インヴァソール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インヴァソール
Requestpicture.JPG
英字表記 Invasor
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2002年8月3日
キャンディストライプス
クエンドム
生国 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生産 Haras Clausan
馬主 トレス・デ・エネロ
シャドウェルステーブル
調教師 Anibal San Martin(ウルグアイ
→キアラン・マクローリン(アメリカ
競走成績
生涯成績 12戦11勝
獲得賞金 7,804,070ドル
(アメリカドル換算)
テンプレートを表示

インヴァソール(インヴェイサー、Invasor)とはアルゼンチン生まれの競走馬である。2005年に無敗でウルグアイ三冠馬となり、その後はブリーダーズカップ・クラシックに勝つなど北アメリカで活躍した。馬名はスペイン語で「侵略者」の意。

戦績[編集]

出生[編集]

インヴァソールは2002年にアルゼンチンのクラウザン牧場(後のサンタイネス牧場)で生まれたサラブレッドである。父はキャンディストライプスはブラッシンググルーム産駒の種牡馬、母ケンドムはアルゼンチン産の牝馬であった。馬体は鹿毛に覆われ、額に一点のが入っていた。

2歳のときにインヴァソールはアルゼンチンに訪れていたパブロ・エルナンデスの3兄弟に目をつけられ、クラウザン牧場の所有者と交渉を行った。最初の提示額は米ドルにして25000ドルという額であったが、最終的には20000ドルで交渉は成立、インヴァソールはエルナンデスの兄弟に購入された。ウルグアイへ渡ったインヴァソールはマロナス競馬場に送られ、アニバル・サンマルティン調教師に預けられた。

ウルグアイ時代[編集]

競走馬としてのデビュー戦は2005年2月のマロナス競馬場のメイドン(未勝利戦)で、現地のリーディングジョッキーであったグスタボ・デュアルテを背にしての初戦で初勝利を挙げた。デュアルテも同馬を気に入り、以後のウルグアイでの4戦中3戦にはデュアルテが騎乗した。

翌シーズン(2005年/2006年)は8月のエンサーヨ賞から始動すると、宇ポージャ・デ・ポトリーリョス大賞(ウルグアイ2000ギニー)を5馬身3/4差、宇ジョッキークラブ大賞を3馬身半差、11月には宇ナシオナル大賞(ウルグアイダービー)を6馬身半差でそれぞれ制し、11年ぶり21頭目のウルグアイ三冠馬となった。四冠目のホセ・ペドロ・ラミレス大賞は狙わず、140万ドルでシェイク・ハムダン所有のシャドウェルステーブルにトレードされ、アメリカ合衆国へ移籍した。

アメリカ時代[編集]

年が明けて移籍初戦となったドバイアラブ首長国連邦)のUAEダービーディスクリートキャットの4着に敗れたが、その後調教国である北米で出走すると再び連勝を続けた。ピムリコスペシャルハンデキャップサバーバンハンデキャップホイットニーハンデキャップに勝ち、さらにはジョッキークラブゴールドカップステークス熱発で回避する頓挫はあったもののブリーダーズカップ・クラシックでは単勝1番人気バーナーディニを差し切り(脚質の項を参照)優勝した。この活躍が評価され、2006年ワールド・サラブレッド・レースホース・ランキングでは129ポンドで世界1位となり、さらに同年のエクリプス賞年度代表馬に選出された。南米産馬が同賞の年度代表馬に選出されたのは史上初である。

2007年ドンハンデキャップから始動し、追い込んで快勝。続いてドバイワールドカップに出走すると、逃げるプレミアムタップとの一騎討ちを制し、勝利した。その後、サバーバンハンデキャップ連覇に向けて調整を行っていたが、調教中に右後足首に故障を発症し、6月23日に引退を発表した。アメリカ合衆国時代の成績は7戦6勝。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2005.02.27 マロナス メイドン D1100m 1着 G.デュアルテ 6 3/4馬身 (Lyon)
2005.08.07 マロナス エンサーヨ賞 URU-G3 D1500m 1着 G.デュアルテ 2 1/2馬身 (Vasco King)
2005.09.10 マロナス ポージャ・デ・ポトリロス URU-G1 D1600m 1着 F.オリヴァラ 5 3/4馬身 (Potri Flash)
2005.10.09 マロナス ジョッキークラブ大賞 URU-G1 D2000m 1着 G.デュアルテ 3 1/2馬身 (Potri Flash)
2005.11.13 マロナス ナシオナル大賞 URU-G1 D2500m 1着 G.デュアルテ 6 1/2馬身 (Potri Flash)
2006.03.25 ナドアルシバ UAEダービー G2 D1800m 4着 R.ヒルズ 7馬身 Discreet Cat
2006.05.19 ピムリコ ピムリコスペシャルH G1 D9.5f 1着 R.ドミンゲス 1 1/4馬身 (Wanderin Boy)
2006.07.01 ベルモント サバーバンH G1 D10f 1着 F.ハラ 4 1/4馬身 (Wild Desert)
2006.08.05 サラトガ ホイットニーH G1 D9f 1着 F.ハラ ハナ (Sun King)
2006.11.04 チャーチルダウンズ BCクラシック G1 D10f 1着 F.ハラ 1馬身 Bernardini
2007.02.03 ガルフストリームパーク ドンH G1 D9f 1着 F.ハラ 2馬身 (Hesanoldsalt)
2007.03.31 ナドアルシバ ドバイワールドC G1 D2000m 1着 F.ハラ 1 3/4馬身 (Premium Tap)

※ウルグアイで出走したグループ制競走については国際セリ名簿基準委員会における国際格付けではないためURU-Gと表記した。なお、ウルグアイおよびアラブ首長国連邦はグループ制を、アメリカ合衆国はグレード制を使用している(競馬の競走格付けを参照)。

引退後[編集]

2008年からレキシントンのシャドウェルファームで種牡馬として供用されている。2008年度の種付け料は3万5000ドル(出生後)。

評価[編集]

  • WTRR - 130(2006年)総合1位
  • 2005年ウルグアイ三冠馬

年度代表馬[編集]

  • 2005年 - ウルグアイ年度代表馬
  • 2006年 - アメリカ年度代表馬、アメリカ最優秀古馬

血統表[編集]

インヴァソール血統ブラッシンググルーム系/5代内アウトブリード

Candy Stripes
1982年 栗毛
Blushing Groom
1974年 栗毛
Red God Nasrullah
Spring Run
Runaway Bride Wild Risk
Aimee
*バブルカンパニー
1977年 栗毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Prodice Prominer
Euridice

Quendom
1997年 青毛
Interprete
1988年 鹿毛
Farnesio Good Manners
La Farnesina
Inaccesible Liloy
Iliada
Queen of Victory
1990年 黒鹿毛
Cipayo Lacydon
Tsarina
Twitch Crown Crown Thy Good
Twins F-No.14-c

血統背景[編集]

父キャンディストライプスはプール・デッセ・デ・プーラン(フランス2000ギニー)2着の戦績を持つ馬で、同馬のほかに北米でLeroidesanimaux(アットマイル)、アルゼンチンでもGI勝ち馬を出している。ほか、キャンディライドの母の父でもある。父の半弟には天皇賞(秋)などGI2勝を挙げたバブルガムフェロー(父サンデーサイレンス)がいる。

外部リンク[編集]