Œ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Œ, œは、フランス語などで使われる、OE合字である。

正書法[編集]

以下の言語で使われる。

フランス語
œu という綴りで多く現れる。œu の2字または単独で eu と同じ[œ][ø]を表す。
例: cœur[kœʁ] 心)、nœud[nø] 結び目)、œil[œj] 目)
ギリシア語語源の語においては œ 単独で現れ、é と同様に c, g を軟音化し、[e] と発音される。
例:fœtus[fetys] 胎児)、cœlioscope[seljɔskɔp] 腹腔鏡)
œ でなく oe と書くと、[wa] という異なる発音になる。例: moelleux([mwalø] 柔らかい)
英語
かつては diarrhœa(下痢)のように œ を使って書くことが行われていた。現在のイギリスでは通常 diarrhoea のように2字に分けて書かれる。アメリカ合衆国では大部分の語で diarrhea のように単なる e が書かれ、そうでないものはイギリスと同様分けて書かれる(amoebaphoenix など)。

翻字[編集]

アングロサクソンルーン文字の24番目の字を œ と翻字することがある。 文字名称は古英語でのこの文字の名称に従って eðel と言う。

発音記号[編集]

国際音声記号(IPA)では円唇前舌広半母音をあらわす。スモールキャピタルの [ɶ]円唇前舌広母音を表す。

コンピュータでの使用[編集]

符号化文字集合 ISO/IEC 8859-1 には œ が含まれていなかったため、oe の2字に分けて書く必要があった。 ISO/IEC 8859-15Windows-1252 では Œœ が追加されている。

通常のフランス語キーボード配列には œ のキーが存在しないが、フランス語に対応したワープロソフトの多くは単に oeuvre のように分けて入力すれば自動的に œuvre に変換してくれる。

OS X ではキーボード配列にかかわらず、オプションキーを使って Option-Q で入力することができる。

Linuxのフランス語キーボード配列では、AltGr-O で入力することができる。

スマートフォンのアルファベット入力用ソフトキーボードでは、通常 O を長押しすると出てくるメニューの中に œ があるので、フリック入力できる。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Œ U+0152 1-11-11 Œ
Œ
Œ
œ U+0153 1-11-10 œ
œ
œ

関連項目[編集]