ノバルプタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノバルプタ
Alaska Katmai Novarupta-Dom.jpg
ノバルプタ
標高 841 m
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アラスカ州
カトマイ山
位置 北緯58度16分0秒 西経155度9分24秒 / 北緯58.26667度 西経155.15667度 / 58.26667; -155.15667座標: 北緯58度16分0秒 西経155度9分24秒 / 北緯58.26667度 西経155.15667度 / 58.26667; -155.15667
種類 カルデラ
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ノバルプタノバラプタとも言う、:Novarupta)はアメリカ合衆国アラスカ州カトマイ山山腹にある火口。標高841m。1912年の噴火で溶岩ドームを形成させた。

1912年の噴火[編集]

カトマイ山では、噴火に先駆けて5月31日から地震が発生。6月4日6月5日には、カトマイ山から北西200km離れた場所で強い揺れを感じる地震も発生した。 そして、6月6日午後、カトマイ山山腹からプリニー式噴火を開始。火山灰は上空16000mまで達し、火砕流も多く発生した。このときの火山爆発指数は6だった。その後、ノバルプタでは溶岩ドームを形成し、それによりマグマが吸収され、カトマイ山の山頂は陥没しカルデラ湖となった。この噴火の総噴出量は13-15km3に及ぶ。