エキサイティングプロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エキサイティングプロレスは、ユークスから発売されているアメリカプロレス団体WWEをモデルとした3Dプロレスアクションゲームのシリーズである。

概要[編集]

2000年春に欧米で150万本の売上を達成したプレイステーション用ソフト「WWF SmackDown!」を同年夏に日本で「エキサイティングプロレス」として発売したのが始まりである。以降毎年続編が製作され、2011年現在第12弾まで全世界で発売されている。また、WWEのレスラーの中にも本作品のファンが多く、スーパースター達が参加する大会も行われたことがある。日本では、「WWE 2007 SMACKDOWN VS. RAW」からはエキサイティングプロレスの冠が外れており、国内販売はユークスからTHQに変更になっている[1]。しかし、発売元が変更になっても開発はユークスである。「SMACKDOWN! VS RAW"」はもともとはサブタイトルだったが、「エキサイティングプロレス7」以降は「"WWE (発売年) SmackDown vs Raw"」がタイトルとなっている。2012年からは「WWE 12」とシンプルなタイトルに変更される。なお、発売元のTHQジャパンが2012年2月29日付で事務所を閉鎖した為、「WWE 12」を以て国内版の発売は終了した。

WWEのスーパースター(レスラー)、試合形式、入場シーンを完全再現しているのが特徴であり、 シリーズの各作品ではその年に活躍したスーパースターや特番が行われたPPV会場、実際にWWEで行われた新試合形式等が随時追加される。 シリーズ第5弾からは過去にWWEで活躍したスーパースターがレジェンド枠として登場する様になった。

ゲームのオープニングは当時放送されていたSMACKDOWNまたはRAW放送時のPV、番組テーマと合わされているが、エキサイティングプロレス6では当時の番組テーマ曲であったDrowning PoolのRise Upではなく、インディーズバンドであるNot ForgottenのWaitingが使用されている。

主なゲームモードに好きな選手、好きな人数、試合形式で試合ができるエキシビション。 一人のWWEスーパースターとなってWWEのストーリーを体験できるシーズンモード。(2009以降はロード・トゥ・レッスルマニア) 選手を作成できるクリエイトモードなどがあり、エキサイティングプロレス7からは選手のより細かい入場シーンを設定することができる。さらにWWE 2009 SmackDown vs Rawからはオリジナルの必殺技を作成できる。 正面グロッキーからしか作成できなかったSVR2009だが、SVR2010では新たにダイビングダウン攻撃、SVR2011ではコーナー上ダウン正面状態からのフィニッシャーも作成できるようになった。

SVR2008では「事前にバグが確認されているのに修正していない」という告知がされた。また、新システムの採用により、ファイティングポーズが全キャラクター一緒であることが確認されている。 この仕様はSVR2011にて変更。スーパースター、ディーバでファイティングポーズや走り方が分けられるようになった。

SVR2009のみ相互利用タイトルとして「WWE Legends of WrestleMania」が発売された。これはエキサイティングプロレスシリーズが始まる前の時代、ハルク・ホーガンアンドレ・ザ・ジャイアントビッグ・ボスマンアルティメット・ウォリアーヨコヅナらが活躍した80年代からアティテュード路線までのスーパースターとマネージャーを中心に登場させたタイトルである。当時のPPV会場も再現され、2009を読み込ませることにより、2009登場のスーパースターと対決させることもできる。しかし旧WWFのロゴは使用許可が下りず、旧ロゴデザインを現在のWを重ねた物に変更されている。[2]

近年の作品では過度な規制が加えられており、男女間での試合はミクスドタッグ(男女混合)戦を除いて行えなず、ミクスドタッグ戦においても男性スーパースターからディーヴァへ攻撃した瞬間に反則負けとなる。さらに、「2010」より追加されたストーリーデザイナーモードでも、男女間での乱闘シーンは設定できないようになっている。また、ミゼットレスラーであるホーンスワグルも登場こそするもののマネージャー専用キャラクターとなっており、試合に参加する事ができない。

シリーズ[編集]

関連項目[編集]

  • ランブルローズ、オンラインプロレスリング-同社製作のソフトのシステム、操作方法が使われている。(補足としてオンラインプロレスリングは初めてオンライン対戦ができるプロレスゲーム。)

脚注[編集]

  1. ^ 日本では2011年2月3日に発売予定の「WWE 2011 SmackDown vs Raw」からは5年ぶりにユークスが発売元として復帰する事となった。ただし、サポートは従来通りTHQジャパンが行う。
  2. ^ WWE Legends of WrestleMania