ヴィルヘルム5世 (ヘッセン=カッセル方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム5世

ヴィルヘルム5世Wilhelm V., 1602年1月13日 - 1637年9月21日)は、ヘッセン=カッセル方伯(在位:1627年 - 1637年)。「不変伯(ドイツ語der Beständige)」と呼ばれる。モーリッツ(学者伯)とその最初の妃であったアグネス(1578年 - 1602年)の息子。カッセルで生まれた。

1604年ヘッセン=マールブルク方伯ルートヴィヒ4世は死去し、ルター派から改宗しないことを条件に領土をヘッセン=カッセルとヘッセン=ダルムシュタットで分割するように遺言した。しかし、父モーリッツはヘッセン=マールブルク全域を併合したうえヘッセン=マールブルクをルター派からカルヴァン派へ改宗させたため紛争となり、結果として1627年にモーリッツはヴィルヘルム5世に譲位させられ、ヘッセン=マールブルクの一部を割譲した。

三十年戦争でヴィルヘルム5世はプロテスタントスウェーデンと同盟を結び、神聖ローマ皇帝フェルディナント2世とのプラハ条約の署名にも拒否した。結果、カトリック軍に敗れて亡命、1637年9月21日に亡命先のレールで死去した。妃のアマーリエ・エリーザベト(1602年 - 1651年、ハーナウ=ミュンツェンベルクフィリップ・ルートヴィヒ2世の娘)との間に生まれていた長男ヴィルヘルム6世が後を嗣ぎ、アマーリエ・エリーザベトが摂政となった。

子女[編集]

妻との間に12人の子女をもうけたが、成人したのは4人だけである。

先代:
モーリッツ(学者伯)
ヘッセン=カッセル方伯
1627年 - 1637年
次代:
ヴィルヘルム6世(正義伯)