おとろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕画図百鬼夜行』より「おとろし」
『化物づくし』の「おどろおどろ」(作者不詳)[1]

おとろしは、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』や佐脇嵩之の『百怪図巻』などの江戸時代の妖怪画集にある日本妖怪[2]

名称[編集]

もとは妖怪絵巻『化物づくし』に「おどろおどろ」の名で描かれていたものだが、『画図百鬼夜行』や『百怪図巻』では「おとろし」とされている。妖怪研究家・多田克己はこの名称の変化について、『化物づくし』では名前を踊り字くの字点を用いて「おとろ〱」と書いているため(画像参照)、これを「おとろし」と誤読したものとしている。もっとも「おどろおどろ」は「気味が悪い、恐ろしい」を意味する「おどろおどろしい」の名詞化した名であり、「おとろし」は「恐しい」の上方訛りであり、どちらの名でも意味において大差はない[1]

また、この妖怪のようにぼうぼうとした長髪のことを「棘髪(おどろがみ)」というが、多田や妖怪研究家・村上健司は、この意味も「おどろおどろ」の名に込められているとしている[2]

熊本県八代市松井文庫所蔵品である妖怪絵巻『百鬼夜行絵巻』では、名称は毛一杯(けいっぱい)とされている[1]

伝承[編集]

『画図百鬼夜行』に解説文が一切ないために、詳細は不明。『化物づくし』や『百怪図巻』にもやはり解説文はなく、詳細は不明である[1][2]

山田野理夫による昭和期の怪談集『東北怪談の旅』には「オトロシ」と題し、福島県で一度も寺の参拝などをしたことのない不信心な者が、母の葬式に寺の門をくぐろうとしたところ、突然太い腕に捕まえられて吊し上げられたという怪談がある[3]。村上はこれを創作と指摘している。

近年の妖怪関連の文献では、神社で不心得者や悪戯をする者を見つけると突然上から落ちてくる等と解説されているが、村上はこれについても、絵から想像したことに過ぎないとしている[2]

秋田の伝承[編集]

古典の妖怪画のおとろしとの関連性は不明だが、江戸時代の紀行家・菅江真澄による『菅野真澄遊覧記』には秋田についての記述で、

此さへの神坂を雲深くあるは小雨そぼふる夕ぐれなんど通れば、男は女に逢ひ女は男に往会う事あり、又ぬらりひょん、おとろし、野槌なんど百鬼夜行することありと、化物坂ともいふ人あり

と述べられている[4]

また秋田県公文書館蔵『久保田城下百物語』によれば、長野坂檜山屋敷でおとろしならぬ「おどろし」という頭部の巨大な妖怪が現れたとされる[4]

ししこり[編集]

江戸時代の『化物尽くし絵巻』の、唯一詞書がある異本(個人蔵・福島県立美術館寄託)では、おとろしが「ししこり(原文: しゝこり)」として紹介されている(この異本では理由ははっきりしないが全ての妖怪の名が変更されている)[5]

詞書によれば、高さ8(≒1.8m)、8ほどの大きさで、口の広さは11尺(≒3.3m)。豊前国の奈良林という村(福岡県飯塚市綱分字奈良林か)に現れ、牛馬をすべてひと呑みに食ってしまった。山狩りの末、岩穴に潜んでいたところを竹槍でしとめられた[5]

わいらとの関係[編集]

『百怪図巻』『画図百鬼夜行』のいずれも、おとろしを「わいら」と並べて描いており、「わい」が恐れを意味する「(わい)」に通じることから、「恐い(わいら)」「恐ろしい(おとろし)」を具現化した、2体で1対の妖怪とする解釈もある[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 多田 2000, pp. 153-154
  2. ^ a b c d 村上 2000, p. 84
  3. ^ 山田野理夫東北怪談の旅自由国民社1974年、30頁。NCID BA42139725
  4. ^ a b 山口 2003, pp. 74-75
  5. ^ a b 兵庫県立歴史博物館他編 2009, p. 54
  6. ^ 妖怪ドットコム 『図説 妖怪辞典』 幻冬舎コミックス2008年、90頁。ISBN 978-4-344-81486-8

参考文献[編集]