Wikipedia:削除の復帰依頼

ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikipedia:削除の方針に従い、管理者削除者は、ウィキペディアにあるページを削除することがあります。削除されたページは、ある程度の期間、管理者・削除者のみが閲覧可能なデータベース(archiveテーブル)に保管されていますので、必要に応じて元に戻すことができます(長期間経過すると、消去されてしまう場合があることに注意して下さい)。

このページは、削除されてしまったページを元に戻すよう依頼するためのページです。依頼するためにはWikipedia:復帰の方針をまずお読みください。

復帰依頼の対象となるのは、削除された全てのページです。復帰を依頼する際には、その理由をできるだけ詳細に述べてください。削除依頼で議論されたページについては、該当ページへのリンクも書いて下さい。該当ページのノートがあれば、そこへのリンクも書いてください。

削除の復帰依頼があってから一週間が経過し、かつ削除されたページの復帰に合意が得られている場合、管理者・削除者はページを復帰させてください。合意が得られてから長期間放置すると、復帰できなくなる場合がありますので、できるだけ早く復帰させるのが望ましいですが、強制するものではありません。

誤ってページを削除してしまった場合などに対処するため、管理者・削除者は削除の復帰依頼を経ることなく復帰させることがあります。

なお、技術的制限により復帰できない古いページや画像があります。詳しくはHelp:管理者マニュアル ページの復帰をご覧ください。

削除の復帰依頼の書き方

削除の復帰依頼に出す場合は、#削除の復帰依頼節に次の項目を記述してください。

  • 復帰対象のページ名
  • もしあれば、削除に関する議論が行われたページ(通常は、その記事のノートや、[[Wikipedia:削除依頼/ページ名]])
  • 削除の復帰依頼を、何時、誰が行ったのかを明確にするため~~~~を用いた署名

例:

=== {{article|○○○}} ===

[[Wikipedia:削除依頼/○○○]]での議論により、特筆性を理由として削除されました。 このときには見つけられていませんでしたが、よく探したところ、雑誌「×××」、書籍「×××」、新聞「×××」に詳細な紹介と解説があることがわかりました。 そこで復帰の基準の1番に基づいて、記事の復帰を依頼します。--~~~~

即時削除された画像の例

=== {{p|ファイル|○○○}} ===

画像情報and/orライセンス不備のため即時削除されてしまいました。復帰を希望します。この画像の制作者は×××であり、著作権者も×××です。ライセンスは××××××にする予定です。--~~~~

ライセンスについてはWikipedia:Template メッセージの一覧/ファイル名前空間参照)

投票について[編集]

復帰を希望するときは(復帰)と、復帰に反対する場合は(反対)と表明し、その後ろに理由などをお書きください。(保留)や(コメント)も使用できます。

処置の報告[編集]

削除の復帰依頼の該当部分で議論し、議論の結果と対応する処置について書いて下さい。削除の復帰依頼のページは、しばらく時間が経過した場合、そのやりとりは消去されます。この場合でも、過去の履歴でその版を見ることができます。

削除の復帰依頼[編集]

REBIRTH↗ - ノート[編集]

Wikipedia:削除依頼/REBIRTH↗での議論により、特筆性を理由として削除されましたが、2019年4月14日の全国でも有数なアイドルフェスの予選に1位で出場が決まった事で、クリアされたと考えています。また、カテゴライズされるcategory:福岡県のローカルアイドルの中でも実績は十分かと思慮します。そこで復帰の基準の1番に基づいて、記事の復帰を依頼します。[1] --利用者:FR-06-A 以上のコメントは、FR-06-A会話履歴)さんが[2019年4月22日 (月) 13:53 (UTC)]に投稿したものです(ホーリーブライト会話)による付記)。

  • コメント 提示されているカテゴリが赤リンクであることも問題ですけれど、出典がひとつだけであれば特筆性があるとは認めにくいです。一応検索してみましたが有意義な情報源は見受けられません。検証可能性信頼できる情報源を基に複数の二次資料を提示してはいただけないでしょうか。--静葉会話) 2019年4月25日 (木) 06:17 (UTC)
    • コメント categoryへのリンクが違うから赤リンクになっているだけです。訂正しておきました。 --eien20会話) 2019年4月25日 (木) 10:24 (UTC)
    • コメント 今回の復帰依頼に関連する出典を追加します。[2]出典の数が特筆性の根拠になるのであれば、削除時点に記事に2つ追加いたします。20180422 Tokyo Candoll決勝戦 [3] 2080728 愛踊祭オーディエンス賞[4] --FR-06-A会話) 2019年4月26日 (金) 16:24 (UTC)
  • 反対 削除復帰依頼を提出されるより、記事の草案を執筆されたほうが良さそうですね。削除された後に、削除復帰依頼を得ずに記事を改めて立項された事例として華井二等兵を挙げます。この記事を立項された方の投稿記録は、かなり参考になるのではないでしょうか。こうした方法を取っていただければ、一度削除された記事を改めて立項されても、特に誰も削除するよう意見を述べる事はないはずです。言い方を変えると、記事を再び立ち上げるのはそれだけハードルが高くなる、ということにもなると思われます。また、今回提示していただいた3つの出典のうち1つは、それを出典として用いるのは相応しくないと思われます。ともあれ、改めて提示された出典を確認しても、「現時点」で削除依頼で指摘されている問題点を解決できているとは考えにくく、また、則復帰しなければならない記事でもないと考えられるため、反対票を投じます。--静葉会話) 2019年4月26日 (金) 16:59 (UTC)

株式会社T.M.G - ノート[編集]

Wikipedia:削除依頼/特筆性に疑問のある運送業者記事での議論により、特筆性を理由として削除されました。 しかし、その依頼は2012年のものであり、現在Amazonの物流の重要なプロバイダの1社として、主にAmazonを利用する人たちにとって必要不可欠な企業になっているという事を鑑み、復帰の基準の1番に基づき、記事の復帰を依頼します。--以上の署名の無いコメントは、Beyctionノート履歴)さんが 2019年4月25日 (木) 05:59‎ (UTC) に投稿したものです(静葉会話)による付記)。

  • 反対 WP:VERIFY及びWP:NOTEに抵触。現在でも削除依頼で提示されている問題点を解決していないと考えられる。--静葉会話) 2019年4月25日 (木) 06:12 (UTC)
    • コメント 追記。申請者の投稿履歴を確認、該当記事立項及び今回の申請は宣伝目的と判断、ケースEとして削除妥当だと思われる。--静葉会話) 2019年4月25日 (木) 06:29 (UTC)
  • 反対 4月25日以降依頼者によってT.M.Gが2回、株式会社T.M.Gが1回立項されていますが、依頼文の主張とは異なり特筆性が何一つ証明されないままの立項で、いずれも改善無き再作成として即時削除されています。--Asgawaji会話) 2019年4月26日 (金) 12:50 (UTC)
  • コメント 「Amazonの物流の重要なプロバイダの1社として、主にAmazonを利用する人たちにとって必要不可欠な企業」という根拠は何でしょうか?この業者について詳細に取り上げた記事はあるでしょうか?復帰を希望される方はそれらを提示いただけるでしょうか(Wikipedia上で記事を存続させるためには必要なことです。Wikipedia:独立記事作成の目安)。--郊外生活会話) 2019年4月27日 (土) 01:05 (UTC)
  • (コメント)コンビニ止めのサービスはヤマト運輸(ファミリーマート)か日本郵政(ローソン)が行っています。--hyolee2/H.L.LEE 2019年4月27日 (土) 21:32 (UTC)
  • (反対) 上のコメントでも指摘したように「Amazonの物流の重要なプロバイダの1社として、主にAmazonを利用する人たちにとって必要不可欠な企業」というウソがばれた以上は復帰はありません。--hyolee2/H.L.LEE 2019年4月28日 (日) 19:13 (UTC)
  • 反対 表記の業者は確認できません。 存在しない業者が「必要不可欠」なわけない。Amazon.com 配送業者の連絡先 --eien20会話) 2019年4月29日 (月) 13:06 (UTC)
  • コメント[5]に業者の一覧の中に明記されています. また, 曲がりなりにも週刊女性PRIMEの記事で取り上げられています[6]. 嘘の理由で反対するのはいただけません. --125.200.38.65 2019年5月2日 (木) 00:41 (UTC)
    • コメントとはいってもAmazon.co.jpと提携している地域限定の配送業者の一つに過ぎないようです。反対する側も文章をきちんと読んでください。--Takagu会話) 2019年5月2日 (木) 08:45 (UTC)
      • ここは日本版であり, 日本版ではありません。単に Amazon と言及した場合は Amazon.com を指し示すと解するのが当然。それとも本部が直営している Amazon.com よりも1地方に過ぎない日本で事業を行っているに Amazon.jp が優先されるべき理由があるのですか。 --eien20会話) 2019年5月2日 (木) 12:55 (UTC)
  • コメント 「デリバリープロバイダ」でgoogle booksを検索すると、これについては立項に足る有意な言及が用意できそうです。デリバリープロバイダが立項された後、株式会社T.M.Gをデリバリープロバイダへのリダイレクトとするのは問題無いのではないでしょうか。復帰には賛成寄りの立場ですが、デリバリープロバイダの項目がまだ存在しない今はコメントにとどめます。--おいしい豚肉会話) 2019年5月2日 (木) 14:17 (UTC)