児島虎次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
児島虎次郎(1881-1929)

児島虎次郎(こじま とらじろう、1881年明治14年)4月3日1929年昭和4年)3月8日)は、日本洋画家

経歴[編集]

児島虎次郎記念館

岡山県川上郡下原村(現在の高梁市成羽町下原)に児島弥吉 雪の次男として生まれる。生家は「橋本屋」と称して旅館、仕出し業を営んでいた。1901年(明治34年)絵画を学ぶため東京に出る。1902年(明治35年)東京美術学校(現在の東京芸術大学)西洋画科選科に入学。倉敷実業家大原家の奨学生となる。のち、大原家当主となった1歳年上の大原孫三郎とは生涯親交を持ち、経済的援助を受け続けた。1904年(明治37年)異例の早さで卒業。[1]

1908年(明治41年)ヨーロッパに留学。1909年(明治42年)ベルギーのゲント美術アカデミーに入学。1912年(明治45年)には同校を首席で卒業し、大正元年となった同年11月に帰国。1913年(大正2年)石井十次の長女・友子と結婚。その後、絵画制作の傍ら中国朝鮮を旅行。また、孫三郎の依頼を受け絵画買い付けのため数度ヨーロッパに渡りモネエル・グレコゴーギャンロダンなどの作品を購入した。この収集品が後の大原美術館建設の礎となった。[1]

1924年(大正13年)明治神宮奉賛会より明治天皇を讃える壁画の作成を依頼された。しかし病に倒れ、この作品を完成することなく1929年(昭和4年)死去した。享年47。なお、この壁画は友人の吉田苞により1934年(昭和9年)に完成し、明治神宮聖徳記念絵画館に所蔵されている。[1]

1972年、倉敷紡績記念館(現倉敷アイビースクエア)内に、彼を顕彰し大原美術館別館として「児島虎次郎記念館」が開設されている。[1]

主な作品[編集]

吉田苞『対露宣戦布告御前会議』

作品画像[編集]

(所蔵者名記載のないものは大原美術館蔵)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『大原美術館III 児島虎次郎』巻末年譜(頁付なし)

参考文献[編集]

  • 大原美術館編・発行『大原美術館III 児島虎次郎』、1995

関連項目[編集]

外部リンク[編集]