ぬらりひょん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐脇嵩之『百怪図巻』より「ぬらりひょん」
鳥山石燕画図百鬼夜行』より「ぬうりひょん(ぬらりひょん)」

ぬらりひょん(滑瓢、ぬうりひょん)は、日本妖怪もののけ[1]

概要[編集]

瓢箪ナマズのように掴まえ所が無い化物とされる[2]発祥岡山県における海坊主の一種や秋田県での百鬼夜行の一員といった伝承である[1]古典では妖怪画が描かれている。妖怪の総大将とも言われるが、これは誤りとされている(後述)。

伝承[編集]

岡山県[編集]

岡山県の伝承では、ぬらりひょんは海坊主に類するものとされ[3]瀬戸内海に浮かぶ人の頭ほどの大きさの球状の妖怪で、捕まえようとすると沈んだり浮かんだりを繰り返して人をからかうという[4]。「ぬらり」と手をすり抜け、「ひょん」と浮いてくることを繰り返すためこの名称が付された[1]カツオノエボシタコクラゲのような大型クラゲ[4]タコを妖怪視したものともいわれる[1]後述の老人姿の「ぬらりひょん」とは別物と考えられている[5]

秋田県[編集]

秋田県の伝承は、江戸時代の博物学者の菅江真澄による『管江真澄遊覧記』に掲載されている[1][6]

此さへの神坂を雲深くあるは小雨そぼる夕ぐれなんど通れば、男は女に逢ひ女は男に往き会う事あり、
又ぬらりひょん、おとろし野槌なんど百鬼夜行することありと、化物坂といふ人あり

なお、以下は京極夏彦多田克己による名称の分析と解説である。「ぬらり」とは滑らかな様子・状態を表し、そして日葡辞書にも記載がある「ひょん(な)」は、思いがけない、奇妙だという意味である。これらを総合して、要領を得ない掴み所のない妖怪とする[1]

妖怪画[編集]

浮世草子の『好色敗毒散』に描かれたぬらりひょんは、このように記されている[1]

その形ぬらりひょんとして、たとえばに目口もないようなもの、あれこそなれ

目鼻口の無いのっぺらぼうのようなもののけとして当時の人々に理解されていたらしい[1]。『化物づくし』『百怪図巻』などの古典の妖怪絵巻には、特徴的な形状をした禿げ頭で、上品な着物もしくは袈裟の姿の老人として描かれている。解説文が一切無いためにどのような妖怪を意図して描かれたかは不明だが、名称の「ぬらり」は滑らかな様子、「ひょん」は奇妙な物や思いがけない様子を意味し、転じて「ぬらりひょん」の名は、ぬらりくらりとつかみどころのない妖怪とされる[4]

鳥山石燕は『画図百鬼夜行』の「前篇風」でぬうりひょんを描いているが、この絵は「詩は人心の物に感じて声を発するところ、画はまた無声の詩とかや」という考えに基づき、何も記されていない(絵から全てを感じ取れという意)。傍らに辻駕籠が描かれているが、これは乗り物から降りることを「ぬらりん」と言ったことから、もののけの名と動作をかけ合わせた場面を描き出したとされる[1]。また、遊里通いの放蕩者として描いたとする説もある[4]

一般には「ぬらりひょん」の名で知られているが、『画図百鬼夜行』では「ぬうりひょん」とされ[3]、これは「ぬらりひょん」の誤記[7]、または何らかの意味を持たせるために意図的に名称を変更したとの説もある[8]

虚構のぬらりひょん[編集]

境港市水木しげるロードに設置されたぬらりひょんのブロンズ像

文学研究者の志村有弘は、伝承が本来の意味から隔たり、人為的に歪曲されつつあると述べている[1]。近年の妖怪関連の文献ではおおむね、この妖怪画もしくはその模写画を挙げ、ぬらりひょんの特徴を以下のように挙げている。

忙しい夕方時などに、どこからともなく家に入ってきて、お茶を飲んだりするなどして自分の家のように振舞い、人間が見ても『この人はこの家の主だ』と思ってしまうため、追い出すことができない。妖怪の総大将ともいわれる。

ただし、これらのような特徴は伝承資料上では確認されておらず、一次出典となる古典などの資料も発見されていない[3]

家に入って来るという説は創作であると、妖怪研究家の村上健司多田克己が指摘している。この説の原典は佐藤有文の著書『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』での「年の暮れで多忙な家に勝手に上がりこんで座り込む」という記述である[4][3]山田野理夫の著書『おばけ文庫』によれば「和歌山県の山中に住む妖怪で、山家が忙しい日暮れ時に人家に現れる」とされるが、多田により創作と指摘されている[4]

また総大将との説についても、藤沢衛彦が単に絵から推測した創作を、著書『妖怪画談全集 日本篇 上』で「怪物の親玉」と解説したに過ぎないと村上や多田により指摘されている[4][3]。この解説が一人歩きし[1]『ゲゲゲの鬼太郎』に主人公・鬼太郎の宿敵として登場したこともあって、総大将としてのイメージの方が有名となった[9][8]。なお、『ゲゲゲの鬼太郎』においてぬらりひょんが「日本妖怪の総大将」を自称して準レギュラーとして登場するようになるのはテレビアニメ版の第3作(1985 - 88年放送)からであり、漫画原作での初登場時は普通の一妖怪としての登場であった。

一方で以上のような特徴について京極夏彦は、現在その形で妖怪として機能しているので問題はなく[10]、妖怪を生きた文化として捉えれば時代に合わせて変化することは構わないといった意見を述べている[11]。京極夏彦は『ゲゲゲの鬼太郎』のテレビアニメ版第4作の101話にゲスト参加して脚本を書いているが、この中でぬらりひょんを本来の姿はタコの妖怪としている。

ぬらりひょんの登場する古典[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 志村 2011, pp. 73-75
  2. ^ 『広辞苑-第五版』、岩波書店、2006年。
  3. ^ a b c d e 村上 2000, pp. 255-258
  4. ^ a b c d e f g 多田 2000, p. 149
  5. ^ 村上健司他編著 『百鬼夜行解体新書』 コーエー2000年、90頁。ISBN 978-4-87719-827-5
  6. ^ 山口敏太郎 『とうほく妖怪図鑑』 無明舎〈んだんだブックス〉、2003年、74頁。ISBN 978-4-89544-344-9
  7. ^ 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会1992年、84頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  8. ^ a b 京極他 2001, pp. 57-60
  9. ^ 宮本幸枝・熊谷あづさ 『日本の妖怪の謎と不思議』 学習研究社〈GAKKEN MOOK〉、2007年、83頁。ISBN 978-4-05-604760-8
  10. ^ 京極夏彦 『対談集 妖怪大談義』 角川書店角川文庫〉、2008年、50頁。ISBN 978-4-04-362005-0
  11. ^ 水木しげる・京極夏彦 『水木しげるvs.京極夏彦ゲゲゲの鬼太郎解体新書』 講談社1998年、24-25頁。ISBN 978-4-06-330048-2

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]