アンプレクトベルア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンプレクトベルア
生息年代: 525.00–520.00 Ma
Amplectobelua symbrachiata.jpg
アンプレクトベルア(生態復元想像図)
地質時代
約5億2500万- 約5億2000万年前
古生代カンブリア紀前期中盤[カエルファイアトダバニアン(en)])
分類
: 動物界 Animalia
: (未整理[1]? 節足動物門 Arthropoda
(未整理)? ディノカリダ門 Dinocarida [2]
: アノマロカリス綱 Anomalocarida
: (未整理)ラディオドンタ目 Radiodonta
: アノマロカリス科 Anomalocaridae
: アンプレクトベルア属 Amplectobelua
学名
genus Amplectobelua
Hou, Bergström et Ahlberg, 1995
和名
アンプレクトベルア
英名
Amplectobelua
下位分類(
  • Amplectobelua symbrachiata
    Hou, Bergström et Ahlberg, 1995

アンプレクトベルアアムプレクトベルアとも記す。学名genus Amplectobelua)は、約5億2500万- 約5億2000万年前(古生代カンブリア紀前期中盤[カエルファイアトダバニアン(en)])の海に棲息していた、アノマロカリス科節足動物の一種(1)。澄江動物群に属する一生物である。

本属は symbrachiata のみが知られている。 体長約53mm[3]。近縁のアノマロカリス属に比しては、“”(ひれ)が長く、胴体の横幅も広い。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 分類学上、未整理の分類群(タクソン)。以下同様。
  2. ^ 学説により、所属するは節足動物門ともディノカリダ門ともされる。
  3. ^ Amplectobelua symbranchiata - Anomalocarid Grasping Appendage of Amplectobelua symbranchiata” (en). The Virtual Fossil Museum. The Virtual Fossil Museum Rights and Permissions. 2010年4月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]