ヴォルポニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォルポニ
英字表記 Volponi
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1998年
Cryptoclearance
Prom Knight
母の父 Sir Harry Lewis
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 Amherst Stable
馬主 Amherst Stable & Spruce Pond Stable
調教師 Philip G. Johnson
競走成績
生涯成績 30戦7勝
獲得賞金 3,187,232ドル
テンプレートを表示

ヴォルポニ (Volponi) とは、アメリカ合衆国サラブレッド競走馬、および種牡馬である。2002年ブリーダーズカップ・クラシックを最低人気ながらも優勝した。

経歴[編集]

調教師フィリップ・ジョンソンの一族が運営するアマーストステーブルの出身である。同調教師のもとでデビューし、5戦目に出走したピルグリムステークス(G3)で初勝利と初重賞制覇を同時に手にした。ヴォルポニは普段はブリンカーを着けているが、このときはそれを外して出走して成果を挙げた。その後もブリンカーは着用していたが、時折外して出走することがあったという。

3歳シーズン前半は芝の裏路線を中心に出走した。7月のサラトガ競馬場で行われたアローワンス競走(下級条件戦)では2着馬に13馬身半差をつけて勝つ激走を見せたが、翌戦トラヴァーズステークスでは9頭立ての7着に沈むなど安定しない走りを繰り返した。

2002年、4歳シーズンにはG2で2着を3回繰り返した後に、年末の大一番ブリーダーズカップ・クラシックに出走した。ウォーエンブレムホークウイングなどのG1馬が集結する中で、ヴォルポニの人気は出走馬12頭中の12番人気であった。しかし、レースで1番人気に支持されていたメダグリアドーロを6馬身半差で退けて優勝したのは、最低人気のヴォルポニであった。この着差は、それまでの同競走史上最大の着差であった。

一躍脚光を浴びたヴォルポニであったが、翌年は2着ばかりで全く勝てず、年末のブリーダーズカップ・クラシックで最下位に沈んだのを最後に競走馬を引退した。

引退後はケンタッキー州のホープウェルファームで種牡馬として繋養された。そこで2年間在籍したのち、2005年12月に韓国馬事会によって購入され、済州スタッド&トレーニングファームへと移転した[1]。現時点での重賞勝ち馬は、2007年のナタルマステークス(加G3)に勝ったクリアリーフォクシーがいる程度である。

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

2000年(2歳) 5戦1勝
ピルグリムステークス (G3)
2001年(3歳) 10戦3勝
ペガサスハンデキャップ (G2)
2002年(4歳) 8戦3勝
ポーカーハンデキャップ (G3)、ブリーダーズカップ・クラシック (G1)
2着 - バーナードバルークハンデキャップ (G2)、メドウランズカップハンデキャップ (G2)
2003年(5歳) 8戦0勝

2着 - ブルックリンハンデキャップ (G2)、サバーバンハンデキャップ (G1)、ホイットニーハンデキャップ (G1)、サラトガブリーダーズカップハンデキャップ (G2)

血統表[編集]

ヴォルポニ血統ミスタープロスペクター系/Mr. Prospector 3x4=18.75%、 Hoist the Flag 3x4=18.75%、 Northern Dancer 母内4x5=9.38%)

Cryptoclearance
1984 鹿毛 アメリカ
Fappiano
1977 鹿毛 アメリカ
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Killaloe Dr. Fager
Grand Splendor
Naval Orange
1975 鹿毛 アメリカ
Hoist the Flag Tom Rolfe
Wavy Navy
Mock Orange Dedicate
Alablue

Prom Knight
1992 鹿毛 アメリカ
Sir Harry Lewis
1984 鹿毛 アメリカ
Alleged Hoist the Flag
Princess Pout
Sue Babe Mr. Prospector
Sleek Dancer
Dancing Party
1987 鹿毛 アメリカ
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Irish Party Irish Lancer
Party Favor F-No.16-f
  • クリプトクリアランスフロリダダービー優勝馬。母プロムナイトは1戦のみに終わった未勝利馬で、1993年にアマーストステーブルに8000ドルで購入されていた馬である。第3子のヴォルポニ以外にも、第1子のフィックルフレンズが複数のG3競走で勝ちを挙げている。
  • 曾祖母Irish Partyの仔にレシテイション(仏2000ギニー仏グランクリテリウム、本邦輸入種牡馬)がいる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]