疝痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

疝痛(せんつう、colic)とは腹部臓器の疼痛およびそれに伴う腹痛を示す症状名。馬ではその解剖学的、生理学的特徴から多発する。以下では主に馬について記述する。馬で多発する原因として、胃が体躯に比べ小さいために嘔吐しにくい構造であること、腸間膜mesentery)が長く固定されていないこと、巨大な盲腸をもつことなどが挙げられる。過食疝、痙攣疝、便秘疝、風気疝、変位疝、血栓疝、寄生疝に分類される。

分類[編集]

過食疝[編集]

急性胃拡張。飼料の過食、胃内容物の排泄障害により胃が過度に膨張することによる疝痛。採食後数時間以内に持続する疼痛を示す。

痙攣疝[編集]

カタル性痙攣。冷雨、寒風、冷水を原因とし、間欠的な疼痛を示す。

便秘疝[編集]

腸内容物が停滞乾燥し、その部分が拡張、閉塞することを原因とする。

風気疝[編集]

腸管内のガスが腸壁を機械的に圧迫あるいはガスおよび分解産物の化学的刺激を原因とする。

変位疝[編集]

腸の嵌頓、絞扼、捻転、重積を原因とする。

血栓疝[編集]

腸間膜動脈普通円虫Strongylus vulgaris)の幼虫が寄生することに原因する。

寄生疝[編集]

馬回虫条虫大口胃虫無歯円虫毛線虫、馬蠅幼虫の寄生を原因とする。

関連項目[編集]

参考文献[編集]