴史[編集]

ヨーロッパ人が到来する以前のコディアックの主な住民は、ユピク系のアルティイク人英語版であった。現在でもコディアックには多くのアルティイク人が居住している。1740年代頃からは現在のアラスカにロシア人が多く訪れるようになり、現在のコディアック周辺にもロシア人が到達した。1784年にはグリゴリイ・シェリホフ率いる探検隊がコディアック島を訪れ、スリー・セインツ湾(Three Saints Bay)沿岸に最初の入植地を建設した。更に1790年アレクサンドル・バラノフが島の北東に居住地を建設したが、これが後のコディアック市の原型となった。 1867年にアラスカがロシアからアメリカ合衆国に売却されると、コディアックにもアメリカ合衆国からの入植者が居住するようになった。第2次世界大戦中にはコディアック周辺に複数の軍事基地が建設され、日本軍に占領されていたキスカ島及びアッツ島奪回に向けた前哨基地となった。 尚、コディアックは記録上数回、大規模な自然災害を経験している。1912年にはアラスカ本土のノヴァルプタ山が噴火し、コディアック市は大きな被害を受けた。また、1964年大アラスカ地震の際にはコディアック市を津波が襲い、市に壊滅的な打撃を与えた。

1965年のコディアック市街

人口[編集]

2000年度のアメリカ合衆国国勢調査によると、コディアックの6,324人の人口の内最も多いのがヨーロッパ系(46.40%)で、アジア系(31.73%)、ネイティヴアメリカン(29.1%)がこれに続く。


外部リンク[編集]