エリザベート・シャルロット・ド・バヴィエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベート・シャルロット
エリザベート・シャルロット リゴー1719年

エリザベート・シャルロット・ド・バヴィエールÉlisabeth Charlotte de Bavière, 1652年5月27日 - 1722年12月8日)は、オルレアン公フィリップ1世の2番目の妃。ドイツ語名エリーザベト・シャルロッテ・フォン・デア・プファルツ(Elisabeth Charlotte von der Pfalz)。フランスではラ・プランセス・パラティーヌ(La Princesse Palatine)、名前を略してリーゼロッテと呼ばれた。

プファルツ選帝侯カール1世ルートヴィヒと、最初の妃シャルロッテヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム5世の娘)の長女として、ハイデルベルクで生まれた。選帝侯カール2世は兄、イギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ1世は従弟に当たる。

1671年11月21日フランスルイ14世の弟、オルレアン公フィリップと政略結婚した。オルレアン公は最初の妃アンリエットと前年に死別していたが、同性愛者として知られる人物であった。エリザベートは元々オルレアン公との結婚を望んでおらず、結婚生活は不幸なものになった。それでも2人の間には3人の子供が生まれた。

1674年、ルイ14世の愛妾であったルイーズ・ド・ラ・ヴァリエールカルメル会修道院に入る際には、2人の子供ルイマリー・アンヌを託され養育している。エリザベートはその後何度かルイーズを見舞い、託された子供達の成長を告げている。

1685年、エリザベートの兄カール2世が嗣子のないまま死去し、ヴィッテルスバッハ家プファルツ系のプファルツ=ジンメルン家の男子が絶えた。プファルツ選帝侯は同族のプファルツ=ノイブルク公フィリップ・ヴィルヘルムが継いだが、ルイ14世はプファルツ選帝侯家の相続人はエリザベートであるとして介入、プファルツ継承戦争が起こった。1697年レイスウェイク条約が締結、ルイ14世はフィリップ・ヴィルヘルムの息子ヨハン・ヴィルヘルムのプファルツ選帝侯位を認め、エリーザベトの継承権主張を取り下げた。

1701年のフィリップの死、1715年のルイ14世の死後、エリザベートの長男フィリップ2世は、幼王ルイ15世を補佐してフランス摂政1715年 - 1723年)となった。

エリザベートは結婚した1671年から1722年の死去直前の51年に渡り多くの書簡を残した。ほとんどは父方の叔母ゾフィー(ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグスト妃、父が母シャルロッテと離婚後、代わりに幼い彼女を育てた)と異母妹ルイーゼ、ゾフィーの孫ゲオルク・アウグスト(後のイギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ2世)の妃キャロラインに宛ててフランス宮廷の服装や儀礼について述べている。また、叔母ゾフィーを通じて知り合ったライプニッツとも文通していたが、会うことは生涯なかった。

子女[編集]

ギャラリー[編集]

※全てウィキペディア・コモンズからの呼び出しである。

参考文献[編集]