オーサムアゲイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーサムアゲイン
英字表記 Awesome Again
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1994年
デピュティミニスター
プライマルフォース
母の父 ブラッシンググルーム
生国 カナダの旗 カナダ
生産 フランク・ストロナーク
馬主 ストロナークステーブル
調教師 デビッド・ホフマン(アメリカ
→パトリック・B・バーン(アメリカ)
競走成績
生涯成績 12戦9勝
獲得賞金 437万4590USドル
(USドル換算)
テンプレートを表示

オーサムアゲイン (Awesome Again) とはカナダ生まれ、アメリカ合衆国調教を受けた競走馬種牡馬である。1998年ブリーダーズカップ・クラシックを優勝し、産駒ゴーストザッパー2004年に親子優勝を果たしている。2001年カナダ競馬殿堂入り。

競走馬時代[編集]

カナダオンタリオ州オーナーブリーダーであるフランク・ストロナークの牧場で生まれた。父デピュティミニスターはカナダ生まれで、母プライマルフォースは北米で4勝、2000年のケンタッキー年度代表繁殖牝馬[1]を受賞。半弟マッチョウノ (Macho Uno) は2000年のブリーダーズカップジュヴェナイルを優勝した。

3歳となった1997年5月アメリカ合衆国ハリウッドパーク競馬場でデビューすると緒戦は3着だったが、6月5日のメイドン(未勝利戦)を勝ち上がり、同月29日の3戦目に生まれ故郷のカナダ、ウッドバイン競馬場クイーンズプレートに優勝した。アメリカ合衆国に戻りジムダンディステークスを優勝したが、続くトラヴァーズステークススーパーダービーは3着、5着に敗れた。

古馬となった翌1998年には一般競走、スティーヴンフォスターハンデキャップ[2]ホイットニーハンデキャップ、サラトガブリーダーズカップハンデキャップ、ホーソンゴールドカップハンデキャップと5連勝でブリーダーズカップクラシックに駒を進めた。同年のブリーダーズカップクラシックにはスキップアウェイシルバーチャームスウェインヴィクトリーギャロップコロナドズクエストジェントルメンといった近年希にみるハイレベルなメンバーが集結し、単勝は3番人気にとどまった。しかし1番人気のスキップアウェイは最後の直線コース(→競馬場を参照)に入ると早々と失速、2番人気のシルバーチャームが先頭に立つが大外を回ったスウェインにつられた間に内をついたオーサムアゲインが1着でゴールイン。同年は6連勝で競走を終え、引退した。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走 距離 着順 騎手 タイム 着差
1997年5月25日 ハリウッドパーク メイドン D7f 3着 クリス・マッキャロン 3 1/2馬身
1997年6月5日 ハリウッドパーク メイドン D8.5f 1着 クリス・マッキャロン 1分42秒29 6馬身
1997年6月29日 ウッドバイン クイーンズプレート D10f 1着 マイク・スミス 2分04秒20 3 1/2馬身
1997年8月3日 サラトガ ジムダンディS G2 D9f 1着 マイク・スミス 1分51秒16 3馬身
1997年8月23日 サラトガ トラヴァーズS G1 D10f 3着 マイク・スミス 7馬身
1997年9月28日 ルイジアナダウンズ スーパーダービー G1 D10f 5着 マイク・スミス 7 1/2馬身
1998年5月22日 チャーチルダウンズ 一般競走 D8f 1着 シェーン・セラーズ 1分36秒35 7馬身
1998年6月13日 チャーチルダウンズ スティーヴンフォスターH G2 D9f 1着 パット・デイ R1分48秒61 1馬身
1998年8月8日 サラトガ ホイットニーH G1 D9f 1着 パット・デイ 1分49秒61 3馬身
1998年8月3日 サラトガ サラトガBCH G2 D10f 1着 パット・デイ 2分03秒14 3馬身
1998年10月1日 ホーソン ホーソンGCH G3 D10f 1着 パット・デイ 2分02秒71 1 3/4馬身
1998年11月7日 チャーチルダウンズ BCクラシック G1 D10f 1着 パット・デイ 2分02秒16 3/4馬身
  • 競走名のSはステークス、Hはハンデキャップ、Bはブリーダーズ、Cはカップ、Gはゴールドを示す。
  • タイムのRはレコードタイムを示す。

種牡馬時代[編集]

引退後は種牡馬となり、現在はアメリカ合衆国ケンタッキー州アデナ・スプリングスファームで暮らしている。2004年には産駒ゴーストザッパーがブリーダーズカップクラシックを優勝し、親子制覇を果たしたほか、計4頭のブリーダーズカップ優勝(2007年現在)を送り出し成功を収めている。

2001年にはカナダ競馬殿堂入りを果たした。

代表産駒[編集]

※G1競走のみ記載、注釈のない競走はすべてG1

血統表[編集]

オーサムアゲイン血統ヴァイスリージェント系 / Nearco5×5=6.25%、Native Dancer5×5=6.25%

Deputy Minister
1979 黒鹿毛
Vice Regent
1967 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Victoria Regina Menetrier
Victoriana
Mint Copy
1970 黒鹿毛
Bunty's Flight Bunty Lawless
Broomflight
Shankey Jabneh
Grass Shack

Primal Force
1987 鹿毛
Blushing Groom
1974 栗毛
Red God Nasrullah
Spring Run
Runaway Bride Wild Risk
Aimee
Prime Prospect
1978 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Square Generation Olden Times
Chavalon F-No.1-c

脚注[編集]

  1. ^ ケンタッキー州サラブレッド馬主生産者協会(アメリカ合衆国)による表彰。
  2. ^ レコードタイムでシルバーチャームを破った。

外部リンク[編集]