セイントリアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セイントリアム
英字表記 Saint Liam
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2000年4月13日
死没 2006年8月22日(6歳没)
セイントバラード
クワイエットダンス
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 エドワード・P・エヴァンズ
馬主 ウィリアム&スーザン・ウォーレン夫妻
調教師 リチャード・デュトローJr
ボビー・フランケル
→リチャード・デュトローJr
競走成績
生涯成績 20戦9勝
獲得賞金 4,456,995ドル
テンプレートを表示

セイントリアムSaint Liam2000年 - 2006年)はアメリカ競走馬である。ファシグ・ティプトンセールで13万ドル(約1500万円)で購入された。2005年にはG1競走を4勝し、年度代表馬に選出された。

戦績[編集]

デビューは2003年2月のメイドン(未勝利戦)で2着。この年は一般競走を中心に使われ9戦3勝と目立った活躍はしていない。重賞にも2度挑戦したがそれぞれ7着、10着と惨敗している。

素質が開花し始めたのは2004年。1月の緒戦に勝つとG2ニューオーリンズハンデキャップ、G2オークローンハンデキャップでG1競走2勝のピースルールズに敗れるが差のない競馬をする。そして秋にはG1ウッドワードステークスで当時のアメリカ最強馬ゴーストザッパーと接戦を演じてクビ差の2着、G2クラークハンデキャップで初重賞制覇を飾る。

2005年には円熟期を迎え、2月のG1ドンハンデキャップではこの年のドバイワールドカップに勝つロージズインメイを下しG1初制覇。その後はリチャード・デュトローJr調教師の違反薬物使用による調教停止の影響で一時的にボビー・フランケル厩舎所属となるなどトラブルにも見舞われたが、スティーヴンフォスターハンデキャップ、ウッドワードステークスとG1を2つ勝ち、屈腱炎で引退したゴーストザッパーに代わり中距離戦線の中心となる。そして1番人気で迎えたブリーダーズカップ・クラシックにも勝利しこの年G1競走4勝目。エクリプス賞年度代表馬、古牡馬チャンピオンに選出された。また、同馬の活躍により父セイントバラードは2005年北米リーディングサイアーに輝いた。この年を最後に引退し、種牡馬となった。

主な勝ち鞍[編集]

  • 2004年
    • クラークハンデキャップ (G2)
  • 2005年
    • ドンハンデキャップ (G1)
    • スティーヴンフォスターハンデキャップ (G1)
    • ウッドワードステークス (G1)
    • ブリーダーズカップ・クラシック (G1)

種牡馬[編集]

初年度から115頭の牝馬を集め、順調な種牡馬生活をスタートさせたかに思われた矢先の2006年8月22日、移動中の事故により左後脛骨を粉砕骨折し、搬送された病院で安楽死処分が取られた。唯一の世代となる初年度産駒は2009年にデビュー。同年のレムゼンステークス(アメリカG2)をバディーズセイントが優勝し、産駒の初重賞制覇。2011年アップルブロッサムハンデキャップをハヴルデグレイスが制して産駒G1初制覇。ハヴルデグレイスはこの年G1を3勝してエクリプス賞年度代表馬に選出され、セクレタリアトレディーズシークレット以来、2組目の父娘選出を果たした。

日本にも少数ながら産駒が輸入されており、中央競馬で勝ち星を挙げている。

代表産駒[編集]

血統表[編集]

セイントリアム血統ヘイロー系 / Dr. Fager5×4=9.38% Mahmoud5×5=6.25% Nearctic5×5=6.25%)

Saint Ballado
1989 黒鹿毛
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Rason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Ballade
1972 黒鹿毛
Herbager Vandale
Flagette
Miss Swapsco Cohoes
Soaring

Quiet Dance
1993 芦毛
Quiet American
1986 鹿毛
Fappiano Mr.Prospector
Killaloe
Demure Dr.Fager
Quiet Charm
Misty Dancer
1988 芦毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Flight Dancer Misty Flight
Courbette F-No.17-b

外部リンク[編集]