ペトラ・マンデュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ヨーロッパ風の表記法に従い、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いマンデュラ・ペトラと表記することもあります。
ペトラ・マンデュラ
基本情報
ラテン文字名 Petra Mandula
国籍 ハンガリーの旗 ハンガリー
出身地 同・ブダペスト
生年月日 1978年1月17日(36歳)
身長 178cm
体重 66kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1993年
引退年 2005年
ツアー通算 7勝
シングルス 0勝
ダブルス 7勝
生涯通算成績 457勝293敗
シングルス 284勝189敗
ダブルス 173勝104敗
生涯獲得賞金 $991,024
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2004)
全仏 ベスト8(2001)
全英 2回戦(2001・03)
全米 2回戦(2002・03)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2003)
全仏 ベスト8(2002)
全英 ベスト8(2003)
全米 3回戦(2003)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 30位(2004年5月17日)
ダブルス 13位(2003年5月5日)

ペトラ・マンデュラPetra Mandula, 1978年1月17日 - )は、ハンガリーブダペスト出身の女子プロテニス選手。WTAツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで7勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス30位、ダブルス13位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

1993年にプロ入りし、1994年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップハンガリー代表選手になる。マンデュラは女子テニスツアー下部組織の大会での下積み生活が長く、1998年全米オープン4大大会の予選会に初挑戦したが、しばらく予選敗退が続いた。2000年全豪オープンで4大大会本戦にデビュー。同年のシドニー五輪で、オリンピックのハンガリー代表選手として初出場を果たす。女子シングルスでは1回戦でスペイン代表コンチタ・マルティネスに完敗したが、カタリン・マロシとのダブルスで準々決勝に進出した。2001年全仏オープンで、マンデュラは4大大会シングルスの自己最高成績を出し、ベスト8まで勝ち進んだ。予選から勝ち上がったマンデュラは、本戦1回戦で日本杉山愛を破り、3回戦で第15シードのエレナ・ドキッチ(当時セルビア・モンテネグロ国籍)を破って勝ち進み、準々決勝でベルギーキム・クライシュテルスに 1-6, 3-6 で完敗した。

マンデュラはシングルスよりもダブルスで好成績の多いタイプの選手で、最も頻繁にパートナーを組んだ選手はオーストリアパトリシア・ワーツシュであった。彼女がWTAツアー大会で獲得したダブルス「7勝」のうち、5勝がワーツシュとのペアで獲得したものである。マンデュラとワーツシュは、2002年日本の「トヨタ・プリンセス・カップ」でダブルス準優勝もあった。この決勝戦で、2人はアランチャ・サンチェス・ビカリオ&スベトラーナ・クズネツォワ組に 2-6, 4-6 で敗れた。トヨタ・プリンセス・カップは、この2002年大会を最後に開催中止となり、マンデュラとワーツシュは“最後のダブルス準優勝ペア”になった。

2004年、マンデュラは全豪オープンで自己最高の3回戦に進出し、アテネ五輪で2度目のオリンピックにも出場した。全豪オープン3回戦では、ハンガリーの同僚選手アニコ・カプロスに 6-3, 3-6, 10-12 で競り負けている。オリンピックでは、単複とも1回戦で敗退した。2004年5月、マンデュラはシングルスで自己最高位の「30位」をマークした。しかし、2005年から慢性の背筋痛に悩まされ、同年の全仏オープン1回戦敗退が最後の試合出場になった。マンデュラは2004年までフェドカップのハンガリー代表選手を務め、通算勝利数でチーム歴代1位記録となる「28勝8敗」の成績を残し、当地の往年の名選手アンドレア・テメシュバリの「27勝20敗」を上回った。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

ダブルス: 11回 (7勝4敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2000年2月13日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー ハンガリーの旗 リタ・クチ=キス アルゼンチンの旗 ラウラ・モンタルボ
アルゼンチンの旗 パオラ・スアレス
4–6, 2–6
準優勝 2. 2000年10月29日 スロバキアの旗 ブラチスラヴァ ハード (室内) オーストリアの旗 パトリシア・ワーツシュ スロバキアの旗 カリーナ・ハブストバ
スロバキアの旗 ダニエラ・ハンチュコバ
不戦敗
優勝 1. 2001年6月17日 ウズベキスタンの旗 タシケント ハード オーストリアの旗 パトリシア・ワーツシュ ウクライナの旗 タチアナ・ペレビニス
ベラルーシの旗 タチアナ・ポウチェク
6–1, 6–4
優勝 2. 2002年6月16日 オーストリアの旗 ウィーン クレー オーストリアの旗 パトリシア・ワーツシュ オーストリアの旗 バルバラ・シュワルツ
ドイツの旗 ヤスミン・ヴェール
6–2, 6–4
優勝 3. 2002年7月14日 モロッコの旗 カサブランカ クレー オーストリアの旗 パトリシア・ワーツシュ アルゼンチンの旗 ヒセラ・ドゥルコ
スペインの旗 コンチタ・マルティネス・グラナドス
6–2, 6–1
準優勝 3. 2002年9月22日 日本の旗 東京 ハード オーストリアの旗 パトリシア・ワーツシュ ロシアの旗 スベトラーナ・クズネツォワ
スペインの旗 アランチャ・サンチェス・ビカリオ
2–6, 4–6
準優勝 4. 2003年2月2日 メキシコの旗 アカプルコ クレー オーストリアの旗 パトリシア・ワーツシュ フランスの旗 エミリー・ロワ
スウェーデンの旗 アサ・スベンソン
3–6, 1–6
優勝 4. 2003年4月13日 ポルトガルの旗 エストリル クレー オーストリアの旗 パトリシア・ワーツシュ エストニアの旗 マレット・アニ
スイスの旗 エマニュエレ・ガグリアルディ
6–7(3), 7–6(3), 6–2
優勝 5. 2003年4月20日 ハンガリーの旗 ブダペスト クレー ウクライナの旗 エレナ・タタルコワ スペインの旗 コンチタ・マルティネス・グラナドス
ウクライナの旗 タチアナ・ペレビニス
6–3, 6–1
優勝 6. 2003年5月4日 クロアチアの旗 ボル クレー オーストリアの旗 パトリシア・ワーツシュ スイスの旗 エマニュエレ・ガグリアルディ
スイスの旗 パティ・シュナイダー
6–3, 6–2
優勝 7. 2004年5月2日 ハンガリーの旗 ブダペスト クレー オーストリアの旗 バルバラ・シェット ハンガリーの旗 ヴィラーグ・ネーメト
ハンガリーの旗 アグネシュ・サバイ
6–3, 6–2

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 通算成績
全豪オープン LQ A LQ 1R LQ 2R 2R 3R 2R 5–5
全仏オープン A A LQ 2R QF 1R 4R 2R 1R 9–6
ウィンブルドン A A A 1R 2R 1R 2R 1R A 2–5
全米オープン A LQ LQ 1R 1R 2R 2R 1R A 2–5

外部リンク[編集]