アグネシュ・サバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ヨーロッパ風の表記法に従い、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いサーヴァイ・アーグネシュと表記することもあります。
アグネシュ・サバイ
Agnes Szavay.jpg
アグネシュ・サバイ
基本情報
ラテン文字名 Ágnes Szávay
国籍 ハンガリーの旗 ハンガリー
出身地 同・キシュクンハラシュ
生年月日 1988年12月29日(25歳)
身長 171cm
体重 63kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2004年
引退年 2013年
ツアー通算 7勝
シングルス 5勝
ダブルス 2勝
生涯通算成績 320勝203敗
シングルス 219勝125敗
ダブルス 101勝78敗
生涯獲得賞金 $2,120,121
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2010)
全仏 4回戦(2009)
全英 4回戦(2008)
全米 ベスト8(2007)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2006)
全仏 3回戦(2007・08)
全英 ベスト8(2010)
全米 ベスト4(2007)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 13位(2008年4月14日)
ダブルス 22位(2007年9月24日)

アグネシュ・サバイÁgnes Szávay, ハンガリー語: Szávay Ágnes, ハンガリー語発音: [ˈsaːvɒ.i ˈaːɡnɛʃ] , 1988年12月29日 - )は、ハンガリーキシュクンハラシュ出身の女子プロテニス選手。2007年全米オープン女子シングルスでベスト8に入った選手である。WTAツアーでシングルス5勝、ダブルス2勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス13位、ダブルス22位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。サービスを最大の武器にした。

来歴[編集]

サバイは両親の手ほどきにより、6歳の時から地元のテニスクラブでプレーを始めた。ジュニア選手の大会では、2005年全仏オープンの女子ジュニア部門で単複優勝し、ウィンブルドンでもビクトリア・アザレンカベラルーシ)と組んで、グランドスラム大会の女子ジュニアダブルスに2連覇を達成している。ジュニアの頂点に立った後、2005年全米オープンから4大大会の予選会に挑戦を始めたが、2007年全豪オープンまで予選敗退が続いた。4月最終週に、故国ハンガリーブダペスト大会でダブルス初優勝。全仏オープンで初めての本戦出場を決め、ここからサバイの急成長が始まる。全仏オープンでは、本戦2回戦で第9シードのアンナ・チャクベタゼロシア)に 4-6, 7-6, 4-6 で惜敗した。ウィンブルドンも予選3試合を勝ち抜いた後、本戦2回戦まで進み、ここではアリョーナ・ボンダレンコウクライナ)に敗退した。

2008年全仏オープンにて

ウィンブルドン選手権の終了後、サバイは7月第3週のイタリアパレルモ大会でシングルス初優勝を決めた。全米オープン直前の最後の前哨戦として、アメリカコネチカット州ニューヘブンで開かれる「パイロット・ペン選手権」にて、サバイは予選から勝ち上がり、一気にスベトラーナ・クズネツォワとの決勝戦まで進出した。サバイは決勝戦の第2セット途中で棄権に追い込まれ、クズネツォワが優勝した。これらの好成績により、全米オープン開幕直前に世界ランキングを「31位」まで上げると、全米オープンでは初の本戦直接出場(ストレートイン)を果たす。サバイは3回戦で第7シードのナディア・ペトロワロシア)を破る勝利を挙げたが、初進出の準々決勝でクズネツォワに 1-6, 4-6 で敗れた。この大会では女子ダブルスでも、ブラディミラ・ウーリロバチェコ)と組んで準決勝に進出し、台湾ペアの詹詠然&荘佳容組と対戦している。この年の活躍により、彼女の世界ランキングは年初の「207位」から年末の「20位」まで急上昇し、2007年WTAアワード「最優秀新人賞」を受賞した。

その後、彼女は2008年ウィンブルドン2009年全仏オープンで4回戦進出があった。2009年7月に彼女の地元で開催されたブダペスト・グランプリで、サバイはシングルス決勝でパティ・シュナイダースイス)を 2-6, 6-4, 6-2 で破り、2年ぶりのツアー3勝目を挙げた。翌年の大会でもシュナイダーを破り、連覇を果たした。

2011年頃からは故障に悩むようになり2011年全仏オープン1回戦を最後に長期欠場を余儀なくされた。2012年ロンドン五輪でツアーに復帰したがシングルス・ダブルスとも初戦で敗退した。全米オープンではシングルス1回戦を途中棄権した。この大会が最後の出場になり、2013年2月に24歳で現役引退を発表した。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 7回 (5勝2敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2007年7月16日 イタリアの旗 パレルモ クレー ドイツの旗 マルチナ・ミュラー 6–0, 6–1
準優勝 1. 2007年8月25日 アメリカ合衆国の旗 ニューヘイブン ハード ロシアの旗 スベトラーナ・クズネツォワ 6–4, 0–3 途中棄権
優勝 2. 2007年9月23日 中華人民共和国の旗 北京 ハード セルビアの旗 エレナ・ヤンコビッチ 6–7(7), 7–5, 6–2
準優勝 2. 2008年2月10日 フランスの旗 パリ ハード (室内) ロシアの旗 アンナ・チャクベタゼ 3–6, 6–2, 2–6
優勝 3. 2009年7月12日 ハンガリーの旗 ブダペスト クレー スイスの旗 パティ・シュナイダー 2–6, 6–4, 6–2
優勝 4. 2010年7月11日 ハンガリーの旗 ブダペスト クレー スイスの旗 パティ・シュナイダー 6–2, 6–4
優勝 5. 2010年7月18日 チェコの旗 プラハ クレー チェコの旗 バルボラ・ザフラボバ=ストリコバ 6–2, 1–6, 6–2

ダブルス: 8回 (2勝6敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2004年7月8日 ハンガリーの旗 ブダペスト クレー ハンガリーの旗 ヴィラーグ・ネーメト ハンガリーの旗 ペトラ・マンデュラ
オーストリアの旗 バルバラ・シェット
3–6, 2–6
準優勝 2. 2005年10月24日 ベルギーの旗 ハッセルト ハード
(室内)
オランダの旗 ミハエラ・クライチェク フランスの旗 エミリー・ロワ
スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク
3–6, 4–6
準優勝 3. 2006年2月20日 コロンビアの旗 ボゴタ ハード ドイツの旗 ジャスミン・ヴェール アルゼンチンの旗 ヒセラ・ドゥルコ
イタリアの旗 フラビア・ペンネッタ
6–7, 1–6
準優勝 4. 2007年3月3日 カタールの旗 ドーハ ハード チェコの旗 ブラディミラ・ウーリロバ スイスの旗 マルチナ・ヒンギス
ロシアの旗 マリア・キリレンコ
1–6, 1–6
優勝 1. 2007年4月23日 ハンガリーの旗 ブダペスト クレー チェコの旗 ブラディミラ・ウーリロバ ドイツの旗 マルチナ・ミュラー
チェコの旗 ガブリエラ・ナブラチロバ
7–5, 6–2
準優勝 5. 2007年7月23日 オーストリアの旗 バートガシュタイン クレー チェコの旗 ブラディミラ・ウーリロバ チェコの旗 ルーシー・ハラデツカ
チェコの旗 レナタ・ボラコバ
3–6, 5–7
優勝 2. 2008年1月5日 オーストラリアの旗 ゴールドコースト ハード ロシアの旗 ディナラ・サフィナ 中華人民共和国の旗 晏紫
中華人民共和国の旗 鄭潔
6–1, 6–2
準優勝 6. 2010年7月18日 チェコの旗 プラハ クレー ルーマニアの旗 モニカ・ニクレスク スイスの旗 ティメア・バシンスキー
イタリアの旗 タチアナ・ガルビン
5–7, 6–7(4)

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 通算成績
全豪オープン A LQ LQ 1R 1R 2R A A 1–3
全仏オープン A LQ 2R 3R 4R 2R 1R A 7–5
ウィンブルドン A A 2R 4R 1R 1R A A 4–4
全米オープン LQ A QF 2R 1R 2R A 1R 6–5

外部リンク[編集]